【考察】まだ見ぬサイズの引きを夢見るスコシ

おつかれさまです、スコシです。

今回は、まだ出会ってもいないサイズの魚の、引きを計算したいと思います。

数学が出てくる話だよ。

大きさとは力なり

力こそパワー。

大きいことは大正義。

やっぱり大きいというのは、それだけでパワーがあるものです。

寄せてくる時に単純に重いよね、というのもありますが…

…多少の個体差はあれど、やっぱり大きい魚の方が引きは強いよ。

あたりまえだけど、これは大前提だからね。

エネルギー(ジュール)について

理論上、エネルギーは質量(≒重さ)に比例すると言われています。

一部の界隈では有名な

質量×速度^2

ですね。

なので、大雑把に考えれば、重さが2倍になればエネルギーも2倍になると考えられるわけだ。

格闘能力

格闘技がお好きな方もいらっしゃるのではないかと思います。

基本的に、体重別でクラス分けするよね。

体重というのは、ファイターにとってとてもとても重要なファクターなわけです。

いくら吉田沙保里が最強でも、白鵬と正面からぶつかったらたぶん勝てない。

いやもしかしたら吉田沙保里なら勝てるかも…?

体長と体重の関係について

ここまで来ればわかるとおり、ソイの引きの強さを定量化して比較するためには、ソイの長さではなく重さが必要になります。

20cmのソイの体重をa gと仮定します。

じゃあ30cmのソイの体重は?

─体長が1.5倍なんだから1.5×a g

間違ってます。

体長が1.5倍なら、体高も体幅も1.5倍と考えられるので、1.5×1.5×1.5×a gつまり3.375×a gということに。

20cmのソイと比べて、30cmのソイは体重3.375倍。

筋肉の量も3.375倍。

ということは、たぶん引きの強さも3.375倍。

乱暴な計算だけど、こういうことになる。

ちなみに40cmのソイはというと、2の3乗で体重8倍になるので、引きの強さも20cmと比べて8倍ということになります。

さらに、世界記録といわれる60cm前後ともなると、20cmの引きと比較して27倍ということになる。

マジかよ…。

落とし穴

この理論、実は少し無理があります。

アロメトリーという言葉、聞いたことある方もいらっしゃるかもしれません。

体長が2倍になったからといって、体高や体幅も2倍になるとは限らないわけだ。

わかりやすく言えば、人間の子供だね。

育って身長が2倍になっても、頭のサイズは2倍にはならないね。

各部位のサイズのバランスが変わるんだ。

ソイも同じと考えられますね。

だから必ずしも体長が2倍になったからといって体重が8倍になるとは限らないね。

いいの、大雑把で

そう、これは数字の遊びなので、大雑把でいいの。

20cmと比べて30cmはグイグイ引くぞ!

と、当たり前のことですが、実際どれくらい強いのか数字で表すと面白いかなと思ってこの記事を記しました。

最後に、もう少し細かく記して締めたいと思います。

20cmのソイを基準として

  • 10cmのソイ=0.125倍
  • 15cmのソイ=0.42倍
  • 25cmのソイ=1.95倍
  • 30cmのソイ=3.38倍
  • 35cmのソイ=5.36倍
  • 40cmのソイ=8倍
  • 45cmのソイ=11.4倍
  • 50cmのソイ=15.63倍
  • 55cmのソイ=20.8倍
  • 60cmのソイ=27倍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA