おつかれさまです、スコシです。

ソイに限らず魚は積極的に泳いだりしてガツガツと餌を食べたりする高活性な時と、やる気なくボケーッとしてる(かもしれない)低活性な時があります。

ここでは、色々な状況下で、スコシがどういうことを考えて釣りをしているか、記したいと思います。

高活性のとき

何をしても釣れる、ワンキャストワンバイトがひたすら続く夢のような時というのがあります。

滅多にないけど、まったくないわけじゃない。

こういうときは、重めのリグを使って広く早く、テンポよく釣ろう。

特に数釣りをしたいなら、手返しを重視して。

そして、ルアーチェンジは釣れてるうちに、やる。

一度「見切る」ということをされると、そのあとずっと見切られ続ける恐れがあると言われていたりします。

ホントかどうかは知らないけど。

ルアーセレクトは、大きくてアピールの強めのものから始めて、やる気のある奴から釣って行くという作戦が1つ。

もう1つ、大きくてアピールの弱めのものから始めて、なるべくスレさせずに釣り続けるという戦略もある。

いずれにしても大きいものから始めて、徐々に小さくしていくのがセオリーだね。

ただし。

逆に、さらに大きくしていくというメソッドもあって、これまた一定の成果を挙げている模様です。

こればっかりは個々の考え方次第としか言えないけど、何やっても釣れる時だったらごちゃごちゃ考えてないでガンガン釣ろう。

低活性のとき

要は、「釣れないなぁ」という時です。

こっちの方が多いよね、何をしても釣れる気がしない時というのは、残念だけど、よくあります。

自分は下手なんだ…

…と落ち込んだりしないで、色々頑張ろう。

ちなみにスコシは、よく落ち込みます。

とはいえ、周りはガンガン釣ってて自分だけ釣れない時は、まあ、その、なんだ、ドンマイ。

スコシも、そういうことあります。

低活性で渋いときは、どんどんルアーを小さく、軽く、カラーも大人しめに変えていくのが良いと言われています。

どこかにも記したけど

食欲旺盛な時はステーキとか美味しそうだけど、食傷気味の時は湯豆腐が良い

という例えもある。

全然食ってこない時は派手なカラーで派手なアクションを加えて「ほらほら見つけろ見つけろ、食え食え」ってアピールしたくなるけど、そうじゃない。

ソイにだって、そういうハイアピールは十分に見えています。

たぶん。

食ってこないということは、そんなもん要らないよっていうこと。

ナチュラル系の、一口サイズの小さなルアーを使って、ライトリグでスローにゆっくり大人しいアクションで狙おう。

…というのがセオリー。

とはいえ、周りも釣れてないようなとき、人と同じことやってても釣れやしないとも考えられる。

そんな時は、逆にもうウルトラハイアピールで攻めてみるとか…ヤケにならない程度に。

他に、「リアクションバイト」を狙うというのも手だね。

餌と思わせて食わせるんじゃなくて、落ちてきたものに反射的に食いつかざるを得ないというソイの習性を利用するんだ。

どこにいるかわからないので、広範囲をフォールで狙う。

5.3g~7gくらいのリグで、ある程度の遠投とある程度のフォール速度を確保して、リフト&フォールをテンポよく仕掛けていく方法だね。

普段、スコシはフォール後に5秒くらい食わせの間を作ってますが、あくまでもリアクションバイトを狙っていくなら、この間は要らない。

ゲシゲシ仕掛けて探ろう。

といっても待った方が釣れそうな気がするなら、自信をもって待とう。

とにかく探る範囲とスピードを重視して、どこにいるかわからないソイを探っていくこと。

番外編としては、もう色々と諦めてキャスティングとかアクションの練習をしたり、普段は使わない二軍ルアーを投入してみたり、のんびり夜景や星空を眺めてみたりするのも良いかなと。

執念で引きずり出してやる、というのも勿論良いですが、のんびり行くのもまた良いものです。

なんだかよくわからないとき

ぽつらぽつらと釣れるんだけども何とも掴みどころがない、そういう時もあります。

これが一番多い気がするね…。

スコシの場合は、信じた重さと信じたルアーで信じたアクションを続けます。

ルアーチェンジも適当気の赴くままに。

釣れても釣れなくても。

2~3投して見切りをつけてしまって次のルアー、なんてこともある。

ひとつには、居付きのソイは半分諦めて、回遊しているソイを狙い続けるということ。

もうひとつは、頭で考えすぎて後悔したくないからね。

回遊性のソイを狙う場合は、居付きのソイにはあまり多用しない(方がいい)ハイアピールカラーのスイミングで狙うのがよろしいかと思います。

タナは、なんとも言えない…その時次第。

スコシは深めのタナをリフト&フォールやダート&フォールで狙っていきます。

いずれにしても、回遊性ということは、深め→浅めなどと何投もトライしている間にどっか行っちゃうことも考えられるっていうこと。

だから後悔しないように、信じた方法を続けよう。

また、アピールの強いカラーや動きで、ふと捕食スイッチが入るということもあります。

これに期待して、ハイアピールで攻め続けるのも手だね。

なんともつかないときというのは、どうしてなんともつかないのかもわかりづらいし、じゃあどうすればいいのかというのもわかりづらい。

頻繁なルアーチェンジをしながら様々なアクションを試して、その日のアタリパターンを見つけると、数釣りが楽しめるかもしれません。

残念ながらパターンが掴めず、楽しめないかもしれません。

おしまい

その日その日で違う、なんならその日のうちでも目まぐるしく変わるソイの活性ですが、どんな時にはどういう釣り方を、ということを記してみました。

10人いれば10個の釣り方考え方があるなとスコシは思っています。

だから、ここに記したのはあくまでもスコシの考え方。

スコシは他の人より釣れるよ…という自信はありませんが、スコシは他の人より釣れないよ…などと卑屈になるつもりもありません。

釣り人が沢山いてハイプレッシャーな中で、制限時間内に大きいのを釣るとか数を釣る、そういう競技的な釣りをスコシはしないのでわからないけど。

人と比べたことはないけれど、まあたぶん人並みくらいには釣れるんじゃないかな、くらいに考えています。

そんな、(たぶん)人並みの、スコシの戦略でした。

なんか最後は煙に巻くような文章になってしまいましたが、ご参考になれば幸いです。

その他のページは、こちら