おつかれさまです、スコシです。

ロックフィッシュの類は基本的に岩場に張り付いているので、根掛かりとの戦いです。

そういう意味では「上から狙う」というウキ釣りは理にかなっているとも言えるね。

ウキ釣りは、海面からタナに落とし込んでいく釣りだからね、海底がどうだろうとも基本的には根掛かりさせない釣りです。

スコシの乏しい経験から、ソイのウキ釣りについて記したいと思います。

道具

ロッド

1.5号~3号あたりの磯竿を使います。

磯竿といえば5.3mが主流ですが、スコシは4.5mの磯竿の方が扱いやすかったです。

チカやニシン、ホッケを釣れるという点で、2号~3号辺りの磯竿は1本あると便利かもしれません。

スコシは興味ないけど。

なお、本気でウキ釣りにハマったら、遠投磯竿なんてものもあります。

ガイドの大きさや竿の調子が少し違うみたいです。

リールとライン

シマノでいう2000番~2500番のリールがあれば、それが使えます。

特に拘りがなければ、ラインも何でもいいです。

ただ、基本的にラインは弛ませてウキの動きでアタリを取る釣りなので、巻き癖のつかないPEが良いかもしれない。

ナイロンでやったことがありますが、くるくる巻き癖がついてて酷い目に遭いました。

普段ロックフィッシング的なソイ釣りをされているのであれば、そのリールで十分かと。

スコシの仕掛け

ウキ釣りのキモは、仕掛け。

基本的に夜釣りで狙うので、LEDが仕込んである「電気ウキ」を使います。

いくつか試した結果、2号のウキに2号弱のオモリで落とし込む、というのが良いんじゃないかなという結論に達しました。

ソイ釣りストのスコシが作った仕掛けが、これ。

ロックフィッシャーさん方には見覚えのあるパーツもいくつかあるんじゃないでしょうかね。

餌は、イソメかサンマの切り身が良いね。

ワームのジグヘッドリグと同じように、フックポイントが餌から出るように刺します。

ちなみにスコシは餌の準備を忘れて、車に積んであった「おやつカルパス」で釣ろうとしたことがありましたが、釣れませんでした。

カルパスでソイは釣れない

これ、覚えておくと良いよ。

グミとか魚肉ソーセージでは釣れるくせにね。


本気で仕留めたい諸兄姉へ

本気でウキ釣りをやってみたいという諸兄姉様のために、スコシも本気で図を作りました。

ご査収ください。

本気と書いて「ガチ」と読むかどうかは、任せるよ。

ソイ釣りやロックフィッシングで使われるパーツに電気ウキを加えたハイブリッドタックルシステム。

「ウキ止め」を調節することで、ウキとシンカーの長さ=タナを調節できる。

浅いタナを狙いたいならスイベル側に寄せれば良いし、深いタナを狙いたいならロッド側に動かそう。

ウキ止め糸やウキ止めゴム(ルアー用のシンカーストッパーとまったく同じ)を使ったり、すっぽぬけ防止やアピールのためにビーズやシモリウキを入れたり、重量調整のためにガン玉を噛ませたり、その辺は自分で工夫しよう。

注意点

普段タラシを長くして投げている方にはわかりやすいかもしれませんが、原則的に、仕掛けの長さがロッドの長さを超えると事実上投げることが出来ませんし、よしんば強引に投げたとて、こんどは釣りあげることが出来なくなる

ということは、より深いタナを狙うなら、より長い仕掛けにする必要があり、そのためにはより長いロッドが必要…ということになる。

磯竿の基本が5.3mと長いのは、こういう理由があるわけ。

ルアーロッドの中で最も長い部類の一つ、シーバスロッドが長くても10フィートかそこら、3mちょいだから、いかに磯竿が長いかがわかる。

もっともこれはあくまでも陸から投げて釣る場合の話であって、船釣りで仕掛けを真下に落とせるならそんな長さは不要だ。

狙い方

仕掛けの確認

ウキ釣りは、ウキの浮力と、オモリとエサの重さが(ほぼ)完全に釣り合ってないといけません。

ウキに対してオモリ等が重すぎると、ウキは沈んでいってしまいます。

逆にウキに対してオモリ等が軽すぎると、ウキは横倒しになってプカプカ浮かんでしまうね。

そうなると、魚が食いついてもラインが引っ張られないのでウキが沈まない=アタリが取れない。

少しばかりオモリ等が軽いんじゃないかな、という程度に作っておいて、後付けできるガン玉で調節してやるのがよろしいかと。

タナの確認

ウキから、つまり海面からどれくらい下を狙うのか、というのがウキ釣りの技術の見せ所。

当然ながら浅すぎてもダメ、深すぎてもダメ。

ウキ止め糸やゴムを調整して、ウキからオモリまでの長さを変えてやることで調整します。

なお、オモリから先は海中ふわふわ要員なので、タナ設定には関与しません。

仕掛けの投入

磯竿は長くて柔らかいので、ルアーロッドとも投げ竿とも違った投げ心地がします。

遠投の必要はないので、ゆっくりふわっと投げてやればそれで充分。

釣り場がすいてるときは、スコシはサイドスローで投げ込みますね。

うまくいけば、20m前後の先で、電気ウキの明かりがポツンと見えることでしょう。

待つ

ウキはどんどん流されていくので、ある程度は引っ張ってやったりしないといけない。

ホッケやチヌのウキ釣りのように撒き餌をするわけではなく、待ちの釣りです。

テトラや岩場の「上」で「待ちの釣り」が出来るのはウキ釣りの特権

たぶんすぐに釣れるよ。

カルパスだと釣れないけど。

ウキ釣りの利点と欠点

利点

ウキ釣りの良いところは、風情があること。

暗い夜の海でポツンと光る電気ウキを眺めるのは、本当に乙なものです。

繰り返しになりますが、テトラや岩場の上を狙えるのはウキ釣りならでは。

軽いリグのワームやハードルアーを通すことは出来ますが、やっぱりちょっとウキ釣りにはかなわないね。

欠点

なによりめんどくさい。

仕掛けの準備も、釣り場での調整も、何もかも。

いちどハマればあとは微調整で済むんだけどね…。

あとは、これはスコシの場合ですが、夜釣りで電気ウキの光をじっと見つめていると、吸い込まれそうになりました。

これは身の危険を感じたね。

あと、カルパスでは釣れない。

まとめ

いかがでしょう、ウキ釣り。

スコシはもうやらないけど、ソイを狙う上では結構理にかなった釣り方だと思います。

ワームやハードルアーで狙う、いわゆるロックフィッシングの気分転換に、試してみてはいかがでしょうかね。

カルパスでは釣れないけどね

その他ページは、こちら