おつかれさまです、スコシです。

釣りの必須…とまではいわんけど、必須に近いアイテムの中にプライヤーというものがあります。

先のとがったペンチみたいなもので、でっかいラジオペンチというのがわかりやすいのかなと。

ソイ釣りにおいては、針外しやハードルアーメンテナンス、ラインカッターやガン玉関連など、様々な機能が集約されています。

今回は、そのプライヤーについて記したいと思います。

プライヤーってどういうの?

こういうのです。

一見すると、なんかただのペンチの亜種みたいな感じですが、色々と機能が詰め込まれています。

先端から順に

  • スプリットリングオープナー、ガン玉外し
  • 保持部分
  • ガン玉潰し
  • ラインカッター

ひとつひとつ記していきたいと思います。

スプリットリングオープナー、ガン玉外し

これは、先端の鉤を細い隙間に突っ込んでこじ開ける、という機能だよ。

ハードルアーのフックを交換するときに、あの2重の輪っかの間に突っ込んで、開く。

つぶしたガン玉の切れ目に突っ込んで、開く。

そういう用途です。

実はスコシの持ってる製品は、この部分が甘くてうまくいかないことも多いので、ルアーメンテナンス用に別途スプリットリングオープナーを買おうかと画策していたりします…。

保持部分

現場で役立つ保持部分。

魚が針を飲んでしまったとき、このプライヤーを口から突っ込んで保持部分で針をつかんで外すことが出来ますね。

カレイなど、口が大きくない魚に対しては「オエオエ棒」など専用の針外し器がありますが、ロックフィッシュならプライヤーで十分さ。

「オエオエ棒」という名前のインパクトに圧倒されて気になる方は、ご自身で検索してください。

ガン玉潰し

でこぼこになっているのが、ガン玉潰し部分。

ロックフィッシングではスプリットショットリグを組む時くらいしか使わないんじゃないかな…。

別になくても良いけど、あると何かちょっと嬉しくなるよねヾ(・ω・`;)ノ

ラインカッター

鋭い刃が根元についていて、PEラインを切ることが出来ます。

ラインの項目で、PEラインを切るには専用の道具が必要と記しました。

それが出来るように設計されていることが殆どだと思います。

スコシの製品は、最初はサクサク切れたんですが使い込んでいくうちにダメダメになってきましたので、別途PEカッターを持ち歩いてます。

寿命なのかも。

プライヤーの携行

固定式ライフジャケットには、プライヤーホルダーが付いていることが殆どです。

それだけ多くの人がプライヤーを釣りに持ち込んでいるという証左でもある。

別にどこに装備しても良いんですが、スコシのオススメ装備部位、いくつか例を挙げてみたいと思います。

なお、スコシは右利きですので、左利きの方は左右を逆に考えてみてくださいね。

お腹の右前

固定式ライフジャケットのデフォルト位置が、お腹の右前部分。

普段釣りをしていて邪魔にならず、必要な時にはサッと取り出すことのできる、申し分(もうしぶん)のない場所です。

とはいえスコシは、抜くのに少し窮屈に感じました。

それに何より、肩掛けや腰巻といった膨張式のライフジャケットを使用する際には、ここの位置には装備できないね。

腰ベルト右側(やや後方)

ベルトに装備するという手があります。

釣り用に、ワークマンなどで売っているベルトを服の上から巻いて、そこにプライヤーホルダーや小さなポーチなどをセットすることで便利に釣りができるというシステムがあります。

スコシもそういうシステムを組んで、ユーティリティベルトと勝手に呼んでたりもします。

工事をされる方々が工具を携行するのに使ってたりするような、また美容師さんがクシやハサミを腰に装備するような、そういう感じのイメージで便利なシステムですが、これはまた別の記事にて。

ともあれ、そうしたベルトにプライヤーホルダーを装備してみよう。

スコシの経験上、腰の右真横よりも右やや後方に装備した方が抜きやすかったね。

その辺は各自の腕の骨格と腰の位置によるので、ベストポジションを探そう。

少しブレてるけど、こんな感じ。

スコシはかつてサバイバルゲームをやっていてね、多趣味のクロスオーバーで完成したシステムなんだ。

どうしてサバイバルゲーム中にプライヤーを装備しているのかは、めんどくさいから省く。

固定式ライフジャケットでは干渉する可能性があり、腰巻式ライフジャケットではまず不可能。

肩掛け式専用かね。

レッグホルスター

腰に配置したプライヤーホルダーからプライヤーを抜くというのは、なんかけん銃みたいだ。

じゃあ、腰に付けても良いのですが、サバイバルゲーム中にハンドガンを抜くとき特に重宝したのがレッグホルスター。

上記のユーティリティベルトに装着して、右の大腿部に装備する。

そこにプライヤーホルダーを配置したらどうなるかなと思ってやってみた。

あーでもないこーでもないと散々苦労してパーツを流用しながら組んだシステムはチョー最高でした。

スチャッと抜いて、サッと戻せる。

多趣味のクロスオーバー第二弾、マジ最高!!

…と思っていたのですが、今調べてみたらダイワさんが製品化してましたね…なんてこったい。

DAIWA レッグホルスターより

ダイワ  レッグホルスター

ダイワ レッグホルスター

3,390円(05/25 09:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

これ、さすがに釣り用なだけあって、スコシが組んだシステムより良さそうだな…。

大きな気づきもあった、こんな使い方もあるのかと。

近々改良してみよう。

このレッグホルスターシステムの良いところは、使うライフジャケットを選ばないこと。

難点は、大腿にギュッと巻くのでキツキツで動きづらい、特にしゃがみづらいという方もいらっしゃる模様。

もっともこれは釣りで使った感想じゃなくて、サバイバルゲームでレッグホルスターを使ってる方々の意見だけどね。

まとめ

  • プライヤーは多機能で釣り場でも役立つため、1本あると良い
  • 身に着ける方法は、ライフジャケットに応じて各自で工夫してみよう
  • 自分の工夫がすでに製品化されていても泣かないように

その他のページは、こちら