おつかれさまです、スコシです。

ソイに限らずロックフィッシュは基本的に海底に潜んでいます。

ということは「底から狙う」という投げ釣りでも釣ることが出来ます。

また、根に着くという特徴から、港で大遠投する必要がないというのも良いところ。

普段ワームやハードルアーで狙っているのと同じくらいの飛距離を投げられれば、それでいいね。

つまり「ちょい投げ」で狙うことが出来ます。

魚種を限定して「ソイを狙うんだ!」といった釣り分けをするには少々難がある釣法ですが、狙ってみましょう。

道具

ロッド

ホームセンターで売っている20号270cmくらいのグラスファイバーの振出ロッドで十分です。

もちろん、3mくらいで5号~10号のオモリ、つまり40gくらいを投げられるロッドがあれば、それで大丈夫。

投げ竿をお持ちの方は、もちろんそれを使おう。

難しく考えなくて良いのがちょい投げの良いところ。

リールとライン

これも、普段のソイ釣りやロックフィッシングで使っている小型リールで十分かと。

ホームセンターで980円くらいで売っている糸付きリールでも十分。

難しく考えなくて良いのがちょい投げの良いところ。

仕掛け

これまた市販の胴付き仕掛けで十分。

こういう感じだよ。

作るほどのもんじゃない。

買ってくるのが一番楽でいいね。

オモリは、5号でも10号でも、「そのロッドが投げられる重さ」を選ぼう。

難しく考えなくて良いのがちょい投げの良いところ。

エサ

あくまでもソイを狙う限りにおいては、エサはサンマが良いと思います。

イソメでも釣れますが、イソメを使うとカレイが釣れてしまう。

それはそれで面白いけれど、別の話だ。

狙い方

30mくらいふわっと投げて、待つ。

ひたすら待つ。

ずーーーーーっと同じところで待ってても良いのですが、2~3分ごとに仕掛けをズル引きして誘いをかけよう。

本気で狙うなら遠投して、ズル引きしながらバラ根を探してそこで待つのが良いと思うけれど、まぁそこまで難しく考えなくても良いのがちょい投げの良いところ。

ちょい投げの利点と欠点

利点

ちょい投げの利点は、とにかく気軽にできること。

竿先に鈴をつけてアタリを音で取るようにして、ロッドを三脚に立てかけてあげれば、他の釣り方の合間にも出来る。

というより、ちょい投げの合間に、他の釣り方が出来る。

チリンチリンと鈴が鳴ったらアワセを入れて、巻きあげてあげればいいね。

楽でいい。

欠点

どちらかといえば五目釣りなので、魚種を狙って釣り分けるのは難しい。

ソイだけを狙うとは言えないね。

ヒトデが釣れたりするのも結構な難点である。

なお、釣れたヒトデを堤防に放置する輩もいますが、食べないなら海に返しましょう

待ちの釣りになるので、性に合わない人には徹底的に合わないと思います。

まとめ

ちょい投げ自体は敷居が低い釣りです。

実は、スコシはちょい投げでソイを釣ったことがありませんね。

カレイとかカジカは、釣った。

スコシはたぶんもうやらないと思うけど、釣りの原点として立ち返ってみると、また気づきがあるかもしれませんね。

その他ページは、こちら