スコシ的キャスティングの方法


おつかれさまです、スコシです。

ここでは一般論として、ではなく、スコシが実際にどういうキャスティングをしているのかを記したいと思います。

まだヒラメ釣ってもいませんが、通じるものがあるということで、カテゴライズします。

グルメブログじゃないんだぞ。

キャスティングのおさらい

ロッドの反発力を使う方法と、遠心力を使う方法があるのでした。

  • 反発力を使う方法は短いロッドや軽いリグ
  • 遠心力を使う方法は長いロッドや重いリグ

ですね。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

スピニングロッドの場合

スコシは軽いリグでも短いロッドでもお構いなしに、遠心力を使うペンデュラムキャストで投げています。

垂らしは長く、リールまで。

スコシは右投げですが、右斜め方向からリグを後ろに振って投げていますね。

真上から見ると、自分の外側に傘を描く。

参考にしたわけじゃないけど、スコシはこの動画と同じ事やってます。

正しいらしいよ。

よかったよかった。

何がどう正しいのかよくわかんないけど。

ちなみにスコシ的理想は、この動画。

体幹がぜんっぜんブレてないよね。

美しい。

ベイトロッドの場合

ちなみに、ベイトロッドでやるときは、全然違うフォームで投げています。

この動画みたいな感じさ。

ホントはもっと良い、すごく良い動画があったんだけど、削除されたみたいなんだよね。

残念だ。

この動画もなかなかわかりやすいぞ。

「釣りに来てるんですけど、釣れてないんで、ヘビキャロの投げ方の説明をします」ですって。

正直でよろしい。

薄暗くて見づらいけど、とてもわかりやすい動画かなと思いますね。

遠心力を使うったって、ロッドで大きな円を描いてブワンと振るのは危ないからダメだよ。

ベイトリールの遠投云々な動画を探すと、ブンブン振り回してるのもたくさん見つかる。

危ないからやめよう。

どうしてスピニングとベイトで変えているのか

どうして変えてるのか説明するね。

スピニングロッドと違ってベイトロッドはガイドが上に付いていますね。

それを90度ひねって投げるから、ガイドは左側に来ることになります。

スピニングロッドの要領で、ロッドの右側で振り子を描くと、ラインがガイドに絡みやすくなるのだ。

気を付ければ大丈夫だけどね。

夜釣りだと見づらいしね。

気を付ければ大丈夫だけど、あまりいい気分はしないよね。

そこで、ベイトでは自分の左側に傘を描く投げ方をしているわけ。

スコシも少しは考えているんだよ。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA