スコシが液ものを使わなくなった理由と液ものを再導入したことについての話

おつかれさまです、スコシです。

ワームには、液もの…汁ものという人もいらっしゃるかと…とにかく、そういうものがありますね。

今回は、スコシがこの液ものを使わなくなった理由と再導入して使い始めた理由について記したいと思います。

液ものワームについて

集魚作用のある液体をたっぷり含んだワーム、それが液もの。

この液体が臭いのなんのって…ヾ(・ω・`;)ノ

ガルプやエコギアアクアといった製品があります。

液ものワームの利点

集魚作用のある液体がたっぷり染み込んだワームは、よく釣れます。

ほんっとうによく釣れます。

液もので釣れなかったら他のワームでは釣れない、と錯覚させられてしまう。

ありゃ餌じゃ、などと言われるほど。

生分解性なので、ロストしても環境負荷が多少は小さい。

バリエーションが豊富なのも強みです。

液ものワームの欠点

特にガルプの集魚液は臭いです、とてつもなく臭いです。

それはそれはもう、生物化学兵器とまで称されるほどに…。

車の中でこぼしたりしようものなら…あああ、怖い怖い。

エコギアアクアの方は、多少はマシな臭いらしいですけどね…。

生分解性なので、1回使ったものを未使用のものと一緒にするのは厳禁。

使ってないものまで分解が始まっちゃうからね。

ということは使い捨て、単価が高いね。

スレやすいという話も聞いたことがあります。

某港では、夜な夜なガルプを投げ続けるおじさんのせいで全然釣れなくなったという話も…。

ホンマかいなね。

スコシと液ものについて

スコシはかつて、ガルプばっかり使ってました。

初めて魚を釣ったのが、ガルプの4インチパルスワーム、CGBFOというカラーです。

ホッケでした。

時は過ぎ、初めてソイを釣ったのもガルプの4インチパルスワーム、これもCGBFO。

とりあえずガルプ、困ったらガルプ、困らなくてもガルプ。

液ものを封印した理由について

ところが、ある時ふと思ったのです、このままじゃダメだと。

  • 液ものはよく釣れるからずるいとか技術が身につかないとかありゃ餌じゃとか
  • 液ものじゃない普通の使って釣ったからえらいとか巧いとか

色々と物騒な話が時々出ます。

スコシがこれじゃダメだと思ったのは、そういうことではありません。

あまりにもガルプを過信してしまっている気がしてね。

  • 容器から取り出す時にお手々くちゃくちゃい
  • リグに組み込む過程でも、お手々くちゃいくちゃい
  • 付けたガルプ変えようにも元の容器に戻せないから面倒だ
  • ガルプで釣れなきゃ他ので釣れるわげねぇだ

…って感じで、液ものはそもそも扱うのがめんどくさいです。

釣れても釣れなくても組んだらそのまま。

形も変えず、カラーも変えず、漫然と惰性で使い続けている気がしたの。

信じて投げ続けるのとは違う、変えるのめんどくさいから使い続けている自分に気づいた。

だから液もの使うの止めたの。

もっとお手軽な、普通のワームでも釣れるようになったしね。

それから…

普通のエコギアとかパワーベイト、ゲーリーヤマモト、MARS、等々で釣るようになりました。

1~2年くらい、液ものを使わずにソイを釣ってました。

十分釣れるやんけっ!

ちなみにハードルアーで釣り始めたのも、この頃です。

液ものじゃなくても充分釣れることを頭も心もしっかりと認識した今、切り札的に液ものを再導入してもいいんじゃないかなと思ってね。

それで買ったのが、これさ。

ガルプの4インチパルスワーム、CGBFO。

昔からの、スコシの切り札。

液ものには欠かせないケースも付けて。

果たして、またガルプで自分を縛り、ガルプに使われるような釣りをするのか…。

それともガルプを引き出しの一つとして、自ら使っていく釣りが出来るのか…。

試されることになります。

きっと大丈夫。

負けないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA