おつかれさまです、スコシです。

ルアー(主にワーム)のアクションについて、スイミングリフト&フォールダート&フォールボトムバンプと記しました。

その他にも様々なメソッドが開発されて、流行して、廃れて…が繰り返されておりますが、上記の4項目に当てはまらないものについて、ここで記します。

キワのフォール

岸壁のキワというのは一級ポイントだったりします。

大物率はけして高くはないけれど大物を仕留められることもありますし、だいたい何かしら釣れる。

スコシは、ワームやハードルアーを交換したときは、必ずキワのフォールを試してからキャストします。

簡単だけど、2つの方法があります。

上から狙う

ベイトリールの手返しの良さという利点は、ここで真価を発揮します。

上から落としていって、50cmくらい(適当)落としたところで止めて、チョンチョンとさびいて数秒止めてやる。

少し待って、また50cmくらい落として、チョンチョン→数秒待ち。

これを海底に着くまで繰り返すんだ。

ベイトリールなら、クラッチを切ってラインをフリーにしてやって、右手の親指でスプールを押さえたり離したりを繰り返してながら落としてやれば簡単です。

アタリがあったらスプールを押さえつつハンドルを巻きながらアワセを入れれば良いね。

スピニングリールだと、いちいちベールを返したり戻したりとやるのは大変。

スコシは、ベールを返したまま左手でスプールエッジを押さえて、ラインを出したり止めたりしています。

アタリがあったら即座に左手でベールを戻してフッキングに持ち込む。

下から狙う

下から狙うのはもっと簡単。

上から狙うのとは逆に、最初に海底まで落としてしまいます。

そこからチョンチョンとやって数秒待って、アタリが来なければリールのハンドルを1~2回転くらいして、またチョンチョン→数秒。

簡単だし手間もかからないしキワは一級ポイントなので、手を変え品を変えたら必ず試そう。

特にソイの場合は軽めの回遊をするので、さっきいなくても今はいる、なんてことが平気であるからね。

海中リフト&フォール

通常、リフト&フォールというと、リグを海底まで沈めてからロッドで持ち上げてやって、カーブフォールやフリーフォールで落とすことを言います。

それを海底ではなく海中でやってやろうというメソッド。

ちなみに「海中リフト&フォール」というのはスコシが今作った言葉で、もしかしたらちゃんと名前がついてるのかもしれませんが、見当たらなかった…。

やり方は簡単。

キャストして必要なだけ沈めたら、着底前にリグをロッドでゆっくり大きく持ち上げてやって、糸フケを取りながらロッドを前に倒しつつフォールさせて、また持ち上げてやる。

自分のリグがどれくらいの速度で沈んでいくか、によって、リフト後のフォール待ち時間は変わる。

ある程度重いリグだと、待つ間もなく次のリフトに入らなきゃいけないかもしれないね。

これは慣れだ。

…けど、手掛かりはあるよ。

海底まで落としてあげてから、大きくゆっくりリフトして、何秒で着底するか。

これを参考にしてみよう。

沈めすぎず、浮かせすぎず、というのがポイント。

トゥイッチング

着底したリグを、ロッドのティップでチョチョンと震えさせてやる手法です。

根を狙うアブラコで特に有効な方法ですが、ソイ釣りでももちろん有効。

激渋な中から貴重な1匹を引きずり出すポテンシャルがあるとも言われていますが、果たして…。

シンキングミノーを海中で軽く躍らせる方法としても有名だね。

ちなみにスコシはトゥイッチングで釣れた試しがありませんが、有効な方法だと言われています。

ジャーク&フォール

リフト&フォールやボトムバンプに近いけれど、何が違うかというと凄い勢いでリグをリフトしてやるのが、ジャーク。

主にシンキングミノーやバイブレーション、一部のブルブル震える系ワームで行われる手法であります。

特にバイブレーションでやると、凄まじい引き抵抗とブルブル感がハッキリと手元に伝わってくるね。

ものすごいハイアピールで見つけてもらって、フォールで食わせるという手法です。

スレやすいので程々に…とも言われていますが、果たしてどうなんでしょうね。

ミドスト

ミッドストローリングの略、ミドスト。

ソイ釣りやロックフィッシングとは比べものにならないハイプレッシャー(らしい)というブラックバスの世界で考案された方法だよ。

スイミングと水中リフト&フォールの中間くらいかね。

1.8gくらいの軽量ジグヘッドやノーシンカーを使い、ラインを弛ませて泳がすという、言葉にしたら何ともわかりづらい。

着水からカウントして目的の深さまで持っていくのは変わらず。

そこで、弛んだラインの重さで手前にカーブフォールしてくるわけね。

それを、ロッドアクションで持ち上げてやるわけですが、クンッと引っ張るのでもなければグイッと引っ張るのでもなくて、ラインを動かして引っ張ってやる。

体操のリボンとか、なわとびの縄を地面に伸ばしたりして、波を作ってやると波が移動していくよね?

あの、パルスみたいなアレです。

ラインにあの動きを与え、上向きの動きをリグに与える。

で、弛みすぎないように、張りすぎないように糸フケを取る。

この繰り返し。

ハッキリ言って、ソイ釣りにはこの方法自体は不要で、普通のスイミングなりなんなり他の方法でなんとでもなるかと思います。

ただ、超スローなスイミングをさせるとき、リールをゆーーーっくり巻くよりはミドストを仕掛けた方が楽だと感じることもあります。

ものすごく繊細な海中リフト&フォールと言えないこともないかもしれない。

スコシは、浅い沈みテトラの中に大物が潜んでいることを確信したポイントがあって、スイミングでは攻めきれなくてミドストで仕留めたことがありますが、こんなのは例外中の例外みたいなもんです。

おしまい

こんな方法もあるんだ、というご紹介でした。

シンプルだから1ページ作るほどでもないかな、といった程度のものを「その他のアクション」としてまとめたというのが正しいところであって、優先順位が低いから、というわけではありません。

特にキワのフォールなんて超最重要アクションだしね。

ミドストは…まあ。

その他のページは、こちら