【インプレ】Ballistick 96MMH TZ/NANO


おつかれさまです、スコシです。

自分へのクリスマスプレゼント兼お年玉として、ヤマガブランクスBallistick TZ/NANOより96MMHを導入しましたので、軽くインプレを記します。

こうも色々と揃えていると、どんだけお金持ってんだよ…と思われるかもしれませんが。

あれやこれやを削り、財布の中身も削り、ふと気が付くと他の趣味の道具が減っていたりして。

以前インプレしたアレも、もう手元にはないのかもしれない…とかね。

趣味の道具を売って、趣味の道具を買う。

そういう意味では王道を歩んでいるんだよ。

最も、こういうことをしていると、無駄にお財布は痩せ細るばかりだ。

生々しい話はこれくらいにして。

メーカーサイトの紹介文

Ballistick 96MMH TZ/NANO バリスティック96MMH TZ ナノ
14cm前後の大型ミノーを中心にメタルジグ・シンキングペンシル・ヘビーバイブレーションなどの重たいルアーをロングキャストするゲームに適した一本です。メインフィールドはサーフや小磯周りなどの大場所で、逆風の中でもしっかりとヘビールアーを振りぬけるシャープなキャストフィールで確実な飛距離を約束します。このクラスのロッドとしては取り回しも軽く、一日中のキャストにも疲れが溜まらずに集中力を維持できます。

公式サイトより

主要スペック

  • Length:9フィート6インチ
  • Weight:151g
  • Lure:8g~38g
  • Line:PE1号~2号

インプレッション

スコシは訳あって今釣りに行くことが出来ないので、家で振ってみた感想になります。

初めての、本格的なシーバスロッドだ。

重い、マジ重いぞ。

スコシが大変信頼しているライトゲームロッド、BlueCurrentの77TZが74g。

約2倍の重さだ。

BlueCurrentシリーズがアホみたいに軽いとも言える。

S社のNという9ft6inモデルが160gくらい、D社のM Exという9ft7inモデルが140gくらい。

パワーとかは少し違うからアレだけどもね。

ヤマガブランクスお得意の「他メーカーと比べて軽い、チョー軽い!!」というわけではないみたいだね、必ずしも。

いいの。

スコシはヤマガブランクス信者だから。

天井に当てて曲げてみて、ニヤニヤする。

硬い、硬いね。

硬いけど、この手ごたえはロッドが棒っことして硬いのではなくて、ナノアロイの反発力だ。

わかるよ。

そりゃあ、わかるさ。

だってスコシはヤマガブランクスのナノアロイばっかり使ってるんだもの。

期待大。

サーフからヒラメを狙うにあたって

サーフからヒラメを狙うロッドとして色々調べたり先人たちからお話を伺ったり。

総合すると

  • 10ftは、ほしい
  • 40gのメタルジグをカッ飛ばせると良い
  • ラインはPE1号や1.2号あれば十分

…な感じらしい。

Ballistick 96MMH TZ/NANOは、名前のとおり9ft6inなのでちょっぴり短めです。

スコシは体格が良くない(とはいえ、残念ながら前後左右、特に前後には無駄に大きい)ので、短めの方が扱いやすいかなぁと思っています。

背負えるルアーも~38gと、ちょっぴり弱い。

もっとも「96MMHの適合ルアー表記は快適な重さを記しているみたいで、実際には60gくらいでも投げられそう」などという物騒なインプレも目にしたけれど…自己責任、自己責任。

スコシは28gのメタルジグと29gのヘビーミノーを中心にやっていこうと思っています。

あとは28gジグヘッドに大型ワームかな。

ハードルアー高いし。

適合ラインは十分。

ちょうどいいね。

何より背中を押したのは、9ft6inという語呂の良さ。

10ftって、なんか語呂が悪い気がしてさ…

先人のお友達がこのロッドを使ってサーフで遊んでいらっしゃる、と伺ったのが決め手です。

おしまい

ヤマガブランクスのBallistick 96MMH/TZ NANOが手元に来ました。

サーフからヒラメを狙えるのは6月くらいかしらね。

半年もあるよ。

早く振り回したいなぁ…。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA