おつかれさまです、スコシです。

ソイにフッキングを決めたら、寄せてこなくてはなりません。

これをファイトと言いますが、釣りという行為の中で一番の楽しみなんじゃないですかね。

ここではファイトの方法やコツについて、軽く触れたいと思います。

慣れてくるとアタリの出方やファイト中の引き方や暴れ方で「これはソイだ」とか「これはアブラコだ」みたいに、わかるようです。

スコシはソイしか狙わないのでソイの引きしかよく知りません。

それにこの点は、変に慣れない方が、あまり決めつけない方が、「何が釣れたんだろう」ってワクワク出来て楽しいんじゃないかと思いますね。

海面に見えるまでの、お楽しみ。

ただし、ソイ釣りストの皆様におかれましては「ソイか、ソイ以外か」だけが重要なので、ここはストイックに行こう。

ファイトスタイル2種

ロッドワークとリールワークで魚を寄せてくるわけですが、ポンピングゴリ巻き(クレーン巻き)という2種類があります。

ポンピング

かつては、この戦い方こそが正義とされていました。

竿を立ててグーーーッと持ち上げて寄せて、竿を倒しながらリールを早巻きして、また竿を立てながら持ち上げて寄せて…と。

こういうやつ。

ちょっとこれは大げさな例だけども…。

釣りの巻き方といえばこういうイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと。

ポンピングの利点は、タックルに負担がかかりづらいこと。

欠点は、ラインテンションが張ったり緩んだりするのでバラしやすいこと。

竿を倒すとき、いくらリールを巻きながらと言っても一瞬相手の方に主導権が行くんだよね。

スコシは、カジカのような大型魚や引き抵抗の大きい海藻やゴミなどを釣った時にはポンピングすることがあります。

もうちょっと厳密に言うと、引き抵抗だけがあって引っ張られたりする感触が薄いとき、ポンピングします。

すると大型のカジカだったり海藻やゴミだったりする、という感じですね。

ゴリ巻き

これはもう簡単で、ロッドを立ててドラグを信じてひたすら巻くこと。

ジージーと音を立てるドラグ、強く引かれているときは耐え、少しでも緩んだらすかさず巻き上げ、強引にやり取りする。

このとき、ロッドを持つ腕は脇を締めてリールシートからバットエンドを体に密着させて、とにかく耐えるのがコツ。

ゴリ巻きの利点は、バラしづらいこと、そして主導権を握り続けられること。

欠点は、タックルに負担がかかりやすいこと。

昔はタックルが脆弱だったのでポンピングしないとダメだったところ、道具の進化でゴリ巻きが可能になって利点の方が大きくなった、との先人のお言葉があります。

ラインテンション

別にどちらの戦い方でも釣り上げることさえ出来ればいいと思いますが、大切なのはラインテンションを張り続けること。

いくらフックには返しが付いてて抜けづらくなってるといえど、ラインテンションが緩むと結構簡単にフックアウトします。

これは切ないね。

必ず、ロッドとリールの操作でラインテンションを張り続けよう。

どんなに気をつけてもポンピングではテンションに強弱が出来てしまうので、この点はゴリ巻き有利かと。

ロッドの角度

ルアーアクションに際したロッドの角度については、別ページがあります。

ファイトにおいても同様にロッドの角度は大事。

このときは、ロッドのバットとラインの角度を90°に保つ。

ロッドのしなりが、ラインを助けてくれるというわけ。

極端なこというと、ロッドがまっすぐ魚を向いてると魚vsリールになってロッドが何も仕事をしなくなる。

バットエンドを魚の方に向けるほどの角度を作ると、ご想像のとおりロッドが折れる。

90°を保つことでロッドが本来の力を発揮して、魚が強く引けばロッドが曲がって耐えてるし魚の引きが弱まれば曲がったロッドの復元力で浮かせられる、ということ。

だから、遠くで掛けたときはロッドは立てるし、近くまで来たらロッドを寝かすんだ。

ファイトにかける時間

相手次第でもあるのですが、ソイ釣りにおいてはあんまり気を使わなくて大丈夫かなと思います。

アブラコ等のように、油断したら根に潜られるから一気に巻き上げないと…って程でもない。

いや、ソイも油断したら根に潜られるけど、アブラコほどシビアじゃないね。

逆に青物と呼ばれるブリとかそーいうやつは、時間をかけてファイトして、ひたすら走らせて疲れさせないと取り込めない、なんて話も聞きます。

ソイ釣りではそんなことする必要もない。

普通に巻けば良いです。

ちなみにスコシは、引きを楽しみながらゆっくりめに巻いています。

1秒間に1~2回転くらいで。

本当はゴリゴリ巻くのがいいんだろうけどね、魚とのやり取りを楽しみたくてさ。

おしまい

魚とのファイトについて、徒然と記しました。

大切なのは2つ

  • ラインテンションに気をつける
  • ロッドの角度は90°

以上です。

アタリを拾って、フッキングに成功して、よーし貰ったと思って一番楽しいファイトで失敗して逃げられた…なんてことは、避けたいよね。

スコシのように、アドレナリンや脳内麻薬が出まくってニタニタしながらファイトしている皆さんも多いと思いますが、ちょっとだけ気をつけてみてくださいね。

その他のページは、こちら