やっちのダーツセッティング

2020年5月31日


おつかれさまです、やっちです。

やっちが今どんなダーツセッティングにしているか、ご紹介したいと思います。

ソフトダーツ

今は、こういうのを使っています。

トルピード型。

ティップ

エルスタイルより、リップポイントNo.5

バレル

今は亡きMonsterというメーカーより、Leveret2 No.5というバレル。

No.5というのはティップのネジ穴の規格なので、Leveret2までがモデルの名前、レベレット2と読みます。

少し加工をして色味がついていますが、元々は銀一色です。

だいぶ磨き上げてピカピカにしてますが、元々はマットな質感です。

廃盤ということもあって予備を確保しておりまして、やっちは予備レット2 No.5と呼んでいます。

シャフト

コスモダーツより、フィットギアというシャフト、4番スリムです。

4番というのは、ネジ基部からフライト先端までが28.5mmだね。

フィットといえば、風車のようにフライトがクルクル回るものが有名ですが、やっちはロックタイプ、回らないものを使っています。

回るの気持ち悪くてさ、なんか。

スリムタイプを使っている理由はただ一つ、カッコいいからです。

色がクリアなのは、後述のフライトに合わせるためです。

フライト

シャフトがフィットである以上、フライトもフィットです。

一体成型フライトとしてエルスタイルとシノギを削り、その間にエイトフライトというのも出てきましたが、とにかくフィットの一体成型フライト。

その薄型モデルのFit Air、形はシェイプです。

色は、綺麗だから。

スティールダーツ

最近、スティールダーツも始めました。

スティールダーツは、こんな感じ。

ポイント

ユニコーンのスペアポイント、エクストラロングの6グルーヴ。

他に使いたいポイントがあったんだけど、やっちの使っているバレルは相性によって入らなくてさ。

ユニコーンの製品なら入るかも、と言われて、確かに入りました。

バレル

今は亡きMonsterというメーカーより、Leveret2 Steelというバレル。

Steelというのはスティールダーツだよという意味なので、Leveret2までがモデルの名前、レベレット2と読みます。

少し加工をして色味がついていますが、元々は銀一色です。

だいぶ磨き上げてピカピカにしてますが、元々はマットな質感です。

廃盤ということもあって予備を確保しておりまして、やっちは予備レット2 スティールと呼んでいます。

シャフト

ダーツ用品の老舗、ハローズのカーボンプラスシャフトより、ミディアムという長さ。

トップまで47mmだそうだよ。

フライト

折りたたみ式フライトです。

昔は紙フライトとか言われてましたが「折りたたみ式フライト」と言うのが一般的になりつつあります。

形はシェイプ。

まとめると

ソフトもスティールもレベレット2。

同じモデルでも投げ心地は少し違う。

重心の位置とかね。

けど他のモデルに比べたらとても似ている。

シャフトとフライトは全然違う。

以上!