おつかれさまです、スコシです。

ここではライン(釣り糸)にはどのような種類があるかを記します。

結局どんなラインが良いのかは、こちら。

ラインは重要だよ。

海中にいる魚のアタリ、海中にあるリグの動きや状態などを、陸上にいる釣り人に伝えるパーツだからね。

おろそかにすると「おっしゃ!大物だ!!」→ラインが切れた(ラインブレイクと言います)…だなんて、漫画みたいなことになるかも。

冗談ではないよ、ラインの特性と釣り方がちぐはぐだと、結構簡単にそういうことになるよ。

初心者ソイ釣りストの皆様も、初心者ロックフィッシャーの皆様も、心して選ぼう。

ラインの種類について

モノフィラメントといって繊維1本で出来ているナイロンラインとフロロカーボンラインと、より糸で出来ているPEラインについて解説したいと思います。

実は他にもいくつかの種類があるのですが、上記3種類を覚えておけば問題なし!

ナイロンライン

安価でコシが比較的なくて素直なライン、それがナイロンライン。

あらかじめ糸が巻いてあるリールも販売されていますが、そういう風に巻いてあるラインは100%ナイロンラインです。

ナイロンラインの特徴は

  • 引っ張るとよく伸びる
  • 柔らかく、コシがない
  • 底ズレに弱い
  • 比重が小さく、海水に浮く

といったところでしょうか。

よく伸びる

引っ張るとよく伸びるナイロンライン。

つまり、魚がルアーを引っ張っても比較的違和感なく食ってくれることでしょう。

このよく伸びる性質は、最後の最後にしなやかさが求められる「巻きの釣り」(スイミング)で効いてきたりします。

ただし逆の見方をすると、魚がチョチョンとやっても、ライン自体が伸びるのでアタリが手元に伝わってこないことも意味します。

さらに、着底させたリグを「クンッ」と持ち上げてフォールで食わせるような釣りをしようと思うと、ラインの伸びが邪魔をして快適な操作ができない。

これはヘビーリグで顕著に出てくる。

「びよーーーん」って。

しなやかなロッドを使って違和感なく「食わせる釣り方」には向いてるかもしれない。

柔らかく、コシがない

ライン自体が柔らかいので、ちょっとくらいラインが太くてもライントラブルが起きづらいという利点があります。

あらかじめ糸が巻いてあるリール(ちなみに安価)だとトラブルが起きるかもしれませんが、それはリールとラインとどっちが悪いのかよくわからん…リールの話はまた別の記事で。

