【インプレ】SONY HDR-AS300/300R


おつかれさまです、スコシです。

ソニーのアクションカム、HDR-AS300のライブビューリモコン付属モデル、AS300Rを導入しました。

GoProと迷ったのですが、バッテリー関連の取り回しという点と、縦長の方が頭の横に付けやすいという点ソニーさんに決めました。

頭の横につけたい理由は、釣りだとヘッドライトを頭の正面に装備するから。

ヘッドライトが必要なほど暗い時に動画を撮るかどうか、撮れるかどうかは、別の話だけども。

基本性能

HDR-AS300/300R

防滴

─公式サイトより。

開封

新しいおもちゃは、テンション上がるねぇ…うんうん。

スコシの購入したAS300Rは、ライブビューリモコンが付いてるので、こういうことになっています。

リモコンなんてなくても、スマホで操作できるしスマホでライブビュー出来るよ。

出来るんだけど、釣りしながらスマホ取り出すのって結構大変だね。

腕時計型のマウントで手首に装備して使うつもりさ。

スコシの場合はそういう事情があるのでライブビューリモコン付きのモデルを購入しましたが、用途次第ではリモコンなくても良いと思う。

ただ、リモコンだけ後から買うっつーことは出来ない不親切ラインナップなので、迷うならリモコン付きの方がよろしいかと。

付属品は、こんな感じ。

充電ケーブルとか、水深60mまで耐えられる防水ケースとか、リモコンの充電器とか。

本体

手のひらに乗るサイズで、小さい小さいです。

レンズは少し前に飛び出すと共に、周囲にも広がっているね。

やっぱり小さい小さいです。

通常のカメラの三脚に使うネジがついてるよ。

ライブビューリモコン

意外とずっしりしていて大きくて、スコシが愛用しているG-SHOCKよりゴツい。

本体と違ってリモコン自体は防水なので、各ボタンがゴムのような被膜で覆われていて、ちょっと押しづらい。

防水ケース

こういうの。

かなりしっかりとしているね。

さすが60m。

耐衝撃ケース的な使い方も出来そうですが、重たくなるのでスコシは使わない予定です。

でも、あげないよ。

使用感

本体

設定次第ですが、電源OFFの状態から本体のRecボタンを押すと、一瞬で録画が開始できます。

これは便利ですが、ポケットやカバンの中で誤作動を起こす可能性も否定はできない。

設定でこの機能をオフにも出来るので、その場合は「電源ボタンを押す→Recボタンを押す」という2段階。

本体自体にスマートロックがあれば良いんだけどさ…ないね。

ライブビューリモコン

手元でカチカチやってサッと録画…という程ではなくて、少し手間がかかります。

ライブビューリモコンの電源ボタンを押せば、カメラ本体の電源も同時に入る。

これは良いぞ。

良いんだけど、wi-fi接続するのに20秒くらい時間がかかる。

そういう意味ではスマホで操作するのと変わらない気がするね。

もっと言うと、スマホをトントン操作してスマホのカメラを立ち上げてビデオ録画…というのと時間的には変わらないとも言える。

良いのか、これでいいのかリモコンって感じ。

ただ、予め電源を入れて接続しておいて、ここぞという時にRec開始、だなんて使い方は、十分に出来そうね。

ライバル社製品との比較

これが一番重要かもしれない。

スコシも、とても悩みました。

ライバル製品がありますよね、GoProって言うんですけどね。

細かい仕様は置いとくとして、あっちは

  • 本体自体が10m防水
  • 手ブレ補正が甘め
  • ほんのり横長、薄型
  • マウント形状が特殊
  • 給電しながら撮れるかどうか
  • 本体で画像や動画を見られるか

等の違いがあります。

本体の防水性

ソニーのAS300は、防水ではなくて防滴。

つまり雨が降った程度なら平気だけど、水に沈めたり思いっきり水がかかったりしたら、アウト。

GoProは本体自体が防水なので、海や川で遊ぶときでも安心です。

もっと沈むときでも、さらなる防水ケースがGoProにもある。

とはいえ、スコシはダイビングどころか泳いだり水遊びをしたりしないので、本体は雨に耐えられれば十分と思いました。

超長い自撮り棒使って岸壁から水中にカメラを入れて撮影…も、たぶんしないし。

そんなことやるなら防水ケースに入れればいいしね。

手ブレ補正が甘め

ここはスコシも悩みました。

サイクリングとかツーリングやドライブ、スカイダイビングやスキーやスノーボード等々で使うには、なるべく強力なブレ補正が欲しい。

その点は、光学補正なSONY製の方に軍配が上がります。

でもスコシは釣りと猫さんくらいしか撮らないし、そんなに強力じゃなくても良いかなと。

でも補正が強いならそれに越したことはない…。

ほんのり横長

SONYのアクションカムは、縦長。

一方でGoProは、ほんのり横長の長方形。

スコシが考えていた用途としては、釣りをしながら撮るということ。

ヘッドライトを頭の正面に付ける以上、カメラは頭の横に付けたいね。

そうなると縦長の方がいいかなと。

ただし、チェストハーネスを使って胸で撮る場合は、薄型のGoProの方が良いかもしれない。

これは好みの問題になってくると思いますが、スコシは自分の視線とカメラを合わせたかったので、装備するなら頭。

マウントの形状が特殊

つまり、GoProとSONYのアクションカムでは使えるアクセサリーに互換性がない。
SONYのアクションカムは、前述のとおり通常のカメラの三脚で使われるのとまったく同じネジを使います。

つまり、既に持ってる三脚等が使えるっていうこと。

一方でGoProは、独自規格のマウントを採用しているので、普通の三脚を使おうと思ったらアダプターを1枚噛ませなくてはならない。

ソニーのアクションカムをGoProマウントに変換するアダプターも存在するので、どちらを買っても強引な互換を達成することは可能ですが…ともかく、そういう違いがあります。

給電しながら撮れるかどうか

結論から記せば、どちらの製品も出来ます。

が、GoProの方は、フレームをつけてマウントをつけて装備すると、端子にアクセス出来なくなるという致命的な欠陥が。

サードパーティーのフレームなら大丈夫とのことですが、ちょっと強引だね…。

ソニーのアクションカムは、その点は問題なく、給電しながら撮影が可能です。

ただ、どちらも余計な発熱があって、カメラが停止してしまう恐れがあるのでそこだけは注意。

本体で画像や動画を見られるか

これは圧倒的にGoProの勝ちです。

本体に液晶タッチパネルが搭載されていて、その場で確認できます。

ソニーのアクションカムは、ライブビューリモコンを使えばライブビューは可能ですが…

とはいえ、どちらもスマホとwi-fiで繋いで確認することは出来ます。

ひと手間かかりますが、果たして「装備したカメラの本体で確認」という作業が必要かどうかは、しっかり考えた方が良いと思います。

旅先で街中で撮ったり自撮りをされる方は、あると便利。

スポーツシーン等で使う方は、そうそう頻繁には、「体から外して本体で確認」なんてことはしないかと。

でも出来ないよりは出来た方が良いさね。

どっちがいいの?

スコシが考えた結果は、こうだ。

ソニーのアクションカムをオススメする方

  • 特に頭の横に装備したい
  • 強力なブレ補正が欲しい
  • 既にデジカメを持っていて、自撮り棒や三脚を兼用したい
  • 陸上での使用

GoProをオススメする方

  • 体の前面に装備したい
  • 豊富なアクセサリーを使いたい
  • 水遊びでも使いたい
  • 撮ったものを手軽にその場で確認したい

といったところでしょうか。

スコシは、本体の防水は不要で頭の横に装備したくて一眼レフの三脚も活用出来て…な感じで、ソニーのアクションカムを選びました。

スコシはこう使う(予定)

スコシが想定している使い方は、こうだ。

  1. 夕方、日の高いうちに釣り場に到着
  2. 車のところで釣りの準備
  3. この時既にヘッドライトを装備し、アクションカムは頭の横にセット
  4. アクションカムとモバイルバッテリーを繋ぐ
  5. 給電しながらループ撮影(車のドライブレコーダーと一緒)して、釣り
  6. 釣れたら動画保存
  7. 家に帰ってニヤニヤしながら動画鑑賞

…と。

完全に日が落ちたあと、港の光だけで撮影が可能かどうかは、やってみないとわからないね。

撮ることを第一の目的とするなら、常夜灯の近くでやることになるかな。

釣ることを目的とするならこれまでどおり。

おしまい

ソニーのアクションカム、HDR-AS300Rのインプレと使用法(予定)などを記しました。

少し脱線しますが、チラッと記したけれどもスコシは一眼レフを持っていて、猫さんばっかり撮っています。

一眼はけっして安くない買い物でしたが、撮れる猫さんの綺麗な写真は、かけがえのないものです。

アクションカムも同じだね、積極的に使っていって、良い動画を撮ったり楽しい思いを出来れば勝ち。

使いこなせなくてお蔵入りになれば、遠からずドナドナされるかと(小声)


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA