おつかれさまです、スコシです。

ここでは、ワームやハードルアーのカラーセレクトについて記したいと思います。

なお、この記事はブログの記事

【考察】ワームのカラーについて

のリライトです。

一定期間経過後、元記事の削除と当ページへのリダイレクトを設定する予定です。

ワームやハードルアーを選択するとき、形を先に決めるかそれともカラーを先に決めるか、それは人と時と場合によって異なるかと思います。

例えば、スイミングが効きそうだと思ってシャッド系やカーリーテールを選ぶ、その上でカラーはどうしよう。

そうじゃなくて、濁りがキツそうだから明るいカラーで攻めようとか、逆に普通の小魚っぽいカラーでナチュラルに、さて形はどれにしようかな、とか。

手持ちのワームやハードルアーも有限だし、状況次第でいろんな場合があるよね。

もっとも、大体の場合は手持ちのワームやハードルアーを把握していらっしゃるでしょうから、「よしナチュラル系シャッドのコレ」とか「ピンクのカーリーテールのコレ」とか、一瞬で決めることも多いんじゃないでしょうかね。

そういうの、最後は感覚が頼りです。

経験に裏打ちされた感覚は理論に勝る

どっかの偉い人が言ったような、スコシが今考えたような。

でもまだそういう域に達していないスコシは、その前に理論だ。

ベイトのカラーについて

ルアーフィッシングはマッチザベイトが基本、なにはともあれまずはベイトに似せたカラーを使うね。

小魚

魚は、基本的にはこういうカラーリングをしています。

眼を描き忘れたけど、まあいい。

背中側が黒くて、お腹側が白くてキラキラしてたりします。

これにはちゃんと理由があって、空からも海からも狙われづらい。

海中にいる背中の黒っぽい小魚を、捕食者たる鳥の気分になって空から見下ろすと、こうなる。

なかなかの保護色。

眼で見て獲物を襲う鳥からすると、黒い背中が海の青さと相まって非常に見づらいね。

逆に下から食い上げるソイのような捕食者から見ると、こうなる。

プールに潜ったご経験のある方はわかると思いますが、水中から空を見上げるとかなり明るいものです。

白銀のお腹をもった小魚を見上げると、明るさに紛れて見づらくなるね。

小魚だってただ食われるのを待ってるわけじゃない、危険がいっぱいの環境下で生き延びるように、頑張って適応しているんだ。

甲殻系やサンドワーム系

要するに、主に海底にいる連中を示します。

さてこいつら、どんな色だろう?

 

うるさいよ、手抜きの絵で悪かったね。

カニは赤いよね、エビも赤いよね、あくまでも茹でればね。

ズワイガニは茹でなくても赤いね…。

概ね、こういう連中は濃茶緑色のことが多いです。

奥深くの海底で色がどのように見えるかはわからないからどれだけ保護色になっているのかはわからないけれど、とにかく陸に挙げてみるとこういう色をしています。

目立つカラーと馴染むカラー

ルアーフィッシングではマッチザベイトが基本だと記しました。

「じゃあなんで蛍光グリーンとかピンクとか、なんかスゴいのがあるのさ!」ということになりますが、攻め方のカラーセレクトには目立つカラー馴染むカラーという2方向の考え方があるから。

また模式図を使ってご説明します。

目立つカラー

他とは違うカラーを使って、とにかく目立たせて見つけてもらおうというのが、目立つカラーというコンセプト。

暗い夜の海や濁りのある海に蛍光ピンクみたいなのを放り込むと、こうなる。

こりゃ一発でわかる。

凄く厳密には、自然界では赤とかピンクは明順応しづらく見つけづらいという話もちらっとは聞きますが、とりあえず、少なくとも人間の眼で見れば、目立つ。

逆に、昼間の明るい海に放り込む「目立つカラー」はというと、黒系。

下からじっと見上げていて、お腹が白い小魚の群れの中に一匹だけお腹が黒いのがいたら目立ってしょうがない。

こんな目立つの、一撃で食われますよ。

ということで、環境とは大きく異なるカラーを放り込んでやろうというのが目立つカラーの目指すところです。

他にもたとえば、キラキラしたものとか発光するものとかね。

馴染むカラー

目立って目立ってしょうがないと、飽きられたり見切られたり、見るだけでお腹いっぱいになられたりします。

要はスレる。

詳しくはソイに聞いてみなくちゃわかんないけど、目立つカラーだけでは釣れない(釣れなくなる)のは経験的にたぶん事実。

元気でお腹がすいているときはステーキなどが美味しく見えるけれど、食傷気味になると例えば湯豆腐が美味しく見えたりする

…みたいな趣旨のことが、スコシの持ってる本には書いてあります。

肉がお嫌いな方や、元気でお腹が空いてる時こそ湯豆腐だぜ!という方もいらっしゃるかと思うけど、ちと一般論として考えてくださいね。

もっともこの本の著者もソイに直撃インタビューしたわけではないと思うけど、当たり前だけどスコシよりは実績のある方だからね、参考になる。

ともあれそういうことで、マッチザベイトの基本に立ち返る、馴染むカラー。

これはシンプルに、暗い夜の海や濁りのある海には黒っぽいルアーを放り込もう。

そして明るい昼間の海は、明るいカラーで攻めよう。

馴染んで殆ど見えなくなっても大丈夫なの?

と思うけど、大丈夫。

だって自然界では、逃げよう隠れようとして必死な小魚を、ソイはこれまた必死に追いかけてるんだよ。

必死に逃げる小魚を演出しつつ、ふとスキを見せてやれば食いついてくるよ。

ルアーアクションで釣るということになります。

環境とカラーセレクト

すでにお気づきかと思いますが、同じ黒いルアーでも明るい海では「目立つカラー」になり、暗い海では「馴染むカラー」になるね。

二度おいしい。

…というんじゃなくて、同じ港の同じ海でも、満月だったり新月だったり曇ってたり、常夜灯があったりなかったり、そうしたことで海の明るさは全然違う。

透明度も、例えば前日に雨が降ったから濁ってるとか、潮が満ちてくる過程で泥やゴミなどが巻き上がって濁ってきたり、日によっては来なかったり、そういう要因で毎回違う。

だから刻々と変わるそうした要因に合わせてこまめに変えよう、とまでは言わないけれど、同じルアーを使っていても「今、自分は目立たせているのか馴染ませているのか」というのは頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。

ローテーションの中で「さっきまで目立たせてあんまり釣れなかったから、今度は馴染ませてみよう」とかね。

どっちともつかないカラー

自然界にはそうそう滅多に見られないようなカラーのルアーや人間の眼には見えないカラーというものも、沢山あります。

たとえばこれ。

ケイブルーイワシというカラーですが、透明薄水色のちょっと地味なルアー。

ところがこれ、UVライトを当てると、こうなる。

果たしてソイはUVライトを当てた状態の物を見ているのかどうか、それはわかりません。

が、ケイムラ(蛍光紫)とかケイブルー(蛍光ブルー)のようにUV下で蛍光を発するルアーは確かに存在して販売されており、それなりに売れていて、あまつさえケイムラコーティングなんていうコーティング剤まで販売されている始末。

これは馴染むのか目立つのかようわからんね。

他にもある。

マーブルカラーの周りを黒で縁取った、ナイトキャンディーというカラー。

輪郭は馴染みつつ、胴体はキラキラとしているね。

なんともつかない。

目立つカラーと馴染むカラーまとめ

  • 目立たせて釣るか、馴染ませて釣るか、二通りの考え方がある
  • 同じカラーでも状況によって目立つときもあれば馴染むときもある
  • どっちともつかないものもある

膨張色と収縮色

ファッションにご興味のある方は、できれば読み飛ばしていただきたい項目です。

スコシはファッションにとても無頓着なので、大してよくわかってないまま膨張色と収縮色について記しています。

膨張色とは、文字通り膨らんで見える色。

収縮色は逆に、小さく見える色のことです。

じゃあどんな色が膨張色でどんな色が収縮色なのか、というと…

一般的に言うと膨張色は「暖色系」→赤、オレンジ、黄色など、収縮色は「寒色系」→青、水色、青緑などを指します。
緑や紫などこれらのどちらにも属さない色を中間色といいます。

そして、白に近くなると「明度」(色の明るさ)が高くなるので膨張して見えやすくなります。逆に黒は「明度」低くなるので収縮色となります。

これに加え、ややこしいのは、同じ「青」でも「濃い青」は収縮色になりますが、これに白を加えて「淡い青(水色)」になると膨張色になります。

Matow StayLer ✴︎膨張色と収縮色、寒色や暖色のファッションが与えるイメージとは?Part1

わかりやすい解説を見つけました。

ルアーのカラーセレクトでは通常のファッションとはまた事情が異なるので、大雑把には、明るい色は膨張色だし暗い色は収縮色くらいに覚えておけば良いかと思います。

この二つの雲、どちらが大きく見えますか?

