おつかれさまです、スコシです。

ジグヘッドリグとテキサスリグについて、それぞれの解説や利点と欠点を記しました。

ハッキリ言っちゃうと、この2種類を覚えて軽いリグと重いリグを使い分ければ、大体どんな状況でも大丈夫。

ルアーフィッシングの代表とも言えるバスフィッシングの世界で考案されたリグは他にもたくさんあって、ロックフィッシングの世界に輸入されたり、逆にロックフィッシングの世界で考案されてバスフィッシング界に持ち込まれたリグもあったりします。

この記事では、代表的なジグヘッドリグとテキサスリグ以外にどんなリグがあるか、さっと解説したいと思います。

直リグ(ジカリグ)

スコシが結構愛用するのが、この直リグ。

実は直リグというのは商品名なので、一般名としてはゼロダン(ゼロダウンショット)とかパンチショットとか呼ばれたりもします。

これまた写真がないので、図で示します。

スナップと縦長シンカーを用いるのが特徴の、直リグ。

専用のシンカーも売ってますが、餌釣り用のシンカーでも十分。

ナス型でも行ける行ける…行けないことはないので、釣具屋さんのオモリコーナーを覗いて良さそうなのを探してみましょう。

専用シンカーは、こんな感じです。

ちなみに完成品も売ってますが、簡単なので自分で作るほうが自由度が高くて良いかな…。

直リグの利点

  • ジグヘッドやハードルアーとラインの結合にスナップを使う方は、簡単に組める
  • 着底後、縦長のシンカーが「パタリ」と倒れる様子が甲殻系ワームに独特のアクションを与える
  • フォール時の姿勢がテキサスリグよりも安定する
  • 貫通力が高く、繁茂する海藻の中までリグを送り込める
  • まず最初にシンカーが根に当たるので感度が高く、根掛かり回避性能が高い
  • シンカーが細長いので嵩張らずに収納できる

直リグの欠点

  • 普段スナップを使わない方からすると、とても組みづらい
  • シンカーとフックの間にライン(=緩衝)がないため、食った魚が違和感を覚えやすい
  • 操作感に慣れが必要

スコシの場合

スコシは一般的なロックフィッシャーさんやソイ釣りストの皆さんと比べてハードルアーの使用率が高い(と思う)ので、交換を簡単にするためにスナップを使っています。

テキサスリグにしようとすると一度スナップを切って組まなくてはならないので、海底を狙う時はテキサスリグではなく簡単に組み替えられるこの直リグを使うことが多いです。

キャロライナリグ

テキサスとくれば、次はキャロライナ。

テキサスリグの海底ふわふわ釣法をさらに突き詰めたリグで、スコシも好きで多用します。

テキサスリグの、フックとビーズの間にスイベルを噛ませたキャロライナリグ。

スイベルの先のハリスは10cmとか1mとか、人それぞれ。

スコシは20~30cmで組むことが多いですかね。

殆どテキサスリグと変わりませんが、シンカーが着底してからハリスの先のワームがゆっくり着底する、タイムラグを確実に確保する構造。

難点は組むのがめんどくさいことですが、裏技もあります。

スイベルの代わりにペグを入れてやる。

ペグをフック側に移動すれば通常のテキサスリグとして、ペグをずらしてやれば、キャロライナリグとして使える優れモノ。

先人は、これを「テキキャロ」と名付けました。─「ソイをソフトルアーで防波堤から釣りたい。 でも釣れない!

ただしシンカーの重みでペグがずれる事態が多発したので、確実を期するなら(?)ちゃんと組もう。

ダウンショットリグ

こちらも図を用意しましたので、ご覧ください。

餌釣りをなさる方は、なんかどっかで見たことのある形だと思いませんかね。

そう、胴付き仕掛けと何一つ変わるところがないダウンショットリグ。

海底から一定のタナでワームを泳がせるにはこうしたらいいんでね?

…という安易な発想で出来たこのダウンショットリグ、作成がめんどっちいのが難点です。

ラインの強度を調整して作れば、オモリが根がかっても仕掛けが壊れずに回収できる(かもしれない)という利点もないこともない。

スコシは、使ったことありません。

ノーシンカーリグ

直リグからシンカーを取り除いたような、まさにオモリの無いリグ。

通常のロックフィッシュロッドではかなり扱いづらいリグですが、メバリングロッドやアジングロッド、通称ライトゲームロッドのある方は、ぜひ挑戦してみよう。

細かい話になりますが、塩が練りこんであるワーム(ゲーリーヤマモト製)など、比重の大きいワームを使わないと本当に何をやってるのかわからなくなります。

もっと細かいことを言うと、これを使う場合は比重が大きく水に沈むフロロカーボンラインを使うのがベスト。

「ラインの重さでワームを沈めつつ海中を漂わせる」という釣法に挑戦できます。

積極的に泳ぎ回っているソイには結構効くかと。

スコシは滅多なことではやりませんが、たまーに使って釣れたり釣れなかったりしています。

ワッキーリグ

専用のフックを使って、ワームの真横から刺すというノーシンカーの亜種。

これは1.8gジグヘッドを使った「ジグヘッドワッキー」という、亜種のそのまた亜種ですが、とにかくワームをちょん掛けするというリグ。

ラインの方向と90°ずれた形で刺ささるワームの抵抗は思いのほか大きく、ゆっくりゆっくり沈んでいきますし、アクションを加えればその抵抗で「何をやってるか」が良く伝わってくるよ。

イソメ型ワームなどで有効だったりしますが、小魚系でも行ける行ける。

事実、上記写真のワームは2インチの小魚系(テール食いちぎられた)で、直後に大物を仕留めたよ。

スコシは以前は結構これ使ってビシバシ良い思いをしていたんですが、最近は使ってないね…なんでだろう。

専用のフックというのは、こういうの。

ネコリグ

根こそぎ釣れるからネコリグ…という説もある、このネコリグ。

ワッキーリグにワッキー刺ししたワームの頭にシンカーを埋め込んでやろうというリグ。

一体誰が考えるんだろうね、こういうの…。

4~6インチくらいのイソメ型ワームで特に有効とされます。

埋め込むシンカーは、ネイルシンカーという釘状のもの。

スコシは、これも以前はたまにやってたんですが、最近はイソメ型ワーム自体を使うことが少なくなって、しばらくやってないね。

スプリットショットリグ

これまたノーシンカーの亜種というか、ノーシンカーの先祖というか?

ノーシンカーだと何やってるかわかんないし流れにも負けすぎるしワームが沈んでいかないし…という贅沢な悩みをウキ釣りの世界で使われるガン玉を用いて解消するリグ。

ノーシンカーより少しだけ重いので、遠投性もほんのわずかにアップするかも、誤差の範囲かも。

メバリングの世界では、ガン玉の代わりに「飛ばしウキ」という、重くて遠投性に優れて「ほんの少しだけ沈む」ようなウキをつけて投げることがあります。

おしまい

いかがでしょうか、他にもたくさんのリグが考案され、流行っては廃れ、というのが繰り返されています。

ここでは、釣り人の執念は海より深く創造性は留まるところを知らないというのだけが伝われば良いのかなと思います。

ジグヘッドリグとテキサスリグだけあれば問題なく釣れるとは思いますが、例えば

  • スナップを使う方はテキサスの代わりに直リグでリグ組みを簡単に
  • 沈みテトラの真上を泳がせたいときはノーシンカーやワッキーで根掛かり回避しつつスローに
  • 全然釣れないから他のリグも試してみよう

…という風に、場面場面に応じて使い分けられると釣果アップに繋がるかもしれませんし、めんどくさくて基本のジグヘッド+テキサスに戻っちゃうかもしれません。

「その他のリグ」のご紹介でした。

その他のページは、こちら