巻き癖が付きやすいという難点もあります。

ラインを太くできるということは、次項の「底ズレに弱い」を多少軽減できるということでもある。

ちなみに、柔らかいコシのないラインというのは、ライントラブルは起きにくいですが一度起こすと壊滅的になります。

まあナイロンラインの場合は、そこまで恐れる必要はないけどね…。

底ズレに弱い

海底の岩やテトラポッド、コンクリートの土台など(根と言います)に擦れると、どんどん摩耗していくのがナイロンライン。

柔らかいので太めのラインでもトラブルを起こしづらいという特性を活かして太めのラインを使ってやると、多少は軽減されますかね。

とはいえ過信は禁物。

釣りの合間合間に、リグ付近で摩耗してるところがないかどうかチェックして、必要ならバッサリ切ってリグを作り直しましょう。

比重が小さく、海水に浮く

これが一番の利点であり難点かもしれない。

ナイロンラインは、海水に浮きます。

ラインの比重というのはバカにならないものがあって、特にライトリグ(軽いリグ)を使っているとラインの浮力に負けてリグが海底まで落ちていかないことも。

海中をフワフワ漂ってしまうので、底を釣ろうとしても何が何やらわからないことがあるね。

逆に、そういうフワフワな釣りをしたいときはナイロンラインはとても良い。

底ズレの心配もないし。

ナイロンラインまとめ

よく伸びて柔らかく、底ズレに弱くて比重が軽いナイロンライン。

ナイロンラインはラインの基本と言えるものだけど、ソイ釣りに際しては結構ピーキーな使い心地だと思います。

場所と状況と釣り方によっては絶大な威力を発揮する。

現場で簡単にラインを変えられるわけがないので、「今日の俺は、こういう釣り方しかしないぜ!」という時に使えるラインと言えるでしょう。

フロロカーボンライン

ナイロンラインと(ほぼ)同じく安価で、少しだけクセのあるフロロカーボンライン。

この「クセ」が、ソイ釣りにはベストマッチします。

特徴は

  • 引っ張ってもあまり伸びない
  • 硬めでコシがある
  • 底ズレに強い
  • 比重が大きく、海水に沈む

一つ一つ見ていきましょう。

引っ張ってもあまり伸びない

そうはいっても、ちょっとは伸びるよ。

スイミングで魚が吸い込むのを助けてやれる程度には伸びます。

ちょっとは伸びますが、魚のアタリやリグの操作性にはあまり影響しないね。

あまり伸びないということは、ロッドでリグを動かしたときに、リグが素直に追従してくれるということ。

ナイロンラインでは問題となったヘビーリグでも大丈夫。

伸びる伸びないという観点では、とてもバランスの取れたラインと言えるね。

硬めでコシがある

これは少々難点ともいえる。

太いラインはバッキバキで、ライントラブルの原因になりかねない。

リールの種類による。

スピニングリールだと、太いラインを使うのはかなり厳しい。

ベイトリールなら、この点は問題ないね。

見逃せないのが、ラインがちょっとくらい弛んでいてもアタリがわかること。

ラインの中を伝導してくるんだね。

ラインにコシがあるのでラインがリールに馴染むまで時間がかかります。

釣りに行く前日に巻くとトラブルの原因になるので、2~3日前までにはラインを巻いておいた方が良いでしょう。

底ズレに強い

フロロカーボンラインは底ズレに強いです。

もちろん、ガリガリやると摩耗して切れてしまいますが、他のラインより圧倒的に強いよ。

根を狙うソイ釣りには最適。

もっと根を狙うロックフィッシングには、もっと最適。

もちろん、適宜確認してあげることが必要ではありますが、総じて問題にはならないことが多いです。

比重が大きく、海水に沈む

フロロカーボンラインは比重が大きく、海水に沈みます。

ライトリグを使っていても、問題なく沈んでいきます。

ラインに引っ張られるようにしてズドォン!!って沈んでいくわけではないから大丈夫。

ナイロンラインでは問題となったライトリグの操作性も、高い。

フロロカーボンラインまとめ

根を狙うロックフィッシングの世界では基本と言われるフロロカーボンライン。

ソイに特化したソイ釣りでも基本と言って良いと思います。

とはいえ、バキバキなのが気になる方は気になるかもしれないね…。

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18 フロロハンター 100m 6lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18 フロロハンター 100m 6lb

1,056円(07/20 22:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

PEライン

ポリエチレン繊維を編み込んだ、とてもとてもクセのあるラインです。

圧倒的に高価でいろんな色があって、表面がツルツルなので普通の結束ではほどけてしまうから難しい結び方をしないといけないし、専用の切断器具が必要だし。

その代わり海水でほとんど劣化しないしナイロンラインやフロロカーボンラインの5倍近い伸長強度があるし、全然伸びないから感度も最高だし、何スかこれもう意味わかんない的なラインです。

  • 引っ張っても伸びない
  • とてもとても柔らかく、コシがない
  • 底ズレにメチャクチャ弱い
  • 比重がわずかに小さく、海水に少し浮く
  • 「ショックリーダー」が必要

