おつかれさまです、スコシです。

小物の収納と管理は、釣り人が頭を痛めるところです。

ロッドが増え、扱える重さの幅が広がると持っていきたくなるシンカーもどんどん増えてくる。

さらに、釣具業界に釣られてワームやハードルアーは増殖していく。

スコシだって例外じゃありません。

ここでは、スコシがどのようにしてワームやジグヘッド、フックやシンカー等々を収納しているか記したいと思います。

まず最初に

メイホウという会社のVERSUSというブランドの、VS-3010というケースがあります。

ルアーフィッシングの世界ではこれがデファクトスタンダードになっていて、ライフジャケットのポケットやフィッシングバッグの収納例として使われるのは、ほぼ必ずVS-3010。

「VS-3010が2枚入ります」とか。

そんなビッグウェーブにわざわざ逆らう必要も無いので、スコシはこのVS-3010を使っています。

ダイワやアブガルシア、DRESSといった釣具メーカーのロゴ入りケースも、VS-3010に準じた大きさになっているものも多いです。

というか、VS-3010に各メーカーがロゴをプリントしているというね。

ワームとハードルアーの収納

VS-3010は厚さが「通常」と「薄型」があって、薄型の厚みは通常の2/3くらいです。

通常の厚さのものは、内側の仕切り形によって何種類かが出ています。

スコシは、薄型のVS-3010NSをワーム用やハードルアー用に使っています。

ワーム収納例

スコシは今、こんな感じで色の属性ごとに収納しています。

これはちょっと変えようかなとも思っています。

  1. 一軍ワーム
  2. 二軍ワーム
  3. 三軍ワーム

って。

ワームは通常のプラスチックケースを侵食するのですが、VS-3010はワームプルーフと言って、変形しないので安心。

ワームメーカーの異なるワームを混ぜると溶けるとか色移りするとも言われていますが、今のところ大丈夫。

メイホウ(MEIHO) VS-3010 NS スモークBK 126557

メイホウ(MEIHO) VS-3010 NS スモークBK 126557

443円(07/20 15:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハードルアーの収納

これもVS-3010NSを使っています。

ミノーの類は一区画に2~3個放り込む方も多いと思いますが、スコシはフックが絡まるのが嫌なので一区画に1個で運用しています。

この画像で下二段に入ってるのは70mmミノーですが、90mmでも大丈夫、それは確認済み。

カタログスペック的に横幅196mmなので、110mmは横には並べられません。

リグの収納

リグの中でも特に重量級ジグヘッドは大きくて嵩張るものです。

スコシは、使うロッドごとにモジュール化していて

「このロッドを使う」→「このケースを持っていく」

…みたいな管理を目指しています。

VS-388DDとVS-315DD

ここでも出てくるのがVERSUSのケース、VS-388DD、通称デカアキオくんと、小さなVS-315DD。

このVS-388DDを2つとVS-315DDを利用しています。

VS-388DDその1

3.5g~14gまでのジグヘッドやシンカーとフックを入れています。

なお、現在は下の写真と異なり、3.5gジグヘッドは使用頻度が高いので複数区画に入れているよ。

これはスコシの持ってるライトなロッドで扱える重さに該当します。

だから、そのライトなロッドを持っていく時は、この箱を掴んで行けばいい。

VS-388DDその2

5.3g~18gまでのシンカーとフックを入れています。

これはスコシの持ってる強めのロッドで扱える重さに該当。

強めのロッドだけを持っていく時は、こちらの箱を持って行けばいい、と。

5.3gと7gは使用頻度が高いので、両方のVS-388DDに入れて携行数を確保しています。

メイホウ(MEIHO) VERSUS VS-388DD ブラック

メイホウ(MEIHO) VERSUS VS-388DD ブラック

744円(07/20 22:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

VS-315DD

小さな小さなVS-315DDは、ある意味では「例外ケース」です

1.8gジグヘッドやワッキー用フック、ネイルシンカー、ガン玉といった超ライトリグ関連と、逆に重い重い21g直リグシンカーを入れています。

大した大きさにはならないので、この「例外ケース」は常に持ち歩いてます。

メイホウ(MEIHO) バーサス VS-315DD パールブラック

メイホウ(MEIHO) バーサス VS-315DD パールブラック

624円(07/20 22:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

その他

こうして箱に入れて携行するのとは別に、未開封のジグヘッドを5~6袋、バッグに入れています。

スコシはジグヘッドスキーなのでシンカーの予備は持ち歩いてないけど、テキササーの方々はシンカーの予備も持ち歩こう。

足りなくなったらおしまいだからね。

おしまい

いかがでしたか?

小物の収納は、釣り人を悩ませる頭の痛い問題です。

特に大きなジグヘッドを大量に持ち込もうとすると、本当に大変。

皆様の工夫の一助になれば、幸いです。

その他のページは、こちら