おつかれさまです、スコシです。

バイトに対してアワセを入れることを、横文字ではフッキングと言います。

せっかく取ったアタリは、確実にフッキングさせたいよね。

フッキングをスカしてから「今のは小さい奴だった」とか「食いが浅かった」とか負け惜しみを言わないように。

いや、たしかに実際に小さかったり食いが浅かったりすることもあるのも、また事実だけどね。

フッキングの方法

フッキングは、リールとロッドの共同作業です。

リールを巻きながらやる。

ロッドを立てる。

わけですが、しっかりとフックを貫通させるには、それなりのコツというものがあります。

フックポイントに力を一転集中して、確実に貫通させなくてはならない。

リールを巻く

ラインにたるみがあったら、ロッドでラインを引っ張ってもフックが掛からないね。

当たり前だ。

だから、ラインがしっかり張るように、リールを軽く巻きます。

リールをクッ!と素早く巻くことだけでフッキングさせる技もありますが、スコシはあんまり推奨していません。

だいたいすっぽ抜けて終わるかと。

ロッドを立てる

ロッドをグイッと立てることで、ラインを一気に引っ張って貫通させるのが基本です。

ロッドはしなるので、しっかりやろう。

ロッドを引く

ロッドを立てる立てる書いてますが、実はロッドを立てるくらいではフッキングに至らないこともしばしば。

ロッドは、立てながら身体に引きつける。

こうすることで、より一点に力を集中させて、ソイの口を貫通させることが出来るわけ。

なんなら背中を反らすほどやる人もいます。

より確実なフッキングのために

アタリが来ましたコンッビシィィッッッ!!!

っていうアワセをする方もいらっしゃるかと思います。

アタリが来ました十分に食いこみましたググーッビシィィッッッ!!!

っていうアワセをする方もいらっしゃるかと。

どっちがいいとも言えないよ、釣れればなんでもいいんだ。

スコシは、言葉では物凄く伝えづらいのですが、アタリが来てからアワセに入るまで約0.5秒待ってるらしいということが、先日の思考実験でわかりました。

ググンッビシィィィッッッ!!!

…って感じ。

ちなみにスコシはフッキングに苦手意識があります。

というか、よくわかんないけど出来てるから、あんまり考えたことない。

これは、そもそも細かいアタリを取れていない疑惑が湧いてきます。

もしかしたら自分は、一気に食いついてきたやつ「だけを」釣っているんじゃなかろうか、って不安でならないというね。

フックポイントの確認

針先の確認は大事です。

なまってしまったら、交換しよう。

ちなみにスコシは気にしたことなくて、フックが甘くてバラしたという記憶はありません。

それでも本来は、フックポイントには気を使おう。

必要があれば研いだり、交換してゴミ入れ箱に捨ててしまってもいい。

爪に立ててみて、針先が滑るようだと甘い、という判別法があったりします。

ナイフと一緒だね。

追いアワセ

これは、フッキングさせてファイト中に、もう一度アワセを入れてやる行為です。

針先が掛かってるだけでしっかり貫通していない場合のことを想定して行います。

スコシは殆どの場合、この追いアワセを入れます。

ビシィィィッッッ!!!

魚の頭をこっちに向かせて主導権を握る意味も込めて、ね。

薄皮1枚で掛かってる場合は千切れてバラしてしまうんじゃないか、っていう気もするけど、今のところそういう経験はないね。

おしまい

ソイの口に針を貫通させるフッキングですが、ポイントは2つ。

  • リールを巻きながら行う
  • ロッドは立てながら自分に引きつける
  • 必要なら上体を反らす

以上になります。

某釣り番組のように、フッキングしたら「フィィィーーーーッッシュ!!」って叫ぶとなお良いかもしれない。

アタリが来るとすぐにビシッとアワセたくなりますね。

その「すぐに」っていう感覚は人それぞれなので、釣れていれば問題ないけど、もしすっぽ抜けることが多発したら、ほんのちょっぴり、0.5秒くらい待ってみると良いかもしれません。

皆様のフッキングが成功するよう、スコシはいつも祈っております。

その他のページは、こちら