【インプレ】ロックフィッシングにも使える?R-32というワームについて

おつかれさまです、スコシです。

スコシはピンテールのワームをダート&フォールさせてソイを釣るのが大好きであります。

今回は、スコシがそのピンテールにハマるきっかけとなったワーム、MARSのR-32について記したいと思います。

そもそもピンテールって何?

ピンテールとは、テールがまっすぐになっているワーム。

T字のようなシャッドテール、大きく存在を主張するカーリーテールと違って、一見控えめな存在です。

有名どころでは、エコギアのミノーとかDepsのデスアダーとか。

ピンテールの特徴について言われていること

ピンテールはただ巻きではほんっ微弱な波動を出す目立たないワームながら、アクションを加えることで独特の動きをすると言われています。

そのアクションの最たるものが、ダートというわけ。

ナチュラルな大きい動きを演出できると考えられています。

MARS R-32というワーム

R-32は、ロックフィッシングの世界では使ってる人をあまり見ませんが、シーバスの世界で絶大な支持を得ているらしいです。

その絶大な信頼たるや、以下のとおり。

  • ピンテールだけど、ただ巻きで釣れる
  • ただ巻きで釣れる
  • とにかくただ巻きで釣れる
  • 8割のシーバサーが使ってる
  • ボウズのがれ
  • ベイトフィッシュどころか甲殻系を狙ってるシーバスも釣れる
  • 効かないのはバチ抜けだけ

等々。

3.2インチ、断面が半円形のこのピンテールワーム、ソイ釣りでも活用出来るんじゃないかな、と思ったのです。

そこで試してみました。

スイミングで狙う時は「フラットな方が上」です。

白状すると、スコシはこれに気づくのに少し時間がかかりました。

おもいっきり曲がってるのは、許して…。

スコシはワームを刺すのが下手なんだヾ(・ω・`;)ノ

R-32をソイ釣りで使う

シーバスとソイではやはり少し違うのか、スイミングではあまり釣れませんでした。

渋かっただけかもしれない。

ベイトフィッシュを追いかけてる時期なら、ただ巻きでロックフィッシュ全般が狙える気もします。

三角形のムゲンヘッドに上下逆にして斜めに刺してダート&フォールを仕掛けたら、これがハマった。

ダート&フォールに適したジグヘッドについては、こちらをご覧くださいね。

また、なんのために斜めに刺してるのかは、こちらの記事をご覧ください。

上下逆にしたのは、当時は上下を間違っていた水の抵抗を考えるとダートさせるには頂点が上に来る方が都合がいいからです。

そして「底面」がフラットなのが、水の中でまた独特のフォールをするのではないかなと予想しています。

キビキビとダートして、他のピンテールより断然釣れます。

断面積が小さいのでジグヘッド刺しづらいのなんのって言うのが欠点といえば欠点。

バリエーション展開

  • オリジナル(3.2インチ)
  • グラマラス(4インチ)
  • センシブ(3.2インチ縦長?)
  • キューブ(シャッドテール)
  • マイクロ(2.2インチ)
  • バースト(ダート特化)

この中で、スコシはオリジナルと、ダート特化のバーストを試しています。

バーストに限り、三角形の頂点が上になるように刺せと明記されていますね。

さすがダート特化。

バーストでは、ホッケやアブラコが釣れました。

さすがダート特化。

シャッドテールのキューブも気になるね。

おしまい

あまりにもバシバシ釣れたので多用していたら、所有在庫がかなり少なくなってしまいました。

生産量が少ないのか、人気がありすぎるのか、大手サイトでも品切れが続出。

欲しいカラーがないこともありますが、ロックフィッシャーさん方にもぜひ試してみてもらいたいワームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA