【紹介】ソイ釣り釣果で重視すること…サイズ?数?

おつかれさまです、スコシです。

釣り人なら誰でも魚を釣りたいと思うものです。

当たり前だ。

その上で…

大物志向

どうせ釣るなら大きな魚!

大物を狙いたい方、多いのではないでしょうか。

大物を狙うには、それなりのメソッドがあります。

大きなルアー、素早い沈降速度とアクション、アピール系のカラーを使い、捕食回遊をじっと待ち、大物のチャンスを逃さず一気に仕留める。

そんな感じらしいよ。

道具もそれに見合ったヘビーなものを使うらしい。

らしいよ、というのは、スコシは大物を狙うことがないから。

スコシには、大物志向が無いのです…。

大物を数多く仕留めてきた先人達の言葉としては。

大物を狙う努力によって、僅かな運を逃さない

だそうです。

深いね…。

漁港で釣れるのは、30cm~40cm辺りでしょうかね。

スケールを持って行って、サイズを測る方も多いかと思います。

数釣り志向

スコシは、どちらかと言えば数釣り志向です。

別に大きくなくてもいいから、たくさん釣りたい。

小さなソイにもロッドを引き絞られて一期一会のやりとりを楽しみたい。

だからライトゲームロッド。

大物は狙いづらいといわれているライトリグ、小さめ~中くらいのルアーを使いますね。

うっかり大物が掛かった時は一苦労さ。

大きく曲がるロッド、ジージー音を立てるドラグ、そして到底ぶっこ抜けないのでタモ必須。

数にこだわる方の中には、カウンターを持って行ってカチカチなさることも。

欲張りさんバランス型

上記の2つは、極端な例です。

とにかく大物を釣りたい、小~中サイズは全ッ然釣れなくてもいい、だなんて方もいらっしゃるようですが…

大抵の方は、大物じゃなくても釣れたら嬉しいものです。

というより、まったく釣れないのは、困る。

数釣りを楽しんでいても、やっぱりそれなりに大きい魚の方が釣ってて楽しいものです。

10cm前後のソイばっかり釣れてると、さすがにもう少し大きいのを釣りたくなる。

おしまい

やっぱり、そもそも魚が釣れないと面白くないよね!

そのうえで、型を狙うのか数を狙うのか、考えを整理してみました。

タックルやスタンスを考える際の一助にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA