バレルを磨こう

2020年6月5日


皆さんバレル磨いてますか?

バレルを洗ってメンテナンスする方はたくさんいらっしゃると思います。

[blogcard url="https://metalfisher.com/darts_top/washing/"]

磨く人は、さすがにあんまりいないかもしれませんね…。

徹底的に研磨してピカピカになったバレルは、投げるのも惜しいほどの芸術品へと昇華します。

…言い過ぎかな。

ともあれ、磨いたらどうなるのか、どうやって研磨するのか、ご紹介してみます。

磨くってどういうこと?

まず最初に

コーティングされたバレルを磨くとコーティングが剥げる恐れがありますので、厳に注意してください

乾いた布で乾拭きして鈍く光る艶を出して…という革製品じゃなくて。

ダーツ用(つまりタングステン用)のクロスやダイヤモンドペーストを使って拭き拭きするのが簡単ですね。

打痕やスレ傷を消す、さらに徹底的に磨いてピカピカにしたいということであれば、紙ヤスリなどを用いて磨きあげることです。

一例ですが、ここまで輝きます。

市販用品を使って磨こう

汚れを落とすこととも重なるのですが、クリーニングクロスが販売されています。

よく黒ずんでしまうシルバーアクセサリーを磨く要領で、タングステン用のクロスを使って磨こうという方法。

クロスを使うのは、とても簡単。

買ってきて縦横に拭いて拭いて拭きまくってあげる。

ダーツ屋さんに聞いた話では、無心で磨き続けていたらカットが削れて物凄く投げづらくなったらしいので、注意する必要があるそうです。

ほどほどにしよう。

ジョーカードライバーから出ているダイヤモンドペーストというものもあります。

これは、ペーストをバレルに塗って、布(それ用の純正品もあります)で拭いて拭いて拭いていく方法。

これだけでもピカピカになるよ。

紙ヤスリなどを使って磨こう

この方法はバレル本来の質感やカットに甚大な影響を及ぼす可能性があります

実施される場合は厳重な注意と自己責任にてお願いします

ちなみに、Twitterの「おかか」さんより伝授していただいた方法を、やっちなりにアレンジした方法です。

クロスやダイヤモンドペーストに比べて遥かに美しく輝きますが、カットへのダメージも遥かに大きいので、ホントご注意。

必要な道具

  • 先端部を絞れる電動ドライバー
  • 耐水ペーパーや布ヤスリ、フィルムなど(400番〜8000番、適度な間隔で)
  • ノーマル形状の、いらないシャフト
  • 軍手など

結構必要なものは多いです。

先端を絞れる電動ドライバーとは、こういうの。

規格のドライバーヘッドしか付けられないものは使えないので、ご注意です。

やり方

電動ドライバーにシャフトを挟んで、回転させながら耐水ペーパーを粗いものから細かいものへと当てていくだけです。

耐水ペーパーの使い分け

打痕や擦り傷を消したいときは、番手の粗い、つまり数字の小さい紙ヤスリから始めましょう。

粗いものから細かいものへと徐々に変えていくのが基本です。

粗くても400番かな。

240番なんてのもありますが、ちょっと傷がつきすぎるような気もします。

気がするだけですが、ホントに個人的にはオススメしません。

他の方からの情報も総合しますと、打痕すら消したいときは400番〜600番辺りで物凄く長い時間電動ドリルを回してガンガン削っていくようです。

─ 打痕を消すほどやるなんて、削りすぎ!

…と思われる方もいらっしゃいますね。

新品やあまり使っていないバレル、その他、打痕は勲章として残しておきたいとき、その他の事情があるときは、1000番からで十分じゃないかな、というのがやっちの経験則です。

やっちの場合、そこから2400番、4000番、6000番、8000番と続けて、そこでおしまいです。

なお、番手の細かいものは布ヤスリやフィルムを使っています。

いずれも模型屋さんやヨ〇バシ等のガンプラコーナーに置いてありますね。

13000番などのコンパウンドを用いて徹底的にやる、という方もいらっしゃいます。

ちなみにですね、ちなみにですね。

縦カットやスパイラルカットがあるバレルについては、特に粗い番手で一方向だけで回すと、そうしたカット部分にメクレが出来てしまうことを確認しています。

特に粗い番手では、電動ドライバーを逆回転させてほんのり削り、メクレを取ってあげることをオススメします。

カット内側の研磨

徹底的にピカピカにしたくて、たまにやります。

縫い糸にダイヤモンドペーストを塗り込んで、カットに引っ掛けて電動ドライバーを回すことで、溝の内側を磨くことができます。

荒削りから始めたい時は、耐水ペーパーを折って、折り目をカットの内側に当てて電動ドライバーを回します。

そこまでやるか!?…ってレベルですが、やりたい時というのもあるのです。

やっちはダイヤモンドペースト糸くらいしかやらないですが。

縦カットやスパイラルカットの内側を磨く方法がまだわかりませんで、これは試行錯誤というか諦めたというか…。

ダイヤモンドペーストを歯ブラシに塗って縦に磨いてみたんですが、全然効果はなかったです。

注意点

  • 電動ドライバーの回転方向を間違えないこと
  • 相当な摩擦熱が出るので水研ぎ、つまり適宜水をかけてあげること
  • 摩擦熱で火傷しないために軍手を履くこと
  • やりすぎてカットを削りすぎないこと

等々。

電動ドライバーの回転方向を間違えると、バレルがシャフトからどんどん緩んできます。

基本的には、バレルとシャフトを締める方向に設定して、回そう。

上に書いたとおりメクレを削り落とすには反対側に回転させて、シャフトから外れないように軽く当ててあげるのがよろしいかと。

水研ぎは、刃物を研いだりプラモデルを作っている方々が特にお詳しいと思いますが、耐水ペーパーを濡らしてから磨き始め、水気がなくなる前に水を足し、水気を切らさずにやりましょう。

やっちの経験では軍手が必要なほど熱くなったことはありませんが、おかかさんからは必要だと教えていただきました。

ちなみにやっちは素手でやってます。

また、やりすぎてカットを削りすぎると投げるのに支障が出ることはクロスの項に書いた通りですが、削られ具合は遥かに大きいと思います。

これは好み次第ですが、おかかさんは3000番〜4000番くらいで磨くのが、投げ心地良いとのこと。

やっちは、カットは薄い方が好きなので、8000番までやります。

やってみて投げづらかったらカットの部分だけ荒い番手で削ることで、カットそのものの復活はしないにしても、指に掛かりやすくなって投げやすくなるかもしれません…

…が、やっちはそういうことした事ないので、自己責任にてお願いします。

ビフォーアフター

どれも新品ですが、磨くとこうなります。

違うかな?違わないかな?

自己満足??

手前と奥が磨いたもので、真ん中は新品箱出しそのままです。

良いんです、いろいろ手掛けたバレルは愛着が湧き、必ずや良き相棒×3として活躍してくれるはずなのです。

ターゲットに入るかどうかは別として。

おしまい

いかがでしょう、バレル磨き。

やってみたくなった?

市販用品を使う分には、よっぽどやりすぎない限りは問題ないと思います。

ヤスリで磨くのは…やってみれば意外と簡単ではありますが、大切なバレルに何が起こるかわからないという不安があると思います。

やっちも責任持てませんので、その旨ご注意ください。

磨いたあと、更に賭けに出たい勇者様は、こちらもどうぞ

[blogcard url="https://metalfisher.com/darts_top/burning"]