おつかれさまです、スコシです。

ラインは大まかに3種類あることを記しました。

ナイロンライン、フロロカーボンライン、そしてPEライン。

で、結局どのラインが良いのか、そしてどんなラインが良いのか、選び方を記します。

どの種類が良いの?

ズバリ結論から言ってしまうと、初心者の方にはフロロカーボンライン、少し慣れてきてもフロロカーボンライン、もしくは背伸びしてPEラインに挑戦です。

リールやロッドは2種類ありますが、スピニングタックルとベイトタックルでは少し事情が違いますね。

  • スピニングタックルは細いラインしか使えない代わりに遠投性に優れる
  • ベイトタックルは太いラインを扱える代わりに飛距離が出ない

初心者にはスピニングタックルをオススメしておりますが、いきなりベイトタックルでも大丈夫だよ。

スピニングタックルの場合

太いラインが使えないといっても、それはベイトタックルと比べての話。

ソイ釣りやロックフィッシングに必要なラインの太さは確保できます。

とはいえ底ズレ対策で、ある程度は摩耗強度のあるフロロカーボンラインが良いのではないかなと思うよ。

何より比重が大きいし、伸張性も低めで感度も良い。

だまされたと思って、まずはここから始めよう。

慣れてきたら、細いラインで飛距離の出るPEラインに挑戦してみても良いかと。

ベイトタックルの場合

太いラインを扱うことに長けたベイトタックル。

リールやロッドの特性の範囲内で、太いラインを使っていきましょう。

底ズレも安心!

ベイトタックルこそ、フロロカーボンラインを快適に使えるタックルです。

スピニングタックルの3倍くらい強度のあるラインが使えるよ。

ちなみにベイトフィネスシステムと言って、ベイトロッドで敢えて細いラインを使うタックルシステムもありますが、ここでは記しません。

どれくらいの強度が必要なの?

どれくらいの強度が必要か、以前計算したことがあります。

大きいものでは全長が60cm、体重は3kg程

Private Aquarium様 クロソイ

というデータがあってね。

詳しくはこちらの記事に記しているけど、漁港で釣れる最大を40cmくらいと仮定すると40cmのクロソイの体重は890g。

ただし、ラインがある程度摩耗したり、結束部分で強度が落ちたり、魚自体が暴れたり落下衝撃とか引っ張ったりする。

そういうのを加味しても、まぁ1.5kgに耐えれば良いかなと。

1lb.は450gだから、1.5kgに耐えるには3.3lbs.あれば良い、と。

SI単位系を使え、SI単位系を。

さらに安全係数を2倍近く取って、1.5号6lbs.あれば何とでもなりそう。

2号8lbs.あれば十分すぎる。

ただし、テトラの中を探るとか、ガリガリ摩耗するような場合はもっと太いラインを使おう。

スピニングタックルの場合

フロロカーボンライン

経験上、小型リールにフロロカーボンの2号8lbs.を巻くと、少しだけ、ほんの少しだけハリが気になりました。

ハリの強さは製品にもよるけどね。

6lbs.~8lbs.あたりで、使いやすそうで安心できるものを選ぶのが良いのかなと思います。

ちなみにスコシはコレを使ってました。

PEライン

挑戦してみたい方は、ぜひ。

結論だけ書くと、PEライン0.6号(14lbs.くらい)に8lbs.~10lbs.のフロロカーボンラインをショックリーダーとして1m~2mくらい、がオススメかな。

PEラインについては、また別途記事にて。

ベイトタックルの場合

フロロカーボンライン

基本的には、フロロカーボンの一択です。

ラインの強度は、思い切って4号16lbs.辺りまで行っちゃいましょう。

ラインが太ければ太いほど飛距離は落ちますが、そもそもソイ釣りに飛距離は不要、20m~30mも飛べば十分。

ぶっといラインでガンガン根を攻めて、強引にやりとりするのがベイトタックルの面白さ。

その特性を活かす意味でも、強度の高いラインを選ぶと良いと思います。

ベイトタックルのフロロカーボンは、釣り方にもよりますが摩耗が激しいので頻繁に巻き替えることになります。

だからフロロリミテッドよりは安いフロロハンターを使ってました。

PEライン

ごく稀に、ベイトタックルにPEラインを巻くケースがあります。

いろんな事情があるんだけど、例外みたいなもんだから気にしなくて良し。

ちなみにスコシはこの例外をやってますが、それはまた別のお話。

「PE必要だな、巻きたいな」と思うようになるころには、こんなサイト見ることもないでしょうね(._.)、

まとめ

数学が出てきて少しややこしくなりましたが、まとめるとシンプルです。

スコシは、シンプルなことをややこしく書く悪癖があるのだ。

  • スピニングタックルにはフロロカーボンの6lb.~8lbs.
  • ベイトタックルにはフロロカーボンの16lbs.

以上になります。

その他のページは、こちら