【インプレ】Duel ハードコア ヘビーシンキングミノー 50


おつかれさまです、スコシです。

今回は、スコシが大変信頼しているミノーその2、Duel(ヨーヅリ)の「ヘビーシンキングミノー」の50mmをインプレしたいと思います。

その1「ミノー70S」は、こちらをどうぞ。

従来の「ヘビーシンキングミノー」自体は廃盤になって、70mm、90mm、110mmは「ヘビーミノー」として生まれ変わりました。

で、50mmは「ヘビーシンキングミノー 50」として生産と販売が続いています。

スコシが持ってるのは「旧ヘビーシンキングミノーの50mm」と「ヘビーシンキングミノー 50」で、もしかしたら新旧違うところもあるかもしれませんが、まあ多分大体一緒だよ。

なお、ハードルアーの種類については、こちらをご覧ください。

また、スコシがハードルアーを使う理由についてはこちらをどうぞ。

ヘビーシンキングミノー50

「ミノー」とは異なり、コロンとした感じのヘビーシンキングミノー 50。

50mm=約2インチというだけあって、やっぱり小さいね。

  • 重さ:6g
  • 潜行深度:20cm~100cm
  • 飛距離:40m

概ね、ミノー70Sを横に広げて縦に短くした、そんな形態です。

カラーラインナップ

これまた釣り人を釣るために様々なカラーが出ておりまして、詳しくはは公式サイトをご覧下さい。

スコシがよく使うのは

  • 旧型ピンクヘッド(廃盤)
  • ライムティップシャイナー(上記の写真)
  • レッドヘッド

です。

ピンクヘッド、好きだったんだけどね…なんで廃盤になってしまったのか…。

ちなみに3つほど予備在庫を抱えてますが、あげないよ。

もう手に入らないと思うと、もったいなくて使えないね…。

使用感

フックの交換

使用の前に、50mmはフックサイズが小さいので、少しだけ大きなフックに換装しています。

具体的には、#12から#10に。

SI単位系を使え、SI単位系を。

before

after

ちょっと凶悪になった感じだよね。

そう思うの、スコシだけかな。

むやみにフックを大きくすると、フック同士が絡まってしまう恐れがあります。

こんな風に。

こりゃ失敗したな…というわけではなくて、絡むかどうか確かめようと思って強引にガチャガチャ弄ったら、やっと絡まったというもの。

通常の使用ではまず絡まないと思います。

なんでフックを交換したかというと、ひとつは単純にフックが小さすぎると判断したから。

もうひとつは、ほんっの少しでも沈降速度を早めたり潜行深度を深めたりしたくてね。

誤差の範囲のような気もするけど。

トータルバランスが崩れる可能性があるので、フックの交換は自己責任でお願いしますね。

使用感

感覚的なものですが、ミノー70Sよりは速く沈んでいくように思えます。

誤差の範囲かも。

それでも1.8gジグヘッド+ワームより十分遅い。

飛距離も公称のとおりミノー70Sと同じくらいかね。

40mというのはきっと達人が投げた時の話であって、スコシが投げたら30mくらいだろうね。

釣り方と釣果

これも、ポンポン釣れます。

ソイ以外も。

よくこのサイズを食えると思ったよね、このガヤ。

食うんじゃなくて追い払おうと思ったのかね。

釣り方は、ミノー70Sと一緒。

根掛かりを恐れず底まで沈め、そうは言っても底を検知することは出来ず、リフト&フォールやジャークなど。

横の釣りでも、スローなタダ巻きで威力を発揮するはずですが、スコシはあまりやらないのでなんとも…。

効くはずだよ、理論上は。

ミノー70Sとの違いは、その小ささ。

小さいながらもしっかり波動を出しているようで、恐ろしい子です。

スコシの抑えの切り札、カルティバ リングキックテイルの如し。

単純なビジュアルではなく、見た目以上の「存在感」でもってアピールしているとスコシは認識しています。

おしまい

ハードルアーの方が釣れそう

という感触を得る時というのは結構あって、スコシは必ずハードルアーケースを携行しています。

そのケースの中で最小ながらも一番実績があるのが、このヘビーシンキングミノー 50だったりします。

6gという重さはミノー70Sと同じで、沈降速度や潜行深度もほぼ一緒。

細長いミノー70S、太短いヘビーシンキングミノー 50といった使い分けです。

ちなみに

ヘビーミノーの70mmは重さが16gあって、潜行深度は80cm~200cm、飛距離は60mです。

こちらはスコシは使ったことがないのですが、先日ひとつ購入しましたので、今シーズン投入してみたいと思っています。

16gもあれば、ソイ釣りに使うロッドなら「軽すぎる」ってことはないと思います。

ライトゲームロッドでは少々厳しいかもしれませんが、スコシの手元には今ブルーカレント93TZ/NANOがあるからね。

まだスコシ自身が実績を出してないのでアレですが、ヘビーなロッドをお持ちの方は、ハードルアー入門にはヘビーミノーの70mm、良いかもしれませんね。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA