おつかれさまです、スコシです。

特に餌釣りの世界では必須アイテム、スナップです。

ラインを結んでおけば、簡単にオモリやハリスなどの仕掛けを簡単に交換できる。

くるくる回転するスイベル付きのものは、仕掛けが絡まるのを防いでくれますね。

ルアーフィッシングの世界では必ずしも必須ではなく、なかにはスナップ完全否定派もいらっしゃいますが…

利点と欠点がありますので、ちゃんと理解したうえで、使うか使わないかを決めると良いと思います。

スナップの形と比較

餌釣りで使われるスナップと、ルアーフィッシングで使われるスナップは形も重さも、そもそもの設計思想が違います。

図を描きました、上がルアー用で下が餌釣り用です。

ルアー用は1本の針金で出来ている小さくてシンプルなものです。

一方、餌釣り用はワイヤーを金属板で締め付けて補強していて、回転するスイベルが付いていることがほとんど。

ルアー用はせいぜい10kg~15kg程度の強度ですが、餌釣り用は平気で30kg~40kgに耐え、ものによっては70kgなんてものも。

ルアー用

ルアー用のスナップは、ルアーの動きを極力妨げないように、小さく軽く作られています。

10kgの強度というのはラインで言えば22lbs.以上に該当し、15kgなら33lbs.ということ。

そんなに強いラインシステムを使うことは滅多にないので、この程度の強度があれば、スナップが原因でシステムが崩壊することはないです。

わかりやすく言えば、スナップが壊れる前にラインが切れる。

そんな最低限の強度を保ちながら、なるべくルアーの泳ぎに影響を与えないというのがルアー用スナップの設計思想。

餌釣り用

餌釣りにおいては、強度こそ命です。

特に、30号や40号、つまりの100g以上のオモリをつけて100mも200mもぶっ飛ばすような投げ釣りでは、仕掛けを投げるその最初にかかる遠心力と復元力は相当なもの。

そのために、投げ釣りでは4号や5号といった、ルアーフィッシングでは考えられないほどのラインを使うこともあるね。

餌のふわふわとした動きはハリスがやるので、仕掛けそのものやパーツの重さはあまり関係がない。

関係ないですが、胴付きにせよ天秤にせよ、よく工夫された仕掛けだと思います。

スナップの利点と欠点

ルアーフィッシングにおけるスナップには利点も欠点もあります。

利点

なによりもジグヘッドや直リグ、ハードルアーの交換が容易なこと。

夜の帳の中、ヘッドライトの光でラインを結びなおすというのはけっして楽しいものじゃないね。

ラインをスナップに結んでおけば、ジグヘッドを変えたり根を狙うために直リグに変えたり、ハードルアーの色や形を変えたりするのは簡単だね。

特に直リグは、スナップあってこそのリグだし。

欠点

やはりスナップは、リグやルアーの自然な動きを妨げると思われるよね。

特に軽量ジグヘッドやノーシンカーで顕著と考えられる。

ホントかどうかは知らないけど、あるワームでは、スナップを使ったら釣果が激減しますと明記されているね。

まあこれはなんていうか、厳密に正確に科学的な比較は不可能だし、検証したデータがあったわけじゃないけども。

何よりの問題は、テキサスリグやキャロライナリグ等、スナップを使わないリグへの交換が面倒くさく思われてしまうこと。

スコシの場合

スコシは以前はスナップ否定派だったんですが、今では使うことになっています。

いくつか理由がありますが、一つはハードルアーを多用し始めたこと。

ジグヘッドにワームを刺し替えるような感覚でハードルアーを交換するために、スナップが必要になってきたの。

他の理由は、スナップを付けても釣れることがわかってきたこと。

釣果を検証したことはないけどね、「スナップがなければもっと釣れたかも」とか「スナップがないからよく釣れた」みたいな感覚は抱きませんでした。

まとめ

スナップについて記してみました。

ルアーフィッシングにあって、もっともやってはならないことが、惰性で釣りをすることだとスコシは思っています。

リグやワームやハードルアーにせよ、位置取りにせよ、メソッドにせよ、ね。

スナップがあることでジグヘッドや直リグ、ハードルアーを手軽に積極的に変えて攻められる一方で、テキサスリグ等への変更からは遠ざかってしまいがち。

どちらが良いとは決められないね、ご自身の判断の上で、使うもよし、使わないのもまたよし。

お値段のするものでもありませんし、試しに買ってみてはいかがでしょうかね。

OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5

OWNER(オーナー) 72802 P-02 クイックスナップ 1.5

226円(07/20 23:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

その他のページは、こちら