おつかれさまです、スコシです。

ロッドにはスピニングロッドとベイトロッドの2種類があって、長さ適合ルアー適合ラインが設定されていることを記しました。

じゃあ、スピニングとベイト、どっちが良いんだろう?

選び方は?

どんな特性のロッドにすれば良いんだろう?

リールとの関係

おさらいになりますが、スピニングリールにはスピニングロッド、ベイトリールにはベイトロッドという風に、決まっています。

詳細はこの記事では省きますが、そういうことで初心者の方にオススメなのはスピニングロッドです。

スピニングロッド

長さ

スピニングロッドは遠投が効くので、少し長めの方が特性を活かすことが出来るかと思います。

とはいえ「長め」ったって何を基準にして長めなのかわかんないよ!

だから、先に結論を記します。

7フィート後半から8フィート前半が良いのかなと思います。

スコシも7フィート7インチのロッドや8フィート5インチのロッドを主力にしているよ。

7フィートジャストのロッドも持っていますが、遠投が効かない(これはあまり問題にならない)のとリグの操作性が良くないという難点を感じています。

適合ルアー

「ソイの釣り方」に記しておりますが、ソイ釣りで万能に使えるのは7gのリグ。

適合ルアーの範囲の中に、7gが含まれているものが良いと思います。

そうは言ってもね、1g~10gというロッドと5g~14gのロッドと7g~21gというロッドでは、同じ7gのリグでも投げ心地も操作性も、大きく違います。

適合ルアーはあくまでも「投げられる重さ」程度に考えておいた方が良い。

  • 1g~10gのロッドで7gのリグを操作しようとすると、ロッドがしなりすぎてダルダルになると考えられます。
  • 5g~14gなら、快適に扱えるんじゃないかな。
  • 7g~21gのロッドだと、ちょっと投げづらいかも。

真に快適に扱えるのは適合ルアー上限の半分+αくらいまでというのが一つの目安だと考えています。

メーカーによって表記が異なるから、必ずしもそうだとは言い切れないけどね。

よく行くフィールドの水深や潮の流れで使うリグの重さを決めて、そのリグを快適に扱えるロッドを選ぼう。

どのロッドを選ぼうか、ではない

どこでどんなリグでどうやって釣ろうかな、というのを決める

するとロッドは自ずと決まってくる

そうは言っても最初はまだよくわからないとと思いますので、

  • ソイ釣りに限るなら5g~14gくらい
  • ロックフィッシャーの方々にはもう少し重く、Max 18g以上

最初の一本として扱いやすいのは、こうしたロッドかなと思いますね。

適合ライン

適合ルアーが決まればロッドの候補は絞られてくるので、あんまり気にしなくて良いかもしれません。

スピニングロッドでフロロカーボンラインを使うときは6lbs.~8lbs.くらいなので、これが範囲内に入っていれば大丈夫。

強いラインが扱えるロッドはやっぱ硬いね。

…くらいの感覚でよろしいかと。

ウエイト

ML(ミディアムライト)とかM(ミディアム)とかMH(ミディアムヘビー)とか言いますが、これはロッドの硬さを目安として記しているものです。

メーカーによっても製品シリーズによっても基準が異なるので、同一シリーズ内で比較するときに参考にする程度で良いと思います。

一応おおざっぱには、最初の一本としてはMLからMくらいが万能性があって良いかな。

具体的にどんなロッドが良いの?

ソイ釣りストの皆様へ

ターゲットをソイに限る場合は、少しライトなロッドで行こう。

  • アブガルシア ソルティースタイル STRS-702M-KR 7フィート ルアー5g~16g ライン4lbs.~8lbs.

お金に余裕のある方は、ロックスイーパーがマジでオススメ、たぶんこれ壊れなければ一生後悔なく使える。

  • アブガルシア ロックスイーパーリミテッド NRS-832LH-F LIMITED 8フィート3インチ ルアー0.8g~11g ライン4lbs.~12lbs.

もっともっとお金に余裕がある方は、ロックフィッシュボトムパワーオーシャンが大人気。

ロックフィッシャー垂涎の最終兵器です、おめでとうございます。

  • ノリーズ ロックフィッシュボトムパワーオーシャン RPO711LS2 7フィート11インチ ルアー5g~18g ライン4lbs.~10lbs.

ロックフィッシャーの皆様へ

より深いところをより強く叩くことのあるロックフィッシャーの皆様方は、もう少し強いロッドも検討してください。

  • シマノ ハードロッカー S76M 7フィート6インチ ルアー6g~24g ライン5lbs.~10lbs.
  • ダイワ HRF 710MS 7フィート10インチ ルアー5g~30g ライン10lbs.~20lbs.
ダイワ HRF 710MS

ダイワ HRF 710MS

15,810円(07/20 22:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

もちろん、これらのロッドでソイ釣りも出来るよ。

ベイトロッド

長さ

飛距離を出しにくいベイトリールを使うベイトロッドの場合、長さに関する考え方は2つあります。

  • そもそも飛距離は求めてないから扱いやすい7フィートちょっと
  • 出にくい飛距離を稼ぐために8フィート以上のロングロッド

どちらが正解ということはありませんね。

港でやるよ、テトラ付近でやるよ、ボートでやるよ。

…という場合は、あんまり長いと取り回しが良くないね。

底ズレに強い、太いフロロカーボンラインを使って磯場(要は岩場)でガンガン釣るぜ!

…という場合には、少しでも飛距離を稼ぎたい。

釣り場と釣り方と取り回しを併せて考えてみてください。

ちなみに、磯場に行かずに漁港で釣っているスコシは、7フィート3インチのベイトロッドと7フィート8インチのベイトロッドを使っています。

長すきず短過ぎずでとても扱いやすいです。

適合ルアー

適合ルアーは、思い切って21gや28gくらいを扱うことをメインに考えちゃいましょう。

ベイトタックルの太いラインは、重いリグをブン投げてもラインが切れないという特性も持っている。

ちょっとやそっとの水深や流れに負けない重さのリグを使って、一気に海底を狙っていこう。

28gのルアーを快適に扱うために、Max 35gとかMax48gくらいのロッドで行こう。

適合ライン

こちらもスピニングロッド同様、適合ルアーを決めると殆ど選択の余地がありませんね。

ラインの項目で示した16lbs.を扱えるさ、大丈夫。

ウエイト

スピニングロッド同様に、ロッドの硬さによってM(ミディアム)とかH(ヘビー)とか、あります。

使えるのは同一シリーズ内比較くらいのものなので、参考程度に。

具体的にどんなロッドがいいの?

ソイ釣りストの皆様へ

正直なところ、ソイに限定して狙う限りにおいて、ベイトロッドはそこまで重要ではありません。

ぶっちゃけ使わない方が無難かと思う…。

ソイしか狙わないけど、どうしてもベイトロッド使いたいんだ!

…という方には、この辺り。

ベイトフィネスシステムという、ベイトロッドで8lbs.前後を扱うタックルシステムです。

ちなみにスコシもベイトフィネスを使っています。

  • アブガルシア ソルティーステージ BFS SBFC-782LT-KR 7フィート8インチ ルアー2g~18g ライン6lbs.~12lbs.
  • アブガルシア ソルティーステージ ロックフィッシュ SXRC-702M-BF-KR 7フィート ルアー3.5g~14g ライン8lbs.~14lbs.

リールもベイトフィネス専用モデルが出ておりますので、そちらと併せてどうぞ。

  • シマノ スコーピオンBFS XG

円形リールなら、これ一択

  • カルカッタコンクエストBFS HG

ロックフィッシャーの方々へ

お待たせしました。

ロックフィッシングの花形、ベイトタックル。

果敢に根を攻め、掛けたら強引に根から引き剥がし、強烈な引きに耐え、そしてパワーで巻き上げるロックフィッシングは、ベイトタックルでこそ相応しい。

ガンガン例を挙げていこう!

2018年頃までロックフィッシュロッドを作っていなかったシマノ渾身のハードロッカーシリーズ、その中でも最強のロッド、ベイトの凄まじさという点で紹介はするけど…こんなに強いのはあんまりオススメは出来ないかな…。

  • シマノ ハードロッカー B88XH+ 8フィート8インチ ルアー16g~64g ライン16~35ls.
シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュ ハードロッカー B88XH+

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュ ハードロッカー B88XH+

19,094円(07/20 22:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

もう少し扱いやすそうなロッドがこちら、特徴がないのが特徴な(褒めてる)、カタログスペック的にはとても標準的なモデル。

  • シマノ ハードロッカー B76H 7フィート6インチ ルアー12g~48g ライン12lbs.~25lbs.

ダイワ派の方は、HRFシリーズだね。

なかでも短くて扱いやすく、ボートロックでも使われるようなロッドがこちら。

  • ダイワ HRF 73MHHB 7フィート3インチ ルアー5g~35g ライン10lbs.~24lbs.

アブガルシアのロックスイーパーシリーズも大人気。

素人にはとてもとてもオススメできねぇが、どうしても紹介したかったロングロッド。

  • アブガルシア ロックスイーパーリミテッド NRC-992EXH LIMITED 9フィート9インチ ルアー14g~40g ライン10lbs.~30lbs.

ベイトロッドはクセの強いものばかりを載せてしまったね…。

もうちょっと「普通の」ロッドもたくさんありますが、共通して言えるのは適合ルアーが軽くてもMax 35g、出来ればMax 48gくらいのロッドを選ぶこと。

28gくらいのリグを「快適に扱う」ために、ね。

まとめ

いかがでしょうか、ロッド選び。

繰り返しになりますが、リグやライン、釣り場や釣り方を決めてからリールを選んで、そのあとロッドを選ぶことをスコシは推奨しています。

でも一番最初にロッド買いたいよね、その気持ちはとてもわかる…。

ともあれ簡単にまとめると

  • スピニングロッドは7フィート後半~8フィート半ば、適合ルアーは7gを基準として、Max 14gくらい
  • ベイトロッドは用途に応じた長さ、適合ルアーは28gを基準として、Max 48g~56gくらい

といったところです。

皆様の相棒選びの参考になれば、幸いです。

その他のページは、こちら