おつかれさまです、スコシです。

突然ですが、皆様水族館に行ったことありますか?

たまには釣り竿から手を放して、水族館に行ってみると色々な発見があると思います。

ぜひ。

スコシは、北海道内の水族館は小樽の「おたる水族館」と稚内の「ノシャップ寒流水族館」しか行ったことがありませんが、おそらくどこでも「地元の海の魚」としてソイがいるんじゃないかなと思います。

北見の「山の水族館」には、いないかもしれない…。

水槽

ゴツゴツとした岩の沈んだ水槽に、様々なロックフィッシュが過ごしています。

おそらく、ロックフィッシュ以外にも、カラフトマスとかもいるんじゃないでしょうかね。

おぼろげだけど。

ソイに限らずロックフィッシュ全般…といってもソイとアブラコとホッケしかスコシは見た記憶がありませんが、とにかく観察してみましょう。

これはホッケの写真だね。

ソイが写ってる良い写真が見当たりませんでした。

ロックフィッシュ

アブラコは、底や岩に張り付いてじっとしてる個体が殆どじゃないかと思います。

一方のソイはというと、沈んだり張り付いたりしてじっとしてる個体もいますが、結構なスピードでくるくる泳ぎ回ってる連中もたくさんいるのがわかると思います。

あんまり浅くないところを。

ついでにホッケも泳ぎ回っています。

軽く回遊している。

これらは普通に泳いでるだけなので、獲物を見つけて追いかけて食うときはもっと速く泳ぐような気がします。

わかんないけど。

スコシは初めて水族館でソイを見たとき「こんなに速く泳ぐのか」と思いました。

まあ水族館にいる個体はそこそこの大きさがあって十分に餌をもらっている状態の良い個体だけどね、それにしても、あの速さは予想外でした。

小魚

せっかくの水族館ですから、ソイが捕食している小魚も観察してみましょう。

「から揚げにしたら美味しそう~」とか言ってる場合じゃないよ。

これも、群れで泳いだり踊ったり、なかなか面白い動きをしています。

まさにその動きだよ、ワームやハードルアーに与えるべき動きというのは。

観察眼を鍛えよう

観察眼を鍛えようと言ってもどうすれば良いのかわかりませんし、スコシだって知れたもんですが…。

毎日毎日水族館に通っていくらでも見られる方というのはそうそういらっしゃらないと思います。

水族館の職員さんだけだね、たぶん。

釣りに行く時間を削ってまで行った水族館で、少しでも多くの物事を吸収出来たらな、と思います。

写真をバシバシ撮るのも良いでしょう。

じっくりじっくり観察するのも良いでしょう。

ご家族やお友達、お付き合いしてる方と行く場合は、ソイばっかり見てるわけにもいかないですね。

イルカやアザラシのショーの時間もありますし。

彼氏さん彼女さんもソイ釣りスト(ロックフィッシャー)だから一緒に来た!

…っていう方々は、爆ぜてしまえお二人で色々とお話しながら観察すると、新たな発見があるかもしれないね。

おしまい

最後はちょっと変な話になりつつありましたが、いかがでしょうか、水族館。

ソイ釣り初心者の方に向けて記した、ソイに関する記事があります。

ベテランの方にもぜひ一度目を通してみていただきたいと思っています。

ターゲットの形態や生態を把握することは、必ず釣果に繋がります。

また、ソイのいる水族館は大概海に近いところにありますから、お昼に水族館に行って夜はソイ釣り、なんてのも乙なものかと。

他にも、お天気が良くなさそうなとき、夜には予定が入っているけど昼間は暇なとき、魚を求めて彷徨う枯れた心に気づいたとき。

水族館に足を運んでみませんか?

その他のページは、こちら