スコシ的ソイの釣り方 キャスティングについて

おつかれさまです、スコシです。

ソイに限らず、魚を釣るためには魚のいるところに仕掛けを届けてあげなくてはなりません。

例外的に、ウキの周りに撒き餌して「ポイントを作る」というアグレッシブな釣り方もありますが、今回は仕掛けを投げて届ける、つまりキャスティングについて。

なお、ここで投げるのはワームを使ったリグやハードルアーであって、投げ釣りのような重いオモリを遠投するのとは違いますので、ご承知おきくださいね。

それから、バスフィッシングやボートロックで活躍しそうな特殊な投げ方も、ご紹介できません。

オーバーヘッドキャストというやつだよ。

前置きが長くなったね…

反動を使った方法

比較的短めのロッドで投げる時に多用される方法です。

勢いよく振りかぶって、後ろに飛んでくリグの慣性でロッドを曲げて、復元力を利用しつつロッドを前に回転させてピシュンと振りぬく。

この投げ方をする場合は、垂らしはロッドの1/3くらいにしておくと良いですね。

バスフィッシングの世界では、この投げ方をする方が多い印象です。

反動を使った方法の利点

これは、短いロッドで、軽いリグを扱いやすい方法です。

その他、次項に挙げる方法より後方のスペースを取らないことも利点です。

ロックフィッシングで使うリグの重さでは、次項の投げ方より飛距離は出やすいかも。

反動を使った方法の欠点

後ろに飛んでくリグの慣性を利用してロッドを曲げるこの方法は、ロッドのティップに一瞬で一点集中して大きな力がかかるので、ロッドに良くないと言われています。

最悪の場合ロッドが折れるかも…。

あとは、リリースのタイミングがかなりシビアになりますね。

勢いよく復元しようとするロッド、グリップエンドを引いてロッドを回転させるキャスティングアクション、そしてリリースが噛み合わないと、叩きつけたりセンターフライを打ち上げたりします。

あとは、コントロールを効かせづらかったりしますね…。

遠心力を使った方法

ペンデュラムキャストと言います。

垂らしを長く、1番手前のガイド辺りまで取って、振り子のように振って投げる方法です。

より長いものを振る方がより大きい遠心力を利用できる、という仕組みだよ。

ロッドを前に倒したあとに後ろに振って、リグが振り子の向こう側に来た時に振り抜く。

ゆっくり加速しながらロッドのグリップエンドを引いて回転させて、リリースのタイミングで最高速になるようにして投げますね。

ピシュン!!

という音は、実はあんまりしません。

いや、多少はするけどね。

この動画が参考になるんじゃないですかね。

遠心力を使った方法の利点

リグの遠心力を利用して投げるので、ロッド全体がじんわりと曲がります。

重たいリグを使ってもティップに負担がかからない方法です。

シーバスロッドで重いメタルジグをブン投げる時には、こういう投げ方をしなくてはならない。

コントロールをつけやすいのも利点かと。

遠心力を使った方法の欠点

後ろに大きくリグを振るので大きなスペースが必要となります。

ロックフィッシングには、少し大袈裟。

慣れないと、リグがラインを張ってないところからキャスティングを始めてしまって空回りします。

ロッドの風切り音で周囲を威圧したい方にもオススメできませんね

ちなみにスコシの投げ方

スコシはペンデュラムキャストの亜流みたいなので投げています。

垂らしは長く、リールまで。

スコシは右投げですが、右斜め方向からリグを後ろに振って投げていますね。

真上から見ると、自分の外側に楕円形を描く。

参考にしたのはこの動画です。

村上晴彦さんというプロアングラーですが…ベイトロッドで垂らしの長いリグを投げる方法。

この動画では自分の上に、傘のように円を描いています。

自分が傘の内側に来るようにね。

スコシは、これを左右逆にして、自分の右側に傘を描いているの。

なんでこうなったのかよくわからないんだけど、それが一番投げやすくてね。

なんか、スコシが変な絵を描くより動画を紹介するので必要十分だったかもね…。

おしまい

ちなみに、上記動画はどちらもケチの付けようがあったりします。

あくまでも理論上は、ね。

骨格や関節は人それぞれなので、真似っこするのはオススメ出来ないけれど、理屈を学ぶのは大切だね。

もっともロックフィッシングは2~30mも投げれば十分だったりするので、遠くまで飛ばさなくても良いんだけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA