おつかれさまです、スコシです。

スコシはソイにしか興味がありませんで、「ロックフィッシャー」ではなく「ソイ釣りスト」を名乗っています。

やってることはロックフィッシングとほぼ一緒なんだけどね、他の魚ではなくソイを狙い分ける努力はしています。

でも、せっかく道具を集めたんだから、他のロックフィッシュも釣ってみたい!

…と、スコシはまったく思いませんが、普通は他の魚も一緒に狙って楽しく釣りをされるかと。

スコシはソイ釣りストなので他の魚の狙い方についてはあまり詳しくありませんが、ソイ釣りの道具やメソッドで他にどんなロックフィッシュが釣れるか、記してみます。

なお、本記事は北海道における話ですので、ご承知おきくださいね。

アブラコ(標準和名:アイナメ)

ロックフィッシュの代名詞とも言えるアブラコ。

内地ではアイナメと言います。

どんな魚?

こんな魚です。

ソイよりは細長いシルエットだけど、体高と体幅があって丸太みたいな感じ。

場所と時期と釣り方によっては、40cmどころか50cmも狙える。

強烈な引きと独特の首振り、ハマる人はホントにハマるみたいよ。

「アブラコこそ至上」なんていう、アブラコ原理主義者も珍しくないね。

ソイと比べると少しだけ釣るのが難しいなんてイメージもある。

とても人気のあるターゲットなので、釣果情報やメソッドの解説も豊富にあります。

釣具屋さんに聞いてみよう。

いつどこで狙うの?

ソイと違って昼行性なので、昼間に狙える点は初心者さんに嬉しい。

夜釣りは、慣れないとラインを結ぶどころか、どこにリグがあるかもわからなくなる場合もあるからね。

朝マズメと夕マズメが一番いいのはソイと変わりませんが、あまり気にしなくて大丈夫。

季節を問わず、主に昼間に釣れます。

真冬でも。

狙う場所は、ソイよりもシビアと言われているね。

テトラの中とか、構造物の奥深くに張り付いています。

とにかく根掛かりとの戦いになる。

逆に言えば、根掛かりとの戦いにならないような場所には、あんまりいないよ。

どうやって狙うの?

ソイと違って捕食回遊というのをあまりせず、待ち伏せて待ち伏せて一撃必殺で食ってくるタイプの捕食をします。

ですので、ソイ以上に「魚のいるところにリグを届ける」というのが基本。

重たいリグで海底を叩くようにボトムバンプしてみたり、ズルズルと海底を引っ張ってみたり、少し止めてみたりシェイクを加えてみたりするのが良いね。

なお、小魚を捕食する初夏~秋は、スイミングで狙えます。

どんなリグで狙うの?

甲殻系やシャッド系とテキサスリグの組み合わせが鉄板ですが、キャロライナリグや直リグも悪くない。

海底を探る釣りなので、針が剥き出しのジグヘッドはあまり向いてませんね。

泳ぎ逃げ回る小魚を演出できるシーズンは、シャッド系のワームとジグヘッドの組み合わせで狙おう。

ワームのカラーは、ナチュラル系か赤が良いとされてます。

くすんだ半クリアな緑色(ウォーターメロン)などが有名だね。

アブラコのまとめ

  • 大人気なターゲットなので情報が多い
  • 昼に釣れるので、とっつきやすい
  • 根がかりとの戦いは、嫌になるかも

ガヤ(標準和名エゾメバル)

北海道ではガヤと呼ばれるエゾメバル。

ロックフィッシュの中では小さい部類だね。

どんな魚?

まず、悲しい話をしなくてはなりません。

かつてはガヤガヤと大量に釣れたから、ガヤ。

狙ってない魚、つまり「外道」として釣り人に忌み嫌われ、堤防に放置されたりして、どんどん個体数を減らしていきました

今では狙って釣るのが難しいほど減ってしまいましたね…。

煮付けにすると白身で上品な味わいで、骨からホロッと外れて舌の上でとろけていく。

スコシは、食べるならソイよりガヤの方が好きです。

釣る上でも、ソイの次にガヤが好きです。

良い写真がなくて、不鮮明な画像ですが、こういう魚。

ソイに似たシルエットで、茶色い。

大人の個体でも全長は30cmくらいで、ソイより小さいです。

いつどこで狙うの?

こいつはなかなか厄介なやつで、専門に狙おうとするとホントに悩ましい。

一応季節や時間を問わず狙えると思うけど…。

小さい個体はいつでもどこでも釣れますが、大きいのを狙おうとすると、なかなか読めない。

一応、根のある辺りにいることになっていますが、回遊性が高いのでフラフラ泳ぎ回ってることも。

どうやって狙うの?

ガヤは基本的に小さいので、小さなリグを使うと良いとされています。

本州で人気の「メバリング」のメソッドが効くかも、効かないかも。

狙い方はスイミングやリフト&フォール、ダート&フォールなど…かなぁ?

