おつかれさまです、スコシです。

バスやシーバス、メバリングやロックフィッシュなどルアーフィッシングの世界では様々なルアーアクションが考案され、魚種に応じて進化し続けています。

スイミングやリフト&フォールなどのアクションは各項に記しておりますが、まとめとしてアクションを与える上での注意点などを記してみたいと思います。

見えないものを感じる

いきなりですが、見えなくてあたりまえです。

基本的にリグの動きは見えない。

だから、「今自分が何をしているのか」というか…より厳密には「今自分によってどんな動きがルアーに吹き込まれているのか」ということを常に意識して、アクションを仕掛けていく必要があります。

そんなには難しいことじゃない、慣れだよ慣れ。

スコシもまだまだだけど。

スイミングならスイミングで、明るいうちに泳がせてスピードの感覚をつかんでおく、とか。

フォールなら、ちゃんとカウントして海中のどの辺りの深さをフォールさせているのか、とか。

そういうことを地道に丁寧に続けていってある程度理解してくると、いずれ感覚的に出来るようになるよ。

ルアーを操る

ある程度慣れてきたら、思いのままにルアーを操る練習をしよう。

「自分のタックルだと、どの重さのルアーでどんなリグを使ってどんなロッドワークとリールワークをするとこう動く」というのを、感覚的に掴むんだ。

ロッドの長さや硬さ、リールのギア比で結構動きは変わってくるからね。

だからロッドをどれくらいの角度でどれくらいの角速度で…リールは秒間何回転で…というのは、記せない。

それに、そもそもそういうことじゃない。

陸上で何やってるか、じゃなくて、ルアーがどう動いているかが重要だからね。

自分なりの感覚を育てていくしかない。

ラインを操る

とはいえ、ルアーに直接動きを与えるのは、ロッドでもリールでもなくてラインです。

そのラインを操るのが、ロッドとリール。

だから、ラインのテンションをかけたり抜いたり、どの角度で引いたり、ラインがどれくらい伸びたり伸びなかったり…といった特性を掴もう。

そういうことがルアーに動きを吹き込むことになります。

夜釣りではラインがどうなってるか目で見づらいところもあるけれど、明るいうちから釣り場に行って意識してみよう。

感覚の落とし穴

慣れてきて感覚で釣れるようになると、今度は漫然と釣ることと表裏一体になりかねない。

要は、雑になる。

…ことがある。

スコシだけかな?

「なんか釣れないなぁ」というときにでも、基本に立ち返ってみるのも大切ですね。

釣れてるときはそんなことしてる場合じゃないからね、ガンガン釣ろう。

それでも最後は感覚

このサイトではソイ釣りについて、なるべく理論だてて記しているつもりです。

なぜなら理論しか共有できないからね。

ルアーアクションの項は「こういう動きを与えます、そのために、こういうロッド&リールワークをします」という姿勢で書いています。

でも本当にルアーがそういう動きをしているかどうかは、海面で見てみるくらいしか出来ませんね。

大切なのは想像力。

「たぶんルアーはこう動いているはずだ!」

みたいな感覚を養うしかないのかなと思います。

以前もどこかに記しましたが

経験に裏付けられた感覚は理論に勝る

と、過去に偉い人が言ったような、スコシが考えたような。

ごちゃごちゃと書いておいてなんですが、難しく考えるのはある程度のところで諦めて、実際に海に行ってロッドを振ってリールを巻いて経験を積み重ねるのが唯一なのかなと思います。

ということで、海に行こう!

その他のページは、こちら