おつかれさまです、スコシです。

ここでは、ルアーのキャスティングについて記したいと思います。

なお、この記事はブログの記事

スコシ的ソイの釣り方 キャスティングについて

スコシ的キャスティングの方法

のリライトです。

一定期間経過後、元記事の削除と当ページへのリダイレクトを設定する予定です。

ソイに限らず、魚を釣るためには魚のいるポイントに仕掛けを届けてあげなくてはなりません。

例外的に、ウキの周りに撒き餌して「ポイントを作る」というアグレッシブな釣り方もありますが、今回は仕掛けを投げて届ける、つまりキャスティングについて。

なお、ここで投げるのはワームを使ったリグやハードルアーであって、投げ釣りのような重いオモリを遠投するのとは違いますので、ご承知おきくださいね。

それから、バスフィッシングやボートロックで活躍しそうなアンダーキャストやスパイラルキャストといった投げ方についても記すことは出来ません。

出来ないから。

スコシがやるのは、普通のオーバーヘッドキャスト、稀にサイドハンドキャストとバックハンドキャストです。

そのなかで、これだけ覚えておけばまあまず大丈夫というのが、オーバーヘッドキャスト。

スリークォーター気味に投げることもあるけどね。

キャスティングの基本

キャスティングは、ルアーの重みなどを利用してロッドを曲げて、復元力を利用して投げます。

一時的にぐいっと曲げて、曲がったロッドが元に戻ろうとする勢いを利用します。

弓みたいな感じだね。

もう一つ。

ロッドを振って投げるというより回転で投げるというのが正しい。

とても短いロッドならワンハンドキャストをする場合もあるだろうけれど、一般的にソイ釣りで使うのは両手でロッドを持って投げるツーハンドキャスト。

このとき、ロッド自体を普通にピュンと振ると、威勢のいい風切り音と共にホワーンとルアーが飛んでいきます。

港に行くと、そういうアングラーの方を何人もお見掛けしたりします。

20mも飛べば十分なソイ釣りなので、それでもいいんだけど…

そうじゃない。

右投げの場合、左手でグリップエンドを持つことになりますが、右手を支点として、左手を思いっきり引き付ける。

そうやってティップの速度を稼ぐわけさ。

スコシのへたくそな絵を見るより動画で見た方が早いね。

回転で投げる。

まぁこの動画はこの動画でクセのある投げ方をしているなあという印象ですが、ともあれツーハンドキャストはグリップエンドを左手で引き付けて、ロッドの回転で投げる

通称「バス投げ」

比較的短めのロッドや、軽量リグを投げる時に多用される方法です。

勢いよく振りかぶって、後ろに飛んでくリグの慣性でロッドを曲げて、復元力を利用しつつロッドを前に回転させてピシュンと振りぬく。

この投げ方をする場合は、垂らしはロッドの1/3くらいにしておくと良いですね。

バスフィッシングの世界では、この投げ方をする方が多い印象です。

バス投げの利点

これは、短いロッドで、軽いリグを扱いやすい方法です。

その他、ペンデュラムキャストより後方のスペースを取らないことも利点です。

さらに、飛距離のコントロールもしやすい。

木や草むらなどを背に、ピンポイントで狙うバスフィッシングでは、こういう投げ方が適している。

ロックフィッシングでも、リグの重さ次第ではペンデュラムキャストより飛距離は出やすいかも。

バス投げの欠点

後ろに飛んでくリグの慣性を利用してロッドを曲げるこの方法は、ロッドのティップに一瞬で一点集中して大きな力がかかるので、ロッドに良くないと言われています。

最悪の場合ロッドが折れるかも…。

あとは、リリースのタイミングがかなりシビアになりますね。

勢いよく復元しようとするロッド、グリップエンドを引いてロッドを回転させるキャスティングアクション、そしてリリースがすべて噛み合わないと、叩きつけたりセンターフライを打ち上げたりします。

実は捻じれやすく、左右のコントロールを効かせづらかったりもします。

ペンデュラムキャスト

垂らしを長く、1番手前のガイドやリール辺りまで取って、振り子のように振って投げる方法です。

より長いものを振る方がより大きい遠心力を利用できる、という仕組みだよ。

ロッドをゆっくり後ろに振って、リグが振り子の向こう側に来た時に振り抜く。

ゆっくり加速しながらロッドのグリップエンドを引いて回転させて、リリースのタイミングで最高速になるようにして投げますね。

ピシュン!!

