おつかれさまです、スコシです。

全然必須でもなんでもないけれどもあると便利なグッズ…というほどでもないけど、あると嬉しいリールスタンドについて、ここに記します。

メーカーによって「リールスタンド」とか「リールバランサー」とか、いくつか呼称があるね。

リールスタンドとは

スピニングリールの、ハンドルとは反対側のノブに付ける棒状の部品です。

見て頂くのが早い。

各社様々な副次的機能をつぎ込んでいます。

PEラインとリーダーを結束するのに便利な溝があったり、ジグヘッドやテキサスリグ、ハードルアー等を引っ掛けられるようにしてあったり、中空構造でケミホタルを挿入できるようになってたり。

Megatech Libreの製品は、オモリが入っていてハンドルとのバランスが取れるようになってたりします。

だから「リールスタンド」ではなく「リールバランサー」だそうだ。

装着方法

付け方は、至って単純。

スピニングリールのハンドルとは反対側のノブを外して、ねじ込むだけ。

パッキンとか付属してたりしますが、そういうのは取扱説明書に従おう。

外した純正ノブがどっかいったりしないように、一応大切に保管しておこう。

置き方

先に挙げた写真では、リールが自立しております。

これで勝てるね…というわけではなくて、あーいうふうに立てるものではありません。

リールをロッドにつけて、こう置くんだ。

リールのスプールエッジやベールが直接地面に付かないようにするもの。

スコシは、ロッドを直起きするのもちょっとためらっちゃうけどね、リールを直起きするのも大概だからね。

スプールエッジやベールに傷がつくと、大切なラインに傷がつく。

ラインブレイクに繋がる大ダメージだから、気を使いたいところです。

釣りには必須でもなんでもない小さいパーツのくせに意外とお値段のするものですが、試しに使ってみてくださいな。

戻れなくなるかもよ?

その他のページは、こちら