引っ張っても伸びない

顕微鏡レベルでは伸びてそうな気もしますが、実用レベルではPEラインは伸びません。

断言する。

引っ張っても伸びないということは、リグの操作や状態がダイレクトに伝わってくるということ。

張ってるときの感度は最高ですが、緩んでるときの感度は最悪。

リグが根に当たった、魚のアタリが来た、等々、様々な情報がラインを通じて伝わってきます。

潮を切って沈んでいく感触までわかる、とか言ってる人もいますが、スコシはそこまではわからんよ。

ライトリグでもヘビーリグでも、どんなリグでも操作できます。

とはいえ別の言い方をすると、伸びないということは、特にスイミングで釣っているときは魚が違和感を感じやすいということなので別途対策が必要になるね。

「掛けていく釣り方」に、よく合います。

とてもとても柔らかく、コシがない

ナイロンラインの比ではない柔らかさ、コシのなさは、ライントラブルを激減させます。

その代わり、一度起きたライントラブルを修復することは、かなり困難。

リスクは低いがダメージは大きい、そんなラインと言えるかと。

底ズレにメチャクチャ弱い

底ズレするとプチッと切れます、簡単に切れます。

そのくせハサミやラインカッターで切ろうと思うとなかなか切れないというね。

ああ、イライラする。

比重がわずかに小さく、海水に少し浮く

これは誤差のレベルだと思います。

ナイロンほどは浮かないよ。

ライトリグを使っていても着底はわかる。

つもり。

「ショックリーダー」が必要

PEラインの一番めんどくさいところ、ショックリーダー。

どういうものかというと。

  • PEライン単独では感度は良いけど伸びなさすぎてアタリを弾くことがある。
  • 底ズレにメチャクチャ弱い
  • 表面がツルツルで普通の結束ではほどけてしまう

以上の難点を解消する、素晴らしくてめんどくさいものです。

要はね、PEラインの先端にナイロンラインやフロロカーボンラインを繋いでしまえ、というものです。

そうすれば、その部分が少しは伸びるのでアタリを弾かずに掛けていくことが出来る。

一番底ズレの危険性が高い先端部分に、PEラインよりはズレに強いラインを使って対処する。

リグとの結束も、通常通りで問題ない。

PEラインとショックリーダーとの結び方は他サイト様にお譲りするけど、ピンクのPEラインと透明なフロロカーボンラインを繋ぐと、こんな感じになる。

FGノット」って言うんだけど、いかにもめんどくさそうな結び目だろう?

この結束が甘いと、釣り場ですっぽ抜けて泣きを見ることになる。

「ちゃんと締まってるかなぁ」と引っ張りまくると、今度は切れてしまったり。

ホントめんどくさいんだよ。

PEラインまとめ

強い、高感度、高操作性の代償として、底ズレに弱くて切りたいときには切れなくてショックリーダーが必要で…と様々なデメリットを併せ持つPEライン。

初めてのラインとしてはオススメしづらいけど、慣れてきたら使ってみると良いかなと思います。

戻れなくなるかもよ?

ラインの強度(太さ)について

ラインの太さ

伝統的な日本の釣り文化のなかでは、ラインの太さを「号」で表記します。

オモリも「号」だし釣竿も「号」だしウキも「号」だしガン玉まで「号」だし、正直ふざけんなと思います、心からそう思います。

SI単位系を使え、SI単位系を。

で、ラインの太さによって飛距離が変わってきます。

  • 細いラインは空気抵抗が小さく飛距離が出やすい
  • 太いラインは空気抵抗が大きく飛距離が出にくい

という特徴があります。

また、風や流れに対して

  • 細いラインは風や流れの影響を受けづらい
  • 太いラインは風や流れの影響を受けやすい

という特徴がありますね。

ナイロンライン、フロロカーボンライン

…さて、ナイロンラインとフロロカーボンラインについては、太さについて「号」という表記もしますが、ルアーフィッシングで主流なのは重さの単位「lbs.」(ポンド)で記すこと。

どういうことかというと、ラインの「太さ」ではなくて、「どんくらいの力で引っ張ったら切れるか」を示しているのだ。

米国で使われる重さの単位、ポンド。

だからSI単位系を使え、SI単位系を。

ナイロンラインやフロロカーボンラインは、1号=4lbs.です。

PEライン

PEラインは、号数で記す方が一般的。

まったくどいつもこいつも、SI単位系を使え、SI単位系を。

PEラインは製品によって同じ太さでも引っ張り強度が違ったりするので、こういうことになるわけ。

製品ごとに「何号 何lbs.」って併記されてるから、大丈夫だよ。

製品によって違うから厳密ではないけれど、1号=20lbs.くらいと考えていただけばよろしいかな。

ラインのまとめ

ずいぶん長くなってしまいました。

ここまで読んでくださいって、ありがとうございます。

まとめると

  • ナイロンラインは柔らかく伸びがある
  • フロロカーボンラインはわずかにクセがあるが、ソイ釣りには最適かも
  • PEラインは物凄くクセがあって初心者にはオススメできねぇ
  • ラインは太さ(号)や引っ張り強度(lbs.)で表す

ラインの種類と太さ(強度)について、ご理解いただけましたら幸いです。

その他のページは、こちら