という音ではなく、ヒュン!!という音がします。

とはいえ。

この動画はあまりにもあまりにもフルキャスト過ぎるけどね…。

ペンデュラムキャストの利点

リグの遠心力を利用して投げるので、ロッド全体がじんわりと曲がります。

バス投げがティップで投げるとしたら、ペンデュラムキャストはベリーで投げる感じ。

重たいリグを使ってもティップに負担がかからない方法です。

シーバスロッドで重いメタルジグをブン投げる時には、こういう投げ方をしなくてはならない。

左右のコントロールをつけやすいのも利点かと。

遠心力を使った方法の欠点

後ろに大きくリグを振るので大きなスペースが必要となります。

また、通常のロックフィッシングには、少し大袈裟かもしれない。

慣れないと、リグがきっちりラインを張ってないところからキャスティングを始めてしまって、空回りします。

ロッドの風切り音で周囲を威圧したい方にもオススメできませんね

スコシの投げ方

スピニングタックルの場合

スコシは軽いリグでも短いロッドでもお構いなしに、遠心力を使うペンデュラムキャストで投げています。

垂らしは長く、リールまで。

「本来垂らしはリグの重さによって変えるもので、重いリグほど長い垂らし」だなんて話も聞きますが、無視。

どんなときでも垂らしはリールまで。

スコシは右投げですが、右斜め方向からリグを後ろに軽く振って投げていますね。

真上から見ると、自分の外側に傘を半分描く感じ。

参考にしたわけじゃないんだけど、斜めに振りかぶって真っすぐ振りぬくスコシは、この動画とほぼ同じ事やってます。

どうやら正しいらしいよ。

よかったよかった。

何をもって「正しい」とするのか、という点に疑問はあるけど…おっと。

スコシの理想は、この動画。

体幹がまったくブレてないのが美しい。

ベイトタックルの場合

ベイトタックルでも垂らしを長くリールまでとって投げているスコシですが、スピニングタックルとは投げ方が違います。

垂らしの遠心力を使って投げるのは同じですが、ロッドやリグの軌跡が違う。

自分の真上に傘を描くような振り方をします。

この動画みたいな感じ。

本当はもっと良い動画があったんだけど、YouTubeから削除されてしまったんだよね…。

遠心力を使うったって、円形にブワンと強く振るとどこに飛んでくかわからなくなるし何より危ない。

そうじゃない。

ベイトロッドの遠投云々な動画を探すと、そうやってブンブン振り回してるのもたくさん見つかるけど、危ないからやめよう。

どうしてスピニングとベイトで変えているのか

どうしてスピニングタックルとベイトタックルで投げ方を変えているのか。

スピニングロッドと違ってベイトロッドはガイドが上に付いていますね。

キャスティングの時は手首の都合で90度内側に捻って投げるから、ガイドは左側に来ることになります。

この状態でスピニングロッドの要領でロッドの右側に振り子を描くと、ラインがガイドに絡みやすくなるのだ。

経験上、気を付ければ大丈夫だけど、なにがあるかわからないし。

ガイドに絡んでるかどうか、夜釣りだと見づらいしね。

そこで、ベイトではガイドの側、つまり自分の真上に傘を描く投げ方をするというわけ。

スコシも少しは考えているんだよ。

おしまい

キャスティングについて、記しました。

魚の居るポイントにさえ届けばどんなキャスティングでも構わないと思いますし、「これが正しい」とか「これは間違ってる」とか言うつもりもありません。

ただ、最小限の力で効率よく投げるとか、遠投に適した投げ方とか、コントロールを重視した投げ方とか、ロッドに負担のかからない投げ方といったものは確立されておりますので、それをご紹介いたしました。

ついでにスコシの投げ方もご紹介しました。

魚が釣れる釣れないは別として、基本的にはキャスティングしないと物事が始まらないので、明るいうちに港に行ってキャスティング練習しながら夜を待つのも良いかもしれませんね。

暗いと飛距離や軌道も見えないもんね。

その他のページは、こちら