【インプレ】BlueCurrent 93 TZ/NANO


おつかれさまです、スコシです。

予想インプレを経て、店頭で在庫確保できなくて落ち込んでいたところにネットショップでラスト1つを見つけて即購入ボタンして、と紆余曲折ありました、BlueCurrent 93TZ/NANO。

公式サイトにおいても93TZ/NANOという表記と93/TZ NANOという表記が混在している状況は相変わらず。

ほらもう既にバナーと記述で表記が違う。

ヤマガブランクス公式サイト 新製品情報より

スコシはロッドに記してある93TZ/NANOという表記をします。

「北のソイ釣りスト」内でもいくつか表記が混在している気がしますが、いずれ直します。

おさらい

公式サイトの説明文

使い手次第で可能性は無限大のオールレンジ攻略ロングレングスモデル。その高い汎用性能から絶大な支持を得た85TZ/NANOオールレンジのパワーアップ&ロングディスタンス攻略用チューンモデルです。繊細かつ遠距離での感度、高い操作性を持ちつつ硬すぎないティップ、遠投に必要なパワーを作り出すハイパワーバットとの絶妙なバランスを徹底的に追求しました。アジ・メバル、ロックフィッシュはもとより、クロダイ・シーバス・エギングなど、あなたのスキルとアイディア次第で更なる攻略の幅を広げてくれるでしょう。

ヤマガブランクス公式サイトより

主要スペック

  • Length:9フィート3インチ
  • Weight:90g
  • Lure:3g~21g
  • Line:PE0.4号~1号
  • 適合スピニングリール目安 : D社製 2500番程度 / S社製 2500~C3000番程度

ファーストインプレッション

いつもながら、言葉が出ませんでしたね。

手に吸い付いて離れない感じ。

90gということで、80gの85TZや74gの77TZと比べて重いのかなぁと思いましたが、重さを感じさせない。

なんだろうね、どうしてこういうことが出来るんだろう。

実は脆かったりして…。

んなわけない…と信じたい。

公式サイトの画像を見てもわかるのですが、第一ガイドから継ぎまでの距離が結構あるね。

第二ガイドは、継ぎのすぐ近くにある。

ゴミが写りこんでるのは無視していただくとして、以前までのブルーカレントとは少しばかり違うところだね。

家の中で振ってみた

といってもピュンピュン振り回せるような家ではないので、水平に持って軽く振ってみたり、ホントは良くないなと思いつつ天井に当ててゆっくり曲げてみたり。

相変わらず収束が速い、安定のナノアロイ。

天井に当ててみると、心地よい反発力で手がプルプルしてきます。

目を閉じて絨毯や座布団の上をなぞって、ニヤニヤするスコシ。

釣り糸を通して消しゴムでも付けて、部屋の中で消しゴムの散歩をするともっと良いのでしょうね。

リールを付けてみる

適合リールの目安がD社の2500、S社の2500/C3000と言われています。

今スコシの手元にはS社の4000しかないので、これを付けてみる。

重い。

めっちゃ重い。

やっぱり2500だね…。

早く付けたい。

4000を付けて重心を検証した記事はこちら。

BlueCurrent 85 TZ/NANOとの比較

85TZについては、こちら

93TZで実釣に行けないので完全比較とは言えませんが、持ってみた感覚で比較をします。

より詳細な比較はこちらの記事をご覧ください。

大きさ

まず、85TZの方が短くて軽い。

スペック的に当たり前なのですが、たとえば77TZが74gと考えると90gの93TZは2割増、物凄く重い。

9フィート3インチのロッドで90gというのは驚異的に軽い部類ですが、「ブルーカレントとしては」重いです。

確かに重くはあるのですが、持ってみると持ち重りはしないね。

それだけバットエンドが長くて重いのかもしれない。

パワー

天井に当てて曲げたとき、85TZとの違いを感じました。

素直に入っていくティップに続く、ベリーの強さが全然違う。

最初は「いうても85TZを更にバット側に伸ばしたんかね」くらいに思っていたのですが、全然違った。

今まで持ってたなかで一番近いのは、アブガルシアのロックスイーパーリミテッドのNRS-832LH-F LIMITED。

L(ライト)のティップにH(ヘビー)のバットを備えるというハイブリッドの一本ですね。

ちなみにこれ、ロックフィッシングにはメチャクチャ良いライトロッドなので、売っちゃったけれども買い戻したかったりもします。

話が逸れました。

85TZも十分に強いロッドですが、93TZは更に強さが増しているよ。

これもう「ブルーカレント」っていうグループで良いんだろうかって感じ。


スコシならこう使う

85TZの記事では「この1本があれば他に何もいらない(物理)」と記しましたが、93TZは「この1本があれば他に何もいらない(強引)」といったところでしょうかね。

ハッキリ言ってソイ釣りに限るならば、かなりオーバースペックだと思います。

が、遠征候補地で遠投が必要な港に心当たりがありますので、そこで使おうかなと思っています。

こういう港やねん…。

外海に面する船道にテトラポッドが並ぶという、最高に狙いたい突堤は立入禁止。

手前の岸壁から船道まで、きっちり70mだ。

こういうの、今はGoogle Map(Google Earth)で測れるんだよ、良い時代になったものだ。

ともあれ対岸から70m遠投して船道を狙うしかないってことさ。

85TZか、それともシーバスロッドのBallistick 96MMH TZ NANOで狙おうか、なんて思ってました。

当ブログに頂いたコメントでは85TZの18gでも相当な飛距離の手ごたえがあると伺っております。

スコシは重いリグを投げることがあまりなくてキャスティングはへたくそですが、93TZなら多少は近くまで届けられるかも、と期待しています。

実釣インプレは、こちら

YamagaBlanksの、同じ「なんでもロッド」、BlueCurrent 85TZ/NANOとの比較は、こちら。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA