おつかれさまです、スコシです。

リグの重さや大きさはどうすると良いよ、ということを、記しました。

ここでは、ソイ釣りに当たってどういうアクションときはどの種類のリグを使うか、といったことを記したいと思います。

ジグヘッドリグとテキサスリグ以外にはどんな種類のリグがあるかという点については、こちらの記事をご覧ください。

スイミングで狙うとき

スイミングで狙うときは、ほぼジグヘッドリグの一択と言って良いと思います。

根掛かりしがちな剥き出しの針も、海中を泳がせる分には何ら問題にならない。

安価で種類も多く、オーソドックスなものの他にも、スイミングの姿勢を保つものや、敢えて不安定にしてローリングアクションを引きおこるものや。

ヘビーリグからライトリグまでカバーできて、どんなワームでも使えて、スナップを使う方は交換も容易。

詳しくは次項になりますが、スイミングで渋いからとフォールの釣りに切り替える時も、そのままで行けるのはジグヘッドリグの強み。

ダウンショットリグで「シンカーをズル引き」することで海底から一定のタナを泳がせることが出来ますが、正直これはやめた方が良い気がするよ…。

その他、ノーシンカーやスプリットショットもスイミング用のリグと言えますが、ほとんど沈んでいかないので海面を狙う時くらいしか出番はないかも。

リフト&フォールで狙うとき

海底を釣るにはテキサスリグが一番メジャーですね。

重めのにするか軽めのにするかは、時と場合と志向によるけども。

スコシはキャロライナリグが一番好きです。

リグ自体は素早く海底に落として、ワームはあとからゆっくり落ちてくる感が。

ペグなしテキサスでも同じことが出来るけど、ピンと張った時にシンカーとフックがくっついちゃうのがテキサスの(個人的な)難点。

その点、たとえ10cmでもハリスを付けたキャロライナリグの方が、ステイに向いていると思ってます。

スナップを使っている場合は、直リグも候補に挙がるかと。

特に甲殻系ワームは、着底時にパタリと倒れる縦長シンカーによって独特のアクションを見せる。

ジグヘッドリグでも、もちろん可能です。

根掛かりとの戦いにはなるけれど、なんだかんだ言ってテキサスリグもキャロライナリグも直リグも、根掛かりするときは根掛かりするって割り切るしかないしね。

ダート&フォールで狙うとき

これはほぼ、ジグヘッドの一択ですね。

しかも専用の、断面が三角形だったり縦長楕円形だったり、上面に対して不安定なものを選ぶ。

ちなみにシンキングミノーやペンシル、バイブレーションも同じような動きをしますので、ハードルアーでも仕掛けることが出来ます。

ボトムバンプで狙うとき

キビキビと海底を跳ねさせるボトムバンプは、テキサスリグか直リグ。

ワームとシンカーの距離が近いものが良いです。

ジグヘッドリグでも、やってやれないことはないけれど…根掛かりが怖いね。

その他のアクションで狙うとき

キワのフォール

岸壁のキワをフォールで狙うときは、基本はジグヘッドリグ。

テキサスリグだとワームの姿勢が縦向きになっちゃうからね。

とはいえまあ、やってやれないことはない。

短めハリスのキャロライナリグやライト直リグなんかも、悪くないないね。

ワッキーリグやネコリグも、良いかも。

面白いのはメタルジグ。

特に、チョンチョンすると8の字を描くアイスジグというものがあって、これ楽しそう。

ちなみにスコシはアイスジグ持ってますが、使ったことありません。

だって普通にジグヘッドリグのキワ落としで問題なく釣れるから。

海中リフト&フォール

海底ではなく海中でリフト&フォールを仕掛けるこの方法に向いてるのは、軽量ジグヘッドリグ。

スイミング同様根がかりの心配もないし、余計なものがくっついてない方が、ダイレクトに操作ができる。

トゥイッチング

ロッドやラインの動きがダイレクトに伝わるテキサスリグや直リグで行うのが基本。

あとは、シンキングミノーね。

ハリスのついたキャロライナリグでは不向きですし、ジグヘッドリグでは経験的にちょっとイマイチな気がします。

ジャーク&フォール

その他のアクションの項に既に記しておりますが、これはそもそもシンキングミノーでの手法。

バイブレーションでやると、さらに凄い。

一部のブルブル系ワームは、ミノーやバイブレーションの動きをワームで再現しようというコンセプトなのでこれが出来る、というだけのことです。

ミノーを使っているときに、試しにやってみよう。

ミドスト

ミドストと言えば超軽量ジグヘッド。

ノーシンカーでもできるかもしれないし、スプリットショットでもどうなんでしょうね。

ミドスト自体をあまり使わないのでなんとも言えませんが、セオリーとしては、そもそもミドストは超軽量ジグヘッドで行う方法です。

おしまい

結局ジグヘッドリグとテキサスリグサえ組めれば釣りとして成り立つのがロックフィッシング。

ソイ釣りも例外じゃない。

変なリグ使ってるから釣れるというわけでもなければ、まして偉いというわけでもないね。

ただ、例えばスコシはテキサスリグよりキャロライナリグが好きとか、スナップ派なのでジグヘッドリグや直リグが組みやすいとか、ハードルアーも使うとか。

そういう個々の嗜好や状況に合わせて自由に組み合わせていくのが良いのかなと思います。

その他のページは、こちら