白い雲ですか?

それとも黒い雲ですか?

「どっちも同じ大きさで、膨張色と収縮色の錯覚を狙った絵なんだろう」と思ったそこのあなた、不正解です。

膨張色と収縮色の錯覚に見えるように、白い雲の方をほんの少しだけ大きく描きました。

意地悪は置いとくとして、膨張色と収縮色を題材に挙げたのにはちゃんと理由があります。

それは、ソイから見てどう見えているかということ。

概要

膨張色と収縮色の錯覚は、見ている対象が遠ければ遠いほど顕著に現れます。

さっきの雲の絵を、画面に近づけて見るのと遠ざけて見るのとでは違うと思います。

普通はソイの目の前ばっかりにルアーを通せるわけがないので、ある程度遠くの距離から「見つけてもらう」必要が出てきます。

その時に、この色の違いが効いてくる…かも。

膨張色の場合

膨張色というのは、要するに本来の大きさより大きめに見える色のこと。

ですので小さめのルアーを使いましょう。

と書くのは簡単ですが、必ずしもそう上手くいくもんじゃない。

うまいことちょうどよく、たとえば0.5インチ小さめ、みたいな感じで売ってるわけでもなし。

ただ、大きめに見えるということは、良くも悪くもアピールが強いというのは事実。

まして夜に行うソイ釣りにおいては、目立つカラーとも相まって、かなりのハイアピールになっていると考えた方が良いと思います。

上記の例で言うところの、肉々しいステーキだよ。

収縮色の場合

本来の大きさより小さめに見える収縮色は、小さく見える、小さく見せることが出来る。

夜釣りで使うと馴染むカラーで小さく見えて、視覚に訴える効果は少ないね。

それでも確固として残るのは、ルアーの質量。

スイミングなりフォールなり、そうした動きや波動は膨張色と変わらない。

視覚的に見づらいのを補おうとして大きなアクションを加えるのか、あくまでも湯豆腐を目指して静かに誘いを掛けるのか、それはソイ釣りストな皆様の、考え方次第。

透明か実質か乱反射か

ルアーの中には、光を透過する透明なものと、光を透過しない普通の色のものとがありますね。

透明なものは、キラキラ光るラメが入っていることが殆どかと。

その一方で実質色は、フレークやラメが入っていたり表面処理によって光を乱反射させるものもあれば、そうではないものも。

ハードルアーなんかは、特にそういう傾向があります。

こういう、透明であったり実質だったりキラキラしたりというのは、これまた海の明るさによって変わってきます。

明るい海では、透明なものはよく馴染んでラメのキラキラで誘うことになるね。

実質な色は、影を作るので、その点ではアピールが強い。

暗い海では、セオリーとしてはその逆になるよ。

また、キラキラ反射するものは、明るくても暗くてもアピールが高いと考えられますね。

サイズや形、アクションの違い

ルアーセレクトはまた別途記事にしたいと思っていますが、ここでも軽く触れます。

  • 大きいルアーなのか、小さいルアーなのか
  • 細身のシルエットなのか、ボリュームのあるシルエットなのか
  • どのようなアクションで使うのか

こうした要素も含めて考えなくてはならないね。

要は、目立つサイズや形のルアーを使うのか、おとなしいものを使うのか。

それらに対して、目立つカラーを使うのか、馴染むカラーを使うのか。

で、それらをまたどんなアクションで使うのか。

ほら、組み合わせは無限大、難しい。

おしまい

予想外に長くなりましたが、カラーセレクトはとても迷うところですね。

一概に「これ!」と言えれば良いけど、そういうわけにもいかない。

濁りや明るさだけじゃなくて、ソイの活性によっても変わってくるからね、とてもとても難しい。

難しいけど、この選択こそがルアーフィッシングの醍醐味だと思います。

ルアーのカラーセレクトは、タクティカルに考えればいくつかのセオリーがあります。

  1. どれくらいアピールさせるかを決める
  2. 海の明るさや濁りに応じたカラーセレクト
  3. 活性を見ながらローテーション

もう少し大局的にストラテジックに言えば、釣り具業界に釣られてたくさん集めたワームやハードルアーの中からどれを持っていくか、という意味で、家を出る前から釣りは始まっている

もっと言えば、釣具屋さんのカゴやネットショップのカートに入れるところから、既に戦いは始まっているんだ…!

その他のページは、こちら