いまいち自信が持てない…。

どんなリグで狙うの?

ライトリグです。

1.8gとか、3.5gジグヘッドに2インチや3インチの小さなワームを付けて狙うの。

食いついてこられるように、ライトリグでスローに、そして小さなワームで。

そうは言っても、サイズなんて関係ねぇっていうケースもある。

そもそもこれワームじゃないけどね、よくこのサイズを食う気になったよね。

なわばりの侵入者を追い払おうとして噛みついたのかもしれない。

シンキングミノーの遅い遅い沈降速度が効いたのかもしれませんね。

ガヤのまとめ

  • 外道扱いしても構わないけど、ちゃんとリリースすること
  • 食べるとめっちゃ美味い
  • ライトリグでスローに狙う

カジカ

カジカは何でも食ってきます。

ロックフィッシングでは1番簡単に釣れる魚かもしれない。

どんな魚?

でっぷりとしていて、でっかい口でバクンと食ってきます。

サイズも、大きいものだと40cmや50cmになるね。

たらこ唇のファンも多いとか。

たとえば同じ40cmでもソイやアブラコに比べて圧倒的なボリュームを誇り、しかもでっかい口が水の抵抗になるので、寄せてくる重さは圧巻。

とはいえ重さの割にはあんまり引かないかもね。

写真にも写っていますが、タモがないとロッドの破損にも繋がる

地味に怖いやつ。

カジカといえば鍋、その肝はアンキモに勝るとも劣らないと言われ、挙句の果てには「鍋壊し」と言われる始末。

美味すぎて鍋をつついてつついてつつきまくって、鍋を壊すっていうことさ。

ちなみにスコシは、残念ながらカジカ鍋は好きではありません。

いつどこで狙うの?

カジカも夜によく釣れるイメージがありますが、ネットを見てると昼でも食ってくるみたい。

スコシにとってカジカが夜のイメージというのは、単にスコシが夜釣りしかしていないからと思われます。

大物を狙うなら、季節は晩秋。

産卵のために大きい個体が岸寄りするとのことです。

出来るものなら産卵が終わった個体を狙って欲しいね。

場所は、概ねソイと同じ。

アブラコほどシビアに狙う必要はなくて、そこら辺に投げればだいたいそこがポイントです(投げやり)

どうやって狙うの?

カジカも、海底に張り付いて待ち伏せています。

リグで海底を叩いてやったりスイミングやリフト&フォール、ダート&フォールでも食ってきます。

ズル引きは、やったことないね、そういえば…ズル引いても釣れると思うよ。

とはいえ、重すぎるリグをあまりに素早く動かすと、動きについてこられない可能性があります。

でもまあ基本的には、いれば食ってくると思っていい。

なお、生エサを使うなら、カジカといえばイカゴロ、イカゴロといえばカジカと言われています。

どんなリグで狙うの?

どんなリグでもチャンスはあるのですが、カジカ率を高める方法はあるかもしれない。

まず、ソイやガヤなど捕食回遊する連中を避けるために、沈降速度の早い重たいリグを使うこと。

何故かカジカは赤が好き。

そして、大きいワームを使う。

スコシは5インチとか6インチのワームを殆ど使ったことありませんが、とにかく大きいやつで挑もう。

奴らには「大きすぎる」という言葉はない。

自分の体長よりちょっと小さい程度のワームにもアタックしてくるさ。

カジカのまとめ

  • めちゃくちゃ美味いという意見多数
  • カジカを狙っていなくても不意に掛かることがあるので、タモは持ち歩こう
  • 重たいリグで素早く確実に海底を取り、赤くて大きいワームで狙う

ホッケ

ホッケといえばウキ釣りで撒き餌をして釣るイメージがありますが、ワームやハードルアーでも釣れます。

ホッケは、特にウキ釣りでは沢山釣れて、よく引いて暴れて、食べてもとても美味しくて、本当に素晴らしいターゲットですが…。

ウキ釣りでは、大きなクーラーボックスいっぱい、1日で1人で3桁も釣れたりもするそうです。

シーズンになると、そういう人が連日ズラーーッと並ぶ。

どんどん回遊していくのを追いかけて日本海を渡り歩くツワモノもいるとかいないとか…。

釣れるに任せてガンガン釣ってると、どんどん少なくなってしまうんじゃないかなと心配しています。

そんなに釣ってどうすんだよ、とも思う。

しかも、立入禁止区域に侵入するとか、無許可な場所取りとか喧嘩とか、日常茶飯事の無法地帯と化す。

スコシはそういうの大嫌いなので、ホッケのシーズンはなるべく釣りに行かないと決めています。

話が逸れました、嫌な話をごめんなさい。

どんな魚?

