ライトロッドについて


おつかれさまです、スコシです。

ぼんやりとPCを眺めていて、ライトロッド全般について記していなかったなぁ、などと思い立ちまして。

ヤマガブランクスのブルーカレントシリーズのことばかりだったね。

あとは、スコシがライトゲームロッドに辿り着いた理由についてね。

ここではソイ釣りに限らず、ライトロックにも使える数多のロッドの中から、スコシの所持経験や借りてみた経験、評判等々を加味してご紹介してみたいと思います。

ブルーカレントのことも改めて書きます。

だってヤマガブランクスだもん。

ここで言うライトロッドとは

改めて考えると、難しい。

いわゆるライトゲームロッドと言えば、「メバルやアジをターゲットに据えたロッド」とでも言いましょうか。

ノーシンカーや0.8gジグヘッドに2インチのワームなどを気持ちよく投げられる柔らかさ、突つくようなアタリを拾う繊細さが特徴です。

今回話題に挙げたいのはそういうロッドとは少し違って、ソイやアブラコといったロックフィッシュ全般の重い突っ込みに耐えつつ、それでいてノーシンカーや1.8gジグヘッド等のライトリグを扱いやすい、そんなロッドを考えたい。

ライトロックフィッシュロッドとでも言おうかね。

一応の大まかな目安としては、1g~な適合ルアー、適合ラインが6lbs前後といった表記のものを対象とします。

適合ルアー

平均的なワームは約3gなので、1g~を投げられるならノーシンカーが扱えることになる。

一応、ね。

ロッドによっては、最低適合ルアー表記が無いものもあります。

もちろん、なんぼ硬いロッドでも、軽いリグというのは投げようと思えば投げられる。

でも扱いやすいかどうかは別の話だね。

Max10gくらい、硬くてもMax14gくらいまでが良いのかなと思います。

きっと、ライトロッドをお求めの方は「ライトリグを快適に扱いたい!」という風に探していらっしゃるのだろうと思います。

重いリグは重いリグで、別のロッドで扱うことを想定していらっしゃるんじゃないかな。

もちろん最初の1本としてライトロッドを選ぶのも良いですし、ライト派のスコシとしては嬉しい限りです。

とはいえ、ソイ釣りにはとても良いけれど、アブラコも含めたロックフィッシングを視野に入れるなら、もう少し汎用性の高いものを選ぶ方が良いのではないかなと思います。

適当な例では、5g~21gとか。

適合ライン

適合ライン6lbs.というのは、ただ魚の引きに耐えるには十分。

4lbs.でも良いくらい。

でも、少し底ズレして摩耗することを考えると最低でも6lbs.は欲しいなぁというのがスコシの感覚です。

ライトロッドで扱うライトリグではスイミングしかしないよ、摩耗させないよ!

…という方なら、たぶん4lbs.くらいまで落としても大丈夫だと思うけど、自己責任でどうぞ。

軽いリグをあんまり太いラインで扱うと、ラインの浮力に負けてリグが意図したとおりに動かなかったり、ラインを張ろうとしてもリグが動いてしまって何が何やらわからなくなる。

だからライトなリグを扱いたいなら細いラインを使うのが基本。

ナイロンやフロロカーボンの1号4lbs.や1.5号6lbs.な細いラインでは強度が心配…というならば、0.6号くらいのPEライン+リーダーというのも視野に入れよう。

そういう意味でも、ソイ釣りなら6lbs.もあれば問題ないんだけど、アブラコ等も視野に入れた初心者ロックフィッシャーの方にはオススメしづらいところがあります。

とはいえ8lbs.くらいまでなら1.8gジグヘッドの扱いは問題なく出来るので、ラインのことはあまり気にしなくて大丈夫かもしれない。

リール

補足説明的にリールについても記しますが、2500番が良いです。

0.4号PEとかを使う場合には、ラインだけ見れば2000番やC2000番も視野に入りますが、実際に使ってみると巻き上げ力やロッドとのトータルバランスで、やっぱり2500番が良いね。

つまり普通のロックフィッシュロッド等と同じものを使うのが良いってこと。

ライトロッドの具体例

2019年3月現在、スコシが把握しているライトロッドをいくつかご紹介したいと思います。

先にも記しましたが、実際にスコシが持っているものや以前持っていたもの、借りたことのあるものや評判の良いものを挙げています。

ちなみに掲載順は、オススメ順でも価格順でもスコシのお気に入り順でも何順でもありません。

アブガルシア ロックスイーパーリミテッド NRS-832LH -F

塩津氏監修の8フィート3インチのティップがL(ライト)アクション、バットがH(へヴィー)アクションのパワーフィネス、スピニングモデル。

1g前後の軽量リグを遠投可能なキャスト能力と繊細なアタリを捕らえるティップ。

強靭なベリーとバットパワーを持つ、フィネスとパワーが融合したスペシャルモデル。

公式サイト

塩津氏って知らんけど。

  • 長さ:8フィート3インチ
  • 適合ルアー:0.8g~11g
  • 適合ライン:4lbs.~12lbs.

