発達障害の検査をしたぞ⑤ PARS-TR


おつかれさまです、スコシです。

連日病院に行って、臨床心理士さん、たぶん公認心理師試験合格者さん(過渡期なんだ)によるPARS-TRというのを受けて参りました。

PARS-TRとは

問診形式の検査なんだけどね、本人の他に、本人の子供時代を知っている人と一緒に受ける検査。

要は三者面談だね。

通常は母親らしいけど、スコシは訳あって父親と。

ということで、親父殿に御足労願って病院に行きました。

受けてみた感想

たとえ親父であっても、人前で心の内を話すのは難しい。

疲れたよ…。

検査の内容は書いちゃよくないよね、あんまり。

自己診断は禁物だからね。

結果

Wais-3とAQ検査と総合して分析出来るのは早くても翌週。

場合によっちゃ翌々週とのこと。

スコシ、ASDになるのかな…。

問診票やら特徴やら、調べれば調べるほどASDに当てはまる。

むしろ、そうじゃないっていうか状況証拠が見当たらないよ。

ADHDも噛んでそうだしな…どうなるんだろうね。

自己診断は禁物だけどね!


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA