【インプレ】ゲーリーヤマモトの4インチグラブでソイを釣ろう

おつかれさまです、スコシです。

スコシはピンテールが好きだと散々書いておりますが…カーリーテールも大好きであります。

その中で、今回はゲーリーヤマモトの4インチグラブ愛を記したいと思います。

その前に、カーリーテールについて

カーリーテールとは、大きな薄い尻尾がピロピロ動いて魚を刺激するワームの総称です。

商品名でいえば、今回のゲーリーヤマモトの4インチグラブの他、バークレーのパルスワームとかエコギアのロックマックスとか。

スイミングではベイトフィッシュを、リフト&フォール&ステイでは甲殻系をもイミテート出来る万能選手です。

上から順にパルスワーム、ロックマックス、4インチグラブ。

カーリーテールとグラブの違いについては諸説あるようですが、カーリーテールの中でもボディが太くて短いものをグラブと呼ぶ、スコシはそう理解しています。

4インチグラブのここが凄い

バスフィッシングの世界では絶大な信頼のあるらしいゲーリーヤマモトのグラブ。

ロックフィッシングでも絶大な威力を発揮します。

テールは上向きでも下向きでも、なんなら横向きでも何でも構わないらしい。

ピロピロと螺旋を描くから。

マテリアルに塩が含まれているので、比重が高く、不必要に浮くことなく海ではゆっくり沈んでいきます。

マテリアルがとても柔らかくて食い込みが良いのも特徴です。

柔らかさが仇をなして、テールを食いちぎられることもしばしば…

…ですが、食いちぎられても、そのまま使って釣れるワームです。

本当です。

そんなワーム、そうそうあるもんじゃないね。

そういうのはイモグラブと呼ばれています。

ついには、わざわざテールをちぎって使うバサーまで現れた。

そして製品化されたのが「ヤマセンコー」というワームだと聞いています。

スコシはヤマセンコー使ったことないけどね。

テールを食いちぎられたらジグヘッドワッキーに切り替えるのもアリだと思います。(イメージ図)

いわゆる「ちょん掛け」ね。

沈降速度が遅くなって、中層をフワフワと漂わせることが出来るよ。

4インチグラブのここがキツい

一見いい事づくめのように思われる4インチグラブにも、弱点があります。

大きなテールが災いして、ジグヘッドの針に引っかかることがある…。

こうなると、なんかもう色々と釣りにはならない気がする。

ショートシャンク、つまり針の短いジグヘッドを使えばね、多少はマシになると思うけどね。

マテリアルが柔らかい代償として、長持ちしないのも弱点と言えるかもしれません。

食われてすぐボロボロになる…ということはありませんが、フックに刺したり抜いたりを繰り返していると、すぐボロボロになってしまいます。

グラブのバリエーションについて

サイズは、2インチから8インチまで。

カラーは星の数ほどあります。

それは言い過ぎか。

とにかくたくさんのカラーバリエーションがあります。

スコシは、バブルガムピンクとチャート/チャート&ライムフレーク、それからブラック/ブルーフレークを使っています。

もっと欲しいけど…まあ膨張色2つに暗色系1つあれば、大体問題ないかと。

落ち着いたら、4インチにこだわらず、いろんなサイズやカラーを試していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA