おつかれさまです、スコシです。

魚のアタリのことを、横文字ではバイトと言います。

「噛む」っていう意味で、イントネーションは「ライト」とか「ナイト」と同じ。

何よりもまずは、ソイのアタリを感じることが大切。

来た!

…というのがわからないと、フッキングに持ち込めないからね。

例外的に、向こうアワセといって、魚が咥えて反転する動きとシンカーの重みでフックが刺さってから改めてアワセを入れていくなんてこともありますが、基本は自分でアタリを感じてアワセていく。

ネットで見ると、ソイのアタリは「ゴンッ!」とか「ガツン!」とか表現されているものも多いですが、スコシがオノマトペを付けるなら「ググンッ」ですね。

こればっかりは釣り人や対象魚、そのサイズによっても感覚が違うから、まあなんとも。

まだ釣ったことのない方は、色々想像しながら頑張ろう。

バイトを取るコツ

食いが浅くてもなんでも、とにかくまずはバイトを取らないと話にならないわけですが、ここで重要なのは、当然ながら感度。

これはロッドの感度っていうだけじゃなくて、ラインとか釣り人自身とかも含めた、システムとしての感度。

リグの方から考えていこう。

リグの種類による感度の違い

ジグヘッドリグのように針先が剥き出しのものは、やはり感度が高いです。

オフセットフックでフックポイントを埋め込んだワームだと、少しばかり「モゾッ」と来ることも。

また、同じくジグヘッドリグや直リグのようにシンカーとフックがくっついているものは感度が高い傾向にあります。

食いついた魚がシンカーごと引っ張ってくれるからね。

テキサスリグやキャロライナリグは、魚はラインだけを引っ張るので、これを感知する必要が出てくる。

また、シンカーの重さも影響してきますが、詳しくは次項にて。

ラインによる感度の違い

ラインの特徴については「ソイ釣りの基本」に記してあります。

ラインの違いによる感度は

張っているPEライン>>>フロロカーボンライン>ナイロンライン>>張っていないPEライン

というのがスコシの感覚です。

特にPEラインを使うときは、ラインテンションを常に意識しよう。

そのラインテンションを張るにあたって重要なのが、前項で記したリグの重さ。

あんまり軽いリグだと風や流れに負けて、ラインテンションを張ることが出来ません。

そのうえ、テンションを掛けようと思って引っ張ると、今度はすぐにリグが移動してしまうね。

スイミングで狙っているときは、ある程度のラインテンションが常にかかっているだろうから、そこまで気にしなくても良いかも。

リールによる感度の違い

リールによっても感度は変わってきます。

主にスイミングで狙っているとき。

リールのハンドルをくるくる回してルアーを泳がせるわけですが、その時ハンドルを回す手に伝わってくるちょっとした変化というものがあります。

ネットで見てると「ハイギアの方が普通に巻くだけで重いから、そこにかすかなアタリが来ても拾いづらい、感度が悪い」と謳っているサイトがあります。

逆に、自転車に例えてハイギアの方が僅かな変化で重さが変わるから感度が高いという説も聞きます。

これについては、2019年3月現在、なんか色々と荒れた論争になってるみたい。

というか自ら煽って炎上を狙って荒らしてる子がいるみたいね…やれやれ。

スコシはハイギア派ですが、ギア比なんかよりも力を抜きつつ指先に集中してハンドルを回してやることの方が重要な気がします。

ソイ釣りに限っては、スイミング中のかすかなアタリなんてどうせフッキングに持ち込めないからね。

来るときは一気にガブッと来ます。

ロッドによる感度の違い

持ってるロッドによっても感度が違うというのは、少し残念だけど厳然たる事実。

ある程度のお値段以上は自己満足の世界ではあるけれど、ある程度のお値段未満のロッドの品質は、値段に比例すると言わざるを得ないところもあります。

そのうえで。

やっぱり硬めのロッドの方が感度は高いよね。

極端な例えだけど、柳の枝のようなロッドだと魚の引きを全部吸収しちゃって何も手元に伝わってこない。

逆に、まったくしならないロッドだと、軽く引っ張っただけでも手元にダイレクトに伝わってくるさ。

ただ、それは魚が違和感を覚えて吐き出してしまったり、バイトを弾きやすいという難点とトレードオフ。

そのうえで、製品群ごとにやっぱり感度というのには差があります。

感度をあげるためにロッドを替えるというのは釣りの戦略の一つではありますが、本記事の趣旨ではないのでこの辺で。

ちなみにロッドとラインの角度については、こちらの記事に記しています。

ロッドとラインの角度は90°を保ってあげるのが、一番感度が高いよ。

釣り人による感度の違い

よく言われるのは、ロッドは軽く握ろうということ。

ガッチガチに持っていると、ラインからロッドに伝わってきた僅かな振動などを手で感知できなくなると言われています。

要は、リラックスして釣ろう。

寒いと体がガッチガチになったりしますけどね…。

各自それぞれの感度というのは、色々と気を付けることは出来るかもしれないけど、天賦の才能なのかもしれません。

鍛えて鍛えられるもんなのかね…ちょっとスコシにはわかりかねる。

感度と弾きはトレードオフ

ここまで読んでくださった方の中には「あれ?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

釣り人自身の感度向上を除いて、感度を高める工夫というのは基本的にバイトを弾きやすくしてしまいます。

釣り人に変化を伝えるというのは、即ち魚に対して違和感を与えるということ。

  • シンカーと繋がったフックは食い込みが良くない
  • ラインテンションが強いと魚が違和感をおぼえやすい
  • ロッドが硬いと弾きやすい
  • ラインとロッドが90°ではロッドの硬さをラインに与えやすい

等々。

だから、一概に感度が高ければいいというわけじゃないね。

バイトを拾った上で、フッキングに持ち込めないと意味がない。

弾かない、食い込みの良い方法というのは上記の全く逆で

  • テキサスリグやキャロライナリグなど、フックとシンカーを独立させる
  • ラインテンションを緩める
  • 柔らかいロッドを使う
  • ロッドの硬さを伝えないためにリグに真っすぐ向ける

等々が考えられる。

感度と食い込み、どっちにぶっちぎっても釣りとして成立しづらくなるので、どこかでバランスを取らないとね。

おしまい

バイトを拾うために感度を高める工夫と弾きやすさについて記しました。

総体としての感度を突き詰めすぎると魚に違和感を与えやすくなり、食い込みを重視するとバイトを検知できなくなるというジレンマが、ここにあります。

リグやロッドなどは気軽にポンポン変えられるものでもないので、ポイントとなるのはロッドの角度とラインテンションだと思います。

バイトを拾ったら一瞬だけラインテンションを緩ませて食い込ませてからアワセに入る、とかね。

詳しくは「ロッドの角度」と「フッキング」もご覧ください。

いくつも記しましたが、ソイは結構アバウトでも良いというか、来るときは大口開けて一気に食ってくるのであんまりそんなに気を使わなくても良いかもしれません。

といいつつ、小さなアタリを積極的に拾っていければ釣果に繋がるであろうこともまた事実。

いずれにせよ、来たアタリは掛けたいよね。

その他のページは、こちら