おつかれさまです、スコシです。

ロックフィッシュの類は基本的に構造物に着いていて、堤防や岸壁のキワにいることがよくあります。

そのうえで、ソイは軽めの回遊をします。

ということは、ズボ釣りでも狙うことができます。

ズボ釣りってなにそれ、というところから記してみたいと思いますので、よろしくお願いします。

そもそもズボ釣りとは

一説によれば「ズボラな釣り」から来ているとも言われるズボ釣り。

確かにズボラな釣り方のように思われます。

1.5m前後のロッドを地べたにたくさん並べてキワを狙う釣り方のことです。

絵を見て頂く方が早い。

こうやってたくさん竿を出しつつ、一本一本の面倒を見るのは最小限に…という、なかなかズボラな釣法。

道具

ロッド

ホームセンターで売っている振り出し式のグラスファイバーのロッドが良いと思います。

長さは1.5m前後。

ズボ釣りにおいては、とにかく数を集めることが重要。

地面に置いて釣るので、高い竿は勿体ない。

リール

これまたホームセンターで売っている糸付きの980円くらいのリールが合います。

これまた地面に置くので、高いリールは勿体ないし、仕掛けを投げないのでライントラブルを心配することもないね。

仕掛け

これが、わからない…。

スコシはズボ釣りをやったことがなくて、北海道でズボ釣り師は一人しか見たことがないんです。

隣でやっていらしたので軽く会話はしたんですが、もっと詳しく聞いてみればよかった。

ただ、推測することは出来ます。

まず、タックルを持っていかれないように、ラインはよく伸びるナイロンが良いかと思います。

オモリは、おそらく2号(=7.5g)と思われる。

あるいはもっと重くてもいいかも。

ブラクリでも行けるとは思いますが、アタリを取って即アワセではなく、半ば向こうアワセからの追いアワセを掛けることになるので、ナイロンのハリスがあると良いような気がします。

推測ですが、たぶんキャロライナリグっぽい仕掛けが良いと思う。

エサ

これは海底ではなく海中を釣る方法なので、サンマにこだわらずにイソメでも行ける。

なんならイソメとサンマを両方試すなんてことが出来るのも、竿をたくさん出すズボ釣りならでは。

釣り方

竿を出して仕掛けを沈めて置いておけば良いズボ釣りですが、実はもう少し奥が深い。

一旦仕掛けを底まで沈めた後にリールを巻いて狙うタナまで仕掛けを持ち上げます。

この時、竿ごとにリールを巻く回数を変えることで、異なるタナを同時に狙うことが出来ます。

点ではなく、面を釣るのがズボ釣り。

数打ちまくって当てる釣りとも言える。

ソイからすればたまったものではないね。

エサの絨毯爆撃、どれかに当たる。

竿が持っていかれないのかという気もしますが、意外と大丈夫らしい。

ズボ釣りの利点と欠点

利点

たくさん竿を出すことで範囲を狙って待つズボ釣りは、ズボラな方に最適。

キワの面制圧力は随一

一応ルアーでも、キワを斜めに泳がせて、面で狙う方法がありますが、ズボ釣りにはかなわないね。

ホームセンターで揃うタックルが3組くらいあればひとまず成立するので、初期投資が安いという利点もある。

ズボ釣りをしながら他の釣り、例えば探り釣りなどを楽しむことが出来るのも利点かと。

欠点

これ、実は意外と忙しい。

魚が掛かってないか、エサを取られてないか、仕掛けが流されすぎてないかどうか、竿を出せば出すほどあっちに行ったりこっちに行ったりと手間がかかる。

竿をたくさん持ち出すので、道具が重く嵩張り、準備にも手間がかかる。

場所を取るのも大きな問題ですね。

釣り場が混んでるときは、一人でルアーマン3~4人分のスペースを占領するズボ釣りは、とても迷惑で嫌われるかもしれない。

そんなときは大人しく素直に探り釣りオンリーに切り替えよう。

まとめ

キワに特化してソイを狙うズボ釣り。

道具がたくさんで意外とめんどくさいですが、とにかくキワに特化して数打って当てる釣り方は、理にかなっていると言えます。

スコシは待ちの釣りがあまり好きではないのでやらないけど、ロックフィッシングの気分転換にいかがでしょうかね。

その他ページは、こちら