おつかれさまです、スコシです。

テキサスリグってどういうものか、ということを記しました。

中通しのシンカーとオフセットフックが特徴の、比較的根掛かりしづらいリグでしたね。

ここでは、改めてテキサスリグの利点と欠点を記したいと思います。

テキサスリグの利点

ジグヘッドリグではなくテキサスリグを選びたい状況というのは多々あって、それだけの利点が秘められています。

根掛かりしづらい

根掛かりするときはすると記していますが、やはりジグヘッドリグに比べると根掛かりしづらいものです。

それはラインを引っ張る方向に対して一直線にオモリが来ること、そしてフックポイントがワームに埋まっていることで実現しています。

要は、釣り人に対してまっすぐ引っ張れるから、根に入りづらいんだよ、ということ。

アブラコを狙うロックフィッシャーさん方の中には、海底をズルズルと引きずって釣る方もいらっしゃいます。

底をスローに狙える

重たいシンカーを使っても比較的スローに狙えるのがテキサスリグの特徴。

たしかにシンカーは早く着底するかもしれないけど、シンカーとワームが直接つながっていないので、ワームはゆっくり落とせる。

水深があったり潮が速かったり風があったりして重たいシンカーじゃないと底を取れないときでも、最後の最後だけはふわふわと落とせるのがテキサスリグ。

ソイの活性が低くて底にべったりくっついているとき、真価を発揮する。

かもしれない。

甲殻系ワームと相性が良い

テキサスリグは海底に沈めて釣るのが基本で、オフセットフックはボリュームのある甲殻系ワームとの相性がバッチリ。

最近のスコシはホント横着になって甲殻系ワームもジグヘッドで使ってますが、基本はテキサスリグで使うもの。

カニやエビの気持ちになって釣ってみましょう。

もちろん、小魚系のワームもまったく問題なく使えます。

利点のまとめ

  • 根掛かり回避性能が高い
  • 海底付近を探るのに向いている
  • 使うワームの種類を選ばない

テキサスリグの欠点

テキサスリグにも欠点はあります。

やはり組むのがめんどくさい

上から順番に通していって最後にフックを結んでワームを刺せば完成ではありますが、闇夜の中でヘッドライトの明かりだけを頼りに組むのは慣れが必要です。

シンカーがどこかに転がっていってしまったり…。

あと地味にスコシが嫌なのが、シンカーがするする動くので、ラインをフックに結ぶ時にラインテンションがおかしな方向に向かい、自分を釣りやすいという。

危ない。

表層や中層を釣れない

いきなりですが、やってやれないことはありません。

テキサススイミングといって、テキサスリグで小魚系ワームを使ってスイミングして釣ってやろうというメソッドは、たしかにあります。

でもこれは応急処置的というか横着なやり方であって、表層や中層を狙うのはジグヘッドリグに組み替えておこなうべきものですね。

ちなみにスコシが初めて釣ったソイは、テキサススイミングで釣りました。

フックポイントが埋没

根掛かり回避に一役買っている、ワームに埋め込まれたフックポイントですが、これは逆に魚への刺さりが良くないという欠点につながっています。

魚のアタリもわかりづらいと言われているね。

アワセるときは、大きく鋭くアワセて行こう。

そのとき「フィィィィィィィィッッッシュ!!」と叫ぶと、なお良い

欠点のまとめ

  • めんどくさい
  • 表層や中層を探るのには向いていない
  • アタリやアワセに慣れが必要

まとめ

テキサスリグの利点と欠点を記しました。

海底を狙うのに特化したテキサスリグは、少しだけ敷居が高くてとっつきづらい印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

慣れれば組むのもそんなに難しくないですし、なにより海底を狙うには避けては通れません。

そしてその海底にこそ、ソイがいます

ぜひ挑戦してみようね。

その他のページは、こちら