おつかれさまです、スコシです。

ジグヘッドがどういうものかということについては、こちらの記事をどうぞ。

ジグヘッドがどんなもんかというのがわかったところで、利点と欠点を記します。

ジグヘッドの利点

ワーム釣りの基本形、ジグヘッドには沢山の利点があります。

針が剥き出し

ジグヘッドの良いところは、なによりも針が剥き出しなので、針掛かりが良いことです。

さらに、剥き出しの針はアタリが強く出るという特徴もあります。

もしちょっとやそっと、アタリが取れなくても大丈夫。

「向こう合わせ」といって魚の方から勝手に針に掛かってくれることもある。

それはそれで、なんかちょっと悔しいけどね…気が付くと思いっきり引っ張られたりします。

リグ組むのが簡単

他のリグと比べて、組むのが簡単というのも良いところ。

ラインをアイに結び付けてワームを刺すだけ。

ソイ釣りは夜釣りだからね、簡単にリグを組めるというのは大きな利点です。

ワームチェンジや重さチェンジも、簡単です。

ちなみに、慣れるとそれすら面倒くさくなる。

色々な釣り方ができる

詳しくは他ページの「釣り方」に記しますが、ジグヘッドは万能リグ。

スイミングもフォールも、表層から低層まで、どこでもどんな釣り方でも、できます。

利点のまとめ

  • ジグヘッドは針掛かり良くアタリも取りやすい
  • 簡単に組める
  • なんでもできる

ジグヘッドの欠点

ジグヘッドには、残念ながら欠点もあります。

針が剥き出し

針掛かりの良さ、アタリの取りやすさは、根掛かりのしやすさとトレードオフ。

海底を狙うと、いとも簡単に地球を釣ってしまう。

…ことが多いです。

それでも果敢に攻めていくしかないのだけど。

なお、スイミングでは針が上に来て安定しているので、恐れるほどは根掛かりしないかもしれません。

実は、その程度かも

ジグヘッドリグは基本中の基本、デメリットというものは、あまり感じません。

強いてあげれば、甲殻系のワームとは相性が良くないかもしれない。

欠点のまとめ

  • 針が剥き出しなので、根掛かりが多い
  • 甲殻系ワームとの相性が良くない
  • その他のデメリットは特に感じない

まとめ

ジグヘッドの利点と欠点を記してみました。

概ね万能特徴がないのが特徴基本中の基本、それがジグヘッド。

スコシもジグヘッドを多用しています。

ジグヘッドさえ組めれば他のリグは要らない

という格言を聞いたことがあるような、スコシが作ったような。

簡単に組めて、工夫次第でどんな場面でも頼りになるジグヘッドから始めてみてはいかがでしょうかね。

その他のページは、こちら