【インプレ】MSI GF63-8RD-067JP [ゲーミングノートPC]が来てしまった

おつかれさまです、スコシです。

MSIのゲーミングノート、GF63-8RD-067JPが来てしまいました。

これは違うんだ、生えてきたとかじゃなくて、本当に事故なんだ。

本当に本当だよ!!ヾ(・ω・`;)ノ

メーカーサイトの紹介文

エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は薄さ21.7mm、軽さ1.86Kgの本体に高性能CPU・GPUを搭載した薄型・軽量ゲーミングノートPCのエントリーモデル「GF63」を2018年8月11日(土)より販売開始することを発表いたします。GF63シリーズはデスクトップPC並みのCPUとGPUを搭載し、これからノートPCでPCゲームを始めたい方、動画編集・動画配信やイラスト作成など趣味用途として高性能PCをお探しの方、3D CG作成や3D CADソフトを動作可能で持ち運べるビジネスPCをお探しの方など幅広いユーザーへおススメできるゲーミングノートPCです。

公式サイトより

主要スペック

  • CPU:Core i7-8750H(2.2GHz / Turbo 4.1GHz / 6コア12スレッド)
  • RAM:16GB(8GB ×2)
  • GPU:GTX 1050 Ti 4GB GDDR5
  • Storage:SSD 256GB、HDD 1TB
  • Display Size:15.6インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、狭額縁デザイン
  • Size:359×254×21.7(mm)
  • Weight:1.86kg

インプレッション

開封

こんな感じだね。

同梱は、ACアダプターと説明書。

外観

ヘアラインの美しい表面処理です。

そしてごつい!でかい!

…と言っても、それはSurface Proと比較してのこと。

ゲーミングノートとしては、かなり薄くて小さいね。

キーボードは赤い。

なぜかゲーミングデバイスにはこういう派手なのが多いね。

気になった点がひとつ。

BSキーとエンターキーの右側に、HOMEやPGUP、PGDNキーがあります。

「とりあえず右端叩いとけ…ターン!」ということが出来ないのは、結構なストレスかも。

右側のShiftも小さいね。

↑キーを押してしまう。

慣れるかな、慣れるよねヾ(・ω・`;)ノ

使用感

デスクトップ級のゲーミングノートだけあって、ちょっとやそっとの3Dゲームはサクサク動きます。

これがエントリーモデルってどういうこっちゃね…。

スコシはFPSやRTS、格闘ゲームといったヘビーな3Dゲームはやらないので、十分さ。

それよりも、大容量の画像編集をすることがありまして、これを快適に扱えるのは大きいね。

一眼レフ、RAW現像と言えば通じる方には通じるかと。

FPSライクなRPGをやってたこともあるけど…今はやらないかねぇ。

サクサクは動くのですが発熱とバッテリー消費がヤバいです。

1時間遊ぶとバッテリー半分まで減るね…実質、ACアダプター付けた状態で使うことが必要だね。

キーボードは十分すぎるピッチがあって、とても扱いやすいです。

打鍵感も十分。

そして静かなのが、また良い。

表面滑らかだし、悪くない、悪くない。

ベンチマークテスト等々については、他サイト様にお譲りしましょうかね。

おしまい

偶発的事故により届いてしまったゲーミングノートPCですが、概ね満足であります。

キーボードの配置が少々独特なのは、これから慣れていけるのではないかなと思います。

型番での表記しか存在しないのは味気なくて残念だけど、GF63-8RD-067JP良いよ。

おすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA