また蒙古タンメン中本に行ってきたぞ


おつかれさまです、スコシです。

キャスティングの方法について、図を更新いたしましたので、お知らせします。

パワポで作った手抜き画像だけど…これまでの手描きよりは、わかりやすいかと。

さて、蒙古タンメン中本の御徒町店に行って、一部店舗限定の「誠スペシャル」を食べましたので、報告いたします。

実は「誠スペシャル」を頂くのは2回目。

「激辛やべぇ、でもうめぇ!」というのが1回目の感想でしたが、果たして2回目となる今回は…

誠スペシャル

そもそも誠って何よ、誰よ、ということですが、蒙古タンメン中本の二代目社長、白根誠氏のことです。

一度だけ本人にお会いしたことあったんだけどね…写真は撮らなかった。

残念。

そんな、社長の名を冠した、真っ赤な真っ赤なラーメンであります。

今回の注文

いつもの「ラーメンと半ライス」という鉄板の組み合わせ、磐石の態勢で参ります。

誠スペシャル赤い赤い!

誠スペシャル辛い辛い!!

…辛すぎィ!!!

どんなラーメンなのか?

誠スペシャルは、ラーメンとは言い難いね。

いや、ラーメンっちゃラーメンなんだけど。

細かく細かく砕いた唐辛子のスープじゃなくてソースでもなくて、ペースト。

あの粘度は、関西風お好み焼きタネくらい。

別の例としては…うーんうーん、そうそう、ボロネーゼくらいかね。

とにかくあれはスープではない、ペーストである。

つまりラーメンというよりスパゲティに近い。

結局

…完食できませんでした、辛すぎて。

前もこんなに辛かったかなぁ…うーんうーん。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA