おつかれさまです、スコシです。

スイミングと双璧をなす基本中の基本が、リフト&フォールです。

フォールも奥が深くて、達人ともなるとフォールだけでいくつものメソッドを使い分けて釣れるとか。

スコシはそんな達人には程遠いわけですが、話を聞いたり本を読んだりネットで調べたり実際に経験したりして、なるほどと思える方法も沢山ありましたので、そのやり方をここで記します。

リフト&フォールの基本

リグを海底に着底させてから、持ち上げて落とすのがリフト&フォール。

持ち上げることでソイにアピールして見つけてもらって、ゆらゆらとフォールさせることで食いつく間を与えてやる。

字面にするとこれだけですが、持ち上げ方にも落とし方にも色々な方法があります。

リフトの前にフォールの基本

フォールは、リフトする前から始まっています。

つまりキャストしたリグが海底に沈んでいくまではフォールし続けているわけだ。

「ソイ釣りの基本」ページで記したように、ソイは上から落ちてくるものが大好き。

食わせの行為と言えます。

フォールは、大きく分けてカーブフォールとフリーフォールがあります。

どっちも駆使するよ。

その前に

ここではハードルアーはちょっと置いといて、ワームの話。

スイミングのところにも、一字一句同じことを記しますけれど。

理論的には重いものと軽いものは同じように落ちるけれど、空気や水の抵抗がかかる場合は別の話です。

水中の抵抗というのは、お風呂やプールの中で手を素早く動かそうとしてみればわかるかと思いますが、とても大きい。

抵抗を受ける面積と重さとが絡み合って沈降速度が導き出されることになります。

シンプルに記すと、同じワームを使ったとき…

  • 重いシンカーを使うと早く沈む
  • 軽いシンカーを使うとゆっくり沈む

という、一見当たり前だけど、ガリレオの「落下の法則」という物理法則に反する、でもやっぱり当たり前に思える事態になる。

どうしてそうなるのかは抵抗の大きさと重さのバランスと云々という形で語ることは出来るけど、省く。

じゃあシンカーが同じ重さのときはというと、

  • 大きいワームは抵抗が大きくゆっくり沈む
  • 小さいワームは抵抗が小さく速く沈む

ということになるね。

大きい小さいとだけ場合分けしたけど、横幅とか向きとか、色々あるよ。

ワームを横向きに刺す(ワッキーリグなど)と、今度は引っ張り抵抗が増えてくるわけで、そうなるとフォールの際にも抵抗が大きくなったり…。

難しく考えるとキリがないので、上記の4項目だけ押さえておけばひとまず大丈夫。

カーブフォール

投げたルアーが着水したら、スピニングリールならベールを戻し、ベイトリールならクラッチを繋いで、ラインの放出を止めてフォールさせてあげることをカーブフォールと言います。

ルアーは、こういう軌跡を描いて落ちていくことになります。

カーブフォールはラインが常に張っているのでアタリが取りやすく、着底もわかりやすいという利点がある一方で、障害物にめりこんでしまう恐れがあるという欠点もあったりします。

泳ぎながら落ちていくという特性はソイの捕食スイッチをONに出来るかもしれないポテンシャルを秘めている…。

フリーフォール

カーブフォールはラインの放出を止めてフォールさせる方法でしたが、フリーフォールはラインを放出しながら落としていく方法です。

ラインをかんっぜんにフリーにするとフォール中のアタリも取れないわ着底もわからないわで大変なことになるので、軽めのサミング(フェザリング)をしながら落としていく。

スピニングリールのフェザリングは右手の人差し指でやるものと言われていますが、スコシは左手の親指でフェザリングをしています。

出来りゃいいんだよ、出来りゃ。

フリーフォールの利点は、ナチュラルにゆらゆら落とすことが出来ること。

弱った小魚の演出など、フリーフォールならではの使い方がたくさんあります。

バイトや着底がわかりづらいという点でカーブフォールより敷居が高く感じられることもあると思いますが、カーブフォールだけでは対処しきれないケースも多々あるので、両方試そう。

フォールのまとめ

  • カーブフォールとフリーフォールがある
  • カーブフォールはラインを張ったフォール、フリーフォールはラインがフリーのフォール
  • どちらか片方にしか反応しないケースがあるため、両方試す

リフトの基本

リフトは、着底したルアーをロッドで持ち上げてやる行為で、ソイに見つけてもらうために行うものです。

一度ロッドをルアーの方向に傾けてリールを巻いてラインスラッグを取り、ロッドを立ててルアーを持ち上げてやる。

どれくらいの角度からどれくらいの角度まで、どれくらいの角速度で…とかいう決まりはないし、使うルアーの重さやロッドの長さにもよるので、それぞれ工夫してみよう。

リフトにもいくつかやり方があるので、記します。

1回でリフト

この言葉はスコシが説明のために作った言葉なので、その旨ご了承ください。

ロッドを倒した後、一気にリフトしてあげるのが一般的かと思います。

クンッ!

…って感じ。

伝わるかなぁ…難しいだろうなぁ…。

陸の上でどういう動きをしているか、というより、ルアーがどう動いているか、をイメージする方が良いかも。

ルアー自体の重みとロッドの動きから、こういう風にルアーがリフトされます。

こういう動きをルアーに与える、と思ってあれこれ試すと、なんとなくやり方が見えてくるんじゃないかな。

このとき、ロングロッドの方がショートロッドよりも大きく持ち上げることが出来る、という点が見逃せない。

ロングロッドで緩い角度で持ち上げればショートロッド並みの小ささで持ち上げることが出来るので、この点では大は小を兼ねる。

段階的リフト

これもスコシが今作った言葉ですが、小刻みにリフトしてやろうという方法です。

ジグヘッドで、特に効く方法だよ。

ロッドをクンッ、クンッ、クンッとリズミカルに立てていく方法。

ロッドが短いとリフト幅が足りなくなることがあって、この場合は

「軽くリフト→ロッドを戻しながらリールを巻いてラインスラッグを取る」

…を繰り返すのも良いかと。

ルアーの動きとしては、こうなります。

イメージ出来たかな?

これは何も等間隔にやる必要もなくて、1度大きく煽ってから小刻みにリフトを加えてみることも良いかと。

リフトのまとめ

  • ソイにアピールして見つけてもらう
  • 一気に持ち上げても良いし、段階的にリフトしても良い
  • ロッドアクションよりルアーの動きをイメージして実施しよう

リフト&フォール

フォールの基本とリフトの基本を押さえていただいたところで、リフト&フォールという釣り方の解説に移行します。

数学がお好きな方は「リフトが2種類、フォールが2種類、じゃあ組み合わせは4種類だ」とわかるかと。

大きく言えばそういうことになりますが、ひとまず落ち着いて読んでいただければ幸いです。

リフトの使い分け

リフトという行為は同じですが、1回でリフトするのと段階的にリフトするのとでは演出としては大きく異なります。

ベイトとなる生物をイメージしてみよう。

エビとかイカなどは、スーッと動いていくね、たぶん。

そういうのを演出したいときは、1回でリフトするのが良いね。

一方で小魚は、小刻みに動くイメージがあります。

小魚を食べてると思われるときは、段階的に仕掛けてみよう。

他にも使い分けのポイントはあるね、リグの重さとかソイの活性とか。

「リグの選び方(サイズ)」では、低活性のときは軽いリグで行こうと記しました。

段階的リフトは、軽いリグでこそ特に効果を発揮します。

ゆっくり段階的にリフトしてやるのが低活性のときは効いてくる…かもしれない。

ピューンと飛んでいくと諦めちゃうけど、フワッ、フワッと行くなら食ってくれるかもしれないし、関係ないかもしれないし、これ以上のところはソイに聞いてください。

フォールの使い分け

リフト後のフォールは、基本的にはカーブフォールで良いような気がします。

一応、カーブフォールは横の動きが加わるので、低活性のソイが追いつくことを諦めるかもしれない、という考え方を聞いたことがあります。

もしそういう気配を察したならフリーフォールに切り替えてみると良いかもしれませんが、スコシは気配を察知できないのでよくわかりません。

よくわからないので、あまりにもカーブフォールで釣れないときはフリーフォールしてみる、くらいだよ。

また、似たような視点ですが、面白いメソッドを見たことがあります。

リフト後のフォールで、カーブフォールからフリーフォールに切り替えるんだ。

リフトして興味を引いたあと、カーブフォールさせて横の動きで逃げる小魚を演出し、途中でフリーフォールに切り替えてスキを見せて食わせる、という考え方。

フォールの最中にベールを起こしたりクラッチを切ったりする必要はなくて、ロッドをある程度立てた状態でカーブフォールさせて、途中でロッドを前に倒せばラインスラッグが出来てフリーフォールに切り替わるね。

なお、フォールのあとはすぐに次のリフトに移行しても良いですし、2~3秒くらいステイさせても良いと思います。

臨機応変に行こう。

ロッドアクション

1回でリフトさせるときは、スコシは一度ロッドを水平に倒して、リールを巻いてラインスラッグを取って、垂直よりやや前向きくらいまで持ち上げます。

そのままだとアワセに入れないので、ロッドをまた前方に倒しつつリールを巻いてラインスラッグを取って、アタリに備える。

多段階のときは、4~5回でロッドがほぼ垂直になるように小刻みにリフトします。

計算してみると、角度にして15°~20°くらいだね。

ショートロッドのとき

7フィート台後半以上のロッドをお持ちの方は、何も考えずにロッドでリフトしてあげれば事足りると思います。

問題は、7フィートくらいのショートロッドで、特に多段階でリフトするとき。

ショートロッドは1回のストロークでリフト出来る高さが小さく、十分に持ち上げようとすると2~3回でロッドが垂直になってしまいますね。

この場合は、30°くらいリフトしてからロッドを前に倒して素早くラインスラッグを取って、また30°リフトして…という行動で対処することが出来ます。

少し忙しくなるけど、十分に出来るよ。

おしまい

スイミングと並ぶ基本、リフト&フォールについて記しました。

持ち上げて落とすという一見単純な行為ですが、とても奥が深いものがあります。

ソイに限らず、ゆらゆら落ちていくものを好むロックフィッシュ全般によく効くメソッドですので、ぜひマスターして思いのままにルアーを操れるようにしたいところです。

一緒に頑張ろうね。

その他のページは、こちら