このロッドは一時期スコシも所有していましたが、ほんっとうに良いロッドです。

独特のグリップがカッコいい。

実際にノーシンカーで投げるのは少々厳しかったけれど、1.8gジグヘッド以上なら大丈夫。

上は11gまでと書いてありますが、投げやすいのは5.3gくらいまでかな。

ティップがLでバットがHということで、食い込みは良く、食い込ませた後は安心してやり取りができます。

これは難点でもあって、ティップと裏腹にバットがあまりにも強靭なので、曲がらない。

キャスティングのときも曲がらないし、ファイト中も曲がらない。

でも大物が来ても安心。

そんなロッドでした。

ノリーズ ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO711LS2 “MID RANGE SWIM & TWITCH”

軽いジグヘッドリグでのスイミングやトゥイッチでの中層攻略のためのスペシャルアイテムが「711LS2」。1/8oz+3インチワームでもノー感じになることなくダートアクションさせられる繊細なティップセクション。壁や根から飛び出してくるカウンターバイトにもスムーズに追従するベリー。しっかりフッキングを決めるトルクのあるバットを備えます。

公式サイト

  • 長さ:7フィート11インチ
  • 適合ルアー:5g~18g
  • 適合ライン:4lbs.~10lbs.、PE0.4号~1号

ライトロックフィッシュロッドというには少々ゴツいかもしれませんし、スコシは触ったことどころか見たこともありませんが、あまりにも有名であまりにも大人気なのでご紹介します。

「北海道のロックフィッシュトーナメントシーンはRPOが席巻」「RPOを買っておけば間違いない」「これ以上のロッドはない」「どこもかしこもRPOで面白くない」などと言われることもあるほど根強い人気を誇るロックフィッシュボトム パワーオーシャン。

所有者の声を伺うと「ついにゴールした」とか「もう戻れない」とか「今までのロッドは何だったのか」などと聞こえてきます。

どうやら凄いロッドらしいね。

スコシは、個人的信条がありまして、このロッドに手を出すつもりはありませんが、最高(らしい)をお求めであれば、ぜひご検討を。

ヤマガブランクス ブルーカレント 77TZ/NANO Stream-Special

ブランクに採用した東レ㈱の新素材「ナノアロイⓇテクノロジー」により、負荷のかかる流れの中でもロッドの反発力を失わずに高い感度と操作性を維持することに成功したスペシャルシチュエーションモデルです。使用ルアーの範囲も広く、潮流場での流し釣りから、河川のプラッギングなど玄人好みのフィールドで真価を発揮するでしょう。

公式サイト

  • 長さ:7フィート7インチ
  • 適合ルアー:Plug 2g~9g/Rig 1.5g~13g
  • 適合ライン:PE 0.3号~0.8号

詳しいインプレは、こちらの記事をどうぞ。

このロッドは2019年3月現在、スコシ史上最高のメインロッドとして、一番の活躍をしております。

マジおすすめ。

昨今のロックフィッシュシーンでは、どちらかといえば僅かに短めと思えるかもしれない、7フィート7インチ。

リグは、ノーシンカーから5.3gジグヘッドくらいまでを快適に操作可能で、7gジグヘッドも問題なく扱えはします。

7gは、けして快適じゃないけど。

0.6号のPEラインを扱え、柔らかすぎず硬すぎない、粘りがあって反発力のあるバット。

このロッドについては語るといくらでも長く出来てしまうので、この辺で。

DAIWA 月下美人 83ML-T

他のアングラーが届かない竿抜けポイントにアプローチできる遠投ロッド。遥か遠くのバイトも手元に伝える高感度チューブラートップを採用。遠くのバイトも確実にフッキングにつなげるファストテーパー設計。フロートリグ・キャロライナリグで竿抜けポイントを狙うのに最適。

公式サイト

  • 長さ:8フィート3インチ
  • 適合ルアー:3g~10g
  • 適合ライン:3lbs.~8lbs.

典型的なハード系メバリングロッドです。

というか、ホントのメバル用シリーズだからね、DAIWAの月下美人。

これは軽く振ったことがありますが…良くも悪くも特徴がない…かなぁ…。

「これはどうかなぁ」だなんて問題点もないけど「これがウリだ!」みたいな点もないような。

ここに挙げているなかでは適合ラインが一番弱いということは、つまり柔らかいロッドと言えます。

ソイ釣りには良さそうだけど、アブラコの強烈な突っ込みに耐えられるかどうか…ちょっと不安かもしれないね。

おしまい

ライトロッドについて、ざっくりとご紹介しました。

釣りというのは「普通のロッド」が1本あれば成立しますが、ライトなリグやヘビーなリグ、それらを使ってどういう釣り方をしたいか、に合わせて道具を選ぶというのも楽しいものです。

道具沼にハマると、大変なことになるけどね…。

既に普通~ヘビー寄りのロッドをお持ちの方は、お手持ちのロッドで扱いやすいリグの最小重量に応じて決めていくと良いと思います。

最初の1本としてロッドをお考えの方には、ライトリグに特化したこれらのロッドよりも、なるべく幅広い適合ルアーを持つロッドをオススメしております。

最初の1本としては「現状考えられる限りにおいてまず絶対にソイしか狙わない」とか、「ライトリグしか使わない」とか、「遠からずヘビーリグ対応のロッドをもう1本買う」とかいう方に限り、ライトロッドがオススメ出来るってところかなぁ…。

でもわたくし好きですよ、最初の一本からして極端に行くのは。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA