おつかれさまです、スコシです。

リールが2種類あることは、別途記事があります。

スピニングリールとベイトリールがあるのでしたが、これらのリールは、同じロッドに装備できるわけじゃない。

スピニングリールはスピニングロッド、ベイトリールはベイトロッドという風に、ロッドも違うのです。

リールを付ける部分(リールシートと言います)とラインを通す輪っか(ガイドと言います)が違います。

具体的にどんなロッドが良いのかお探しの方は、こちらの記事もどうぞ。

その前に、ロッドとは

釣竿です、以上。

…もうちょっとちゃんと解説します。

ロッドには、「長さ」「投げることのできるリグの重さ」「適合するラインの太さ(強度)」が設定されています。

長さ

ソイ釣りやロックフィッシングで使うロッドの長さは「フィート」と「インチ」で記します。

SI単位系を使え、SI単位系を。

1フィートは約30cm、1インチは約2.5cm。

12インチで1フィートです。

たとえば、スコシが大変信頼しているロッドは7フィート7インチなので、約210cmと約17.5cm、合計で約227.5cm。

だからSI単位系を使え、SI単位系を。

もっと厳密には1フィートじゃなくて1フットから始まり、2フィート、3フィート…と、英単語の単数形複数形が絡んでくるんですが、なんかもうどうでもいいね。

ホントまったくもう、SI単位系を使え、SI単位系を。

で、ロッドは長いほうが取り回しづらいけれども遠投性が高いという性質があります。

取り回しづらいとは言いつつも、ある程度の長さがあった方がやりやすい釣り方というのもあります。

投げることのできるリグの重さ

何g~何gといった形で、そのロッドが破損せずに、しかもリグの重みで十分曲がって復元力で投げられる、そういうリグの重さが設定されています。

「この範囲なら大丈夫!」

…というわけでもなくて、扱い方を間違えればロッドは簡単に折れるけど。

  • 適合する重さより軽いリグは、投げにくいだけで投げること自体には問題ない
  • 適合する重さより重いリグは、ロッドの破損に繋がりかねないけど自己責任で使う人は結構いる

でも、基本的にはロッドに適合した重さのリグを使おう。

逆に、使いたいリグの重さが決まっているなら、ロッドも自ずと絞られてくるね。

適合するラインの太さ(強度)

リグの重さと同じように、何lbs.~何lbs.まで、という風にラインの強度が定められています。

あーもう何かもう、SI単位系を使え、SI単位系を。

これは

  • この強度より弱いラインだと、ロッドがしなって助けてくれる前にラインが切れる
  • この範囲内の強度だと、ロッドのしなりとラインとのバランスが取れてる
  • この強度より強いラインだと、ラインが切れる前にロッドが折れる

大まかには、こういう設計思想である、という認識でよろしいかと。

スピニングロッド

どういうロッド?

スピニングタックルは、細めのラインでリグを遠投できるタックル。

このため、比較的長いロッドが多いです。

リールシートの見た目は、こんな感じ。

この写真は4本継ぎですが、2本継ぎの製品がほとんどです。

長さ

以前は7フィートくらいで6フィート台のものも多かったのですが、2010年代後半から長尺化が進んで、7フィート後半から8フィート、9フィートなどというロッドも出てきています。

扱いきれるなら、という前提ですが、確かにロングロッドは有利な点が多いです。

適合ルアー

スピニングロッドの適合ルアーは、ベイトロッドより軽めに設定されていることが多いね。

とはいえこれも、以前はMax 28gで「強いロッドだねぇ」って感じでしたが、最近は40gなどという重たいリグを投げられる製品も増えています。

適合ライン

これもベイトロッドより弱いラインが設定されている傾向にある。

というのも、そもそもスピニングリールではフロロカーボンは8lbs.、頑張っても10lbs.くらいまでしか扱えないから。

ただ、引っ張り強度の強いPEラインを用いてスピニングタックルでもPE1号20lbs.なんかを扱うことも増えていますね。

ベイトロッド

どんなロッド?

スピニングタックルと違って、リールが上に来るベイトタックル。

そのまま持つと不安定になるので、ベイトロッドには指を掛けるトリガーがついています。

このロッドは折れたわけじゃなくて、ここに継ぎがある製品。

このトリガーは、引くとリグが射出される固定されていて動きません。

リールを載せて、トリガーを指の間に挟んで保持します。

このトリガーに人差し指だけ掛けるのか、写真のように中指を掛けるのか、あるいは薬指を掛けるのか…。

それはまた別の機会に。

長さ

スピニングロッドのような遠投性が求められるわけではないベイトロッド。

ですが、スピニングロッド同様に長尺化が進んでいます。

こちらも以前は7フィート前後のものが多かったですが、8フィートなんて当たり前になってきたね。

適合ルアー

太いラインで強引にやり取りするベイトロッドは、リグも重たいものがよく合います。

こちらも以前よりどんどん重いリグが使えるようになってきて、56gとかが当たり前に。

そんな重さ使うのかねぇ…という気もするけれど。

適合ライン

太くて強いフロロカーボンラインを使うことが基本のベイトロッド、適合ラインも凄いです。

最近ではMax 20lbs.なんてのは、もう当たり前。

とにかく強い。

まとめ

  • ロッドの特性は「長さ」と「適合ルアー」と「適合ライン」で決まる
  • スピニングロッドは長く、適合ルアーと適合ライン共に、軽いものが多い
  • ベイトロッドはスピニングロッドよりは短く、適合ルアーと適合ライン共に、強いものが多い。

その他のページは、こちら