こういう縞模様が美しい魚です。

開きで泳いでるわけじゃないんだぞ。

シルエットはアブラコに似てますね。

お腹が白っぽいのと茶色が縞模様なのと、尾びれがV字に切れ込んでいるのがアブラコとの違い。

慣れれば(慣れなくても)一瞬で見分けがつきます。

群れで回遊する性質があり、アミエビのみならず小魚も食べ、物の本によれば好奇心旺盛で飽きっぽいらしい。

いつどこで狙うの?

主に狙えるのは春と秋、群れをなして、北海道の日本海側に大群で回遊してきます。

と言ってもそのシーズンは短く、2週間程度で他のところに行ってしまう。

それ以外の状況でも全く釣れないわけじゃなくて、根ボッケという居着きの個体もいる。

でもそういうのを狙って釣るのは無理だね。

回遊してくるので、根に拘らず、外海に面した堤防などで手軽に狙えます。

…釣りに入れる場所さえあれば、ね…(。-_-。)

どうやって狙うの?

ホッケはアミエビを撒き餌にしてサビキで釣るイメージがありますが、フィッシュイーターでもあります。

ですので、ワームやハードルアーのスイミングやフォールで中層~表層を狙ってれば、釣れます。

どんなリグで狙うの?

何度も記しますがホッケは回遊してきます。

つまり、泳いでいます。

フワフワと海中を漂わせるのはライトリグがピッタリ。

オキアミパターンには、ピンクの小さいワームを0.7gや1.8gジグヘッドで漂わせると良いかも…

…と思ってるのですが、前述の通りスコシはホッケの時期に滅多に釣りに行きませんのでよくわかりません。

ホッケの大群と釣り人の大群が回遊してった後に居残り組のホッケを釣ったことは何度もありますが、別に狙って釣ったわけじゃないんだ。

また、少しばかり重めのリグにして遠投性を上げて、より広範囲を探るのも良い。

特にシンキングミノーは重くて飛距離が稼げて沈降速度は遅いので遠投フワフワ釣法をするには最適です。

またウキ釣りの話になりますが、あれはあれで奥深いものがあるらしくて。

撒き餌で群れを寄せるのが重要ですが、撒きすぎてお腹いっぱいにさせると全然釣れなくなるそうです。

そんな性質を考えると、撒き餌効果の及ばない遠いところにリグを放り込んでやるのはかなり有効なのかなと思います。

ホッケのまとめ

  • よく引いて美味しくて最高!
  • 回遊性を利用して、広く海中を探る
  • 釣り場は修羅場化するので避けるのも手

ヒラメ

言わずと知れた、超高級魚。

ロックフィッシュの範疇と言えるのかどうか、いまひとつわからないけれど、ロックフィッシュのご本には載っています。

偶発的に釣ったことがあるのだけど、ヒラメについては勉強中ですので、うまく釣れるようになったら記します。

セオリーとしては、サーフや港で9フィートや10フィートのロッドを使い、28gや40gのメタルジグ、100mmや140mmのヘビーシンキングミノー、大きいジグヘッドリグなどを投げるらしいよ。

ウグイ

こういう魚です。

外道扱いされるウグイですが、大きいものになると結構強烈な引きを見せます。

…が、すぐにスタミナが切れてしまうらしく、全然引かなくなる。

食べるとクソ不味いという声が多数ですが、意外と美味いという声も聞きます。

スコシは食べたことないけど。

スコシが初めて釣ったのは、たしかウグイでした。

魚が釣れた!!…って、嬉しかった。

何故かここ2~3年ウグイを釣っていないので、狙い方は正直なところよくわかりません。

ガヤの項にも記しましたが、外道だからって堤防に放置は論外、リリースしてあげましょう。

ドンコ

これまたよく外道扱いされるドンコ、主に太平洋側にいます。

スコシは太平洋側の経験は2~3回くらいしかなくて、ほとんどオホーツク海と日本海ですので、よくわかりません…。

その他

ロックフィッシュとは違いますが、タックルによってはイカ釣りに転用出来たりします。

エギングってやつだ。

50gとかを投げられるようなヘビータックルの場合、チョイ投げでカレイを狙うことも出来ますね。

他にも、9フィートを越すようなロングスピニングがあれば、アジやサバを狙えるジグサビキとか。

アメマスが釣れて焦ったこともあります。

おしまい

他にも色々と遊べそうな気がしますが、ひとまずここまでにします。

どうですか、ソイ釣りストの皆様、ロックフィッシュも釣ってみたくなりましたか?

ソイ釣りストやめますか?

ロックフィッシャーに転身しますか?

この裏切り者め。

スコシはソイの経験は少しはありますが、他のロックフィッシュを釣った経験があまりないです。

本職ロックフィッシャーの方々には鼻で笑われてしまうページかもしれませんが…

ここまで読んでくださってありがとうございました。

その他のページは、こちら