おつかれさまです、スコシです。

ロックフィッシュは大きくてつおいので、タモがあると安心です。

ソイ釣りストの皆様におかれましても、ついうっかりカジカとかヒラメが釣れてしまうことがあり、寄せたはいいけど陸に上げる(ランディングと言います)ことが出来ない、なんてことも。

ラインを掴んで引っ張り上げるという強引な方法もないことはないけれど、堤防や岸壁でそういうことするのはものすごく危ないのでやめてください

不意の大物に備えてタモを準備しましょう。

タモの構造

タモは、ルアーフィッシング的に横文字で言うとランディングネットと言います。

それは、トラウト用のラケット型一体構造のものを除き、シャフトとフレームとネットで構成されています。

それぞれ別に買って組み合わせることも出来ますし、フレームとネットがセットになっていてシャフトだけ買って組み合わせることも出来ます。

フレームとシャフトのネジは基本的には規格化されているので、余程安い独自規格品を除けばどんな組み合わせでもだいたい大丈夫。

タモアクセサリー

これがまた便利で、釣り人を釣るために各社が様々な製品を販売しています。

縮めたタモを背負える肩掛けベルトは勿論、フレームを折りたたむことの出来るタモジョイント、ベルトやライフジャケットのDカンに挿して携行できるタモホルダー、強力な磁力でタモを携行できるマグネットリリーサー等々…。

全部装備するとこうなる。

フルアーマータモだね。

現実的にはこんなに色々くっつける必要はなくて、タモホルダーか肩掛けベルトかマグネットリリーサーのどれか1つをつけて、身に着ければそれでいいね。

ちなみにスコシはタモホルダー派です。

タモジョイントはお好みですが、あると網を手前に折りたたむことが出来て、携行性が非常に良くなります。

どんなタモが良いの?

フレーム

釣具屋さんでタモを見ていると、大体の場合丸い枠に辿り着きます。

さて直径何cmのフレームが必要でしょうか。

60cmのヒラメが掛かるかもしれないから直径60cm…

間違ってます。

魚を頭から入れるって考えると、60cmも要らないよ。

まあでもこれに関しては大は小を兼ねるし、70cmのヒラメが掛かるかもしれないし、大きい方が入れやすいことも確か。

ただしあんまり大きいと邪魔になるし、操作はしづらい。

そのへんを踏まえて、小さめの45cmにするか思い切って60cmにするか、それとも楕円形(オーバル)フレームにするか、考えてみてください。

ちなみにスコシは35cm×39cmのオーバルを使っていますが、40cmのカジカは余裕余裕の超余裕でした。

もっとデカいのが来たらわからんけど。

40cm×55cmの方が良いかもしんないけど、その辺は用途と場所に応じてどうぞ。

ネット

釣具屋さんでタモの網を探すと、大抵の場合ナイロンで硬くてとても深さのあるカラフルなネットに辿り着くと思います。

でも、リリースすることも多いロックフィッシングやソイ釣りにおいては、ラバーコーティングネットを使うのが良いのかなと思います。

ワカサギやウキを掬うわけでもないから、網の目は荒くて(大きくて)いいね、その方がフックが掛かりづらいし、掛かっても外しやすい。

なにより、バッキバキのナイロンネットよりラバーコーティングネットの方が圧倒的に扱いやすい。

スコシは、フレームを買った時についてきたラバーコーティングネットをそのまま使っています。

シャフト

ランディングポールや玉の柄と言われるシャフトですが、これは選択が難しい。

長ければ長いほど重くなるし、携行性のために仕舞い寸法を小さくして継ぎが多ければ多いほど、これまた重く太くなる。

  • 地面に置いておくから仕舞い寸法が長くても気にしない
  • 背負って携行したいから仕舞い寸法が短いもの

など、いくつかの考え方があって、どれが正解というのはないと思います。

スコシは、ホーム漁港の海面の高さを見誤って、小型軽量で取り回しの良い3mのシャフトが干潮の海面にギリギリ届かなかったことがありました。

すぐに5mのシャフトに買い替えましたね…ある程度どこでも使えるようにって。

ダイワ(Daiwa) 玉の柄 ランディングポール2 500

ダイワ(Daiwa) 玉の柄 ランディングポール2 500

9,185円(07/20 22:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

タモの使い方

その前に

シャフトはしなるように出来ていますが、伸ばしておくと簡単に折れます。

陸上で伸ばして水平に持つと、フレームとネットの重みで折れることもありうる。

魚を入れたら、なおさら折れるから気をつけるように。

タモに入れるまで

ランディングは、タモを取り出す前から始まっています。

まず、やべぇと思ったら、無理のない程度でファイトに時間をかける。

魚を疲れさせて弱らせるわけです。

寄せてきたら水面で空気を吸わせ、さらに弱らせる。

ここで初めてタモを取り出すわけだ。

タモは、片手で伸ばせるようにしておきましょう。

スコンスコンと伸びていくタモ!

フレームが狙うのは魚の頭側!

タモですくうというより、ロッドでタモの側に誘導するのが良い…とされていますが、あんまり左右に走り回らないロックフィッシュならそこまで気を使わなくて大丈夫。

ただ、タモを動かすのは結構重くて大変なので、タモに魚を連れていくという感覚は大切かも。

タモに入れたあと

ここからが重要。

さっきも記したけど、やったー!!とタモをそのまま持ち上げると、多分まず間違いなく絶対にシャフトが折れます。

ボキッ。

そうじゃない。

ラインをフリーにして、つまりスピニングリールならベールを返してベイトリールならクラッチを切って、ロッドを地面に置くとか股に挟む、ロッドホルダーに挿す等々で両手を使えるようにして。

シャフトを縮めながら回収するというのが、ちゃんとしたやり方。

ラインをフリーにする理由は、もし魚がタモからこぼれ落ちたりラインが何かに引っかかったりしてもタックルが海に持っていかれないようにするためだよ。

おしまい

タモの重要性と選び方、そして使い方を簡単に記しました。

干潮の海面に届く長さがあることが最重要

よくわからないときは、長めの柄を選ぼう。

釣るという行為に直接関係しない物なので軽視されがちですが、大切なロッドに負荷をかけないためには必要なもの。

あんまり大物ぶっこ抜きを繰り返していると、せっかくのカーボン繊維が断裂していって、見る影もないロッドになります。

タモを背負っていくと「大袈裟~」などと後ろ指をさされることもありますが、そうやって笑う方には「大物を釣ったことないんだな」とでも言い返してやりましょう。

その他のページは、こちら