【インプレ】BlueCurrent Stream-Special 77/TZ NANO

おつかれさまです、スコシです。

今回は、ヤマガブランクスのライトゲームロッド、ブルーカレントシリーズの、BlueCurrent 77/TZ NANOというライトゲームロッドのインプレを記したいと思います。

このロッドは2018年10月現在、スコシのメインロッドとして活躍しています。

スコシはヤマガブランクスというロッドメーカーの信者であります。

メーカーの紹介文

BlueCurrent Stream-Special 77/TZ NANO ブルーカレント ストリームスペシャル77/TZ ナノ
ブランクに採用した東レ㈱の新素材「ナノアロイⓇテクノロジー」により、負荷のかかる流れの中でもロッドの反発力を失わずに高い感度と操作性を維持することに成功したスペシャルシチュエーションモデルです。使用ルアーの範囲も広く、潮流場での流し釣りから、河川のプラッギングなど玄人好みのフィールドで真価を発揮するでしょう。

ヤマガブランクス公式サイトより

主要スペック

  • Length:7フィート7インチ
  • Weight:74g
  • Lure:Plug 2~9g / Rig 1.5~13g
  • Line:PE 0.3〜0.8号

インプレッション

ロッドには77TZ/Nanoって書いてあって、公式サイトの表記とスラッシュの場所が違うんだよね…ヤマガブランクスさん、頼みますよヾ(・ω・`;)ノ

7フィート7インチという長さ、スコシには丁度いい感じです。

8フィート5インチの85/TZ NANOもよく使うので少し短く感じますが、7フィート7インチは取り回しやすい。

77/TZ NANOの前には、同じくヤマガブランクスのライトゲームロッドの、76Tiという7フィート6インチのライトゲームロッドを好んで使っていたという事情もあります。

74gという驚異的な軽さは、ロッドを持っていることすら感じさせないほど。

ピュンと振ったあとの収束はすこぶる良好。

これがナノアロイというやつなのか…ナノアロイ初めてじゃないけど。

ホントはロッドに良くないけど天井に付けてちょこっと曲げてみると、簡単に曲がるんだけども曲がらない。

何を言ってるのかさっぱりわからねーと思うが(ry

硬いんじゃなくて、反発力が凄くて「曲げた状態を維持」しようとすると、手がプルプルしてくるのです。

これがナノアロイというやつなのか…ナノアロイ初めてじゃないけど。

振ってみた

シマノのストラディックCl4+ 2500HGSという軽量リールを合わせていますが、持ち重りは全然しないです。

元が74gというとんでもなく軽いロッドに、軽いリールだからね…。

実際にリグをつけて振ってみた感じですが、3.5gジグヘッド、5.3gジグヘッドともに綺麗に振り抜けます。

操作感もキビキビとして、いい感じ。

5.3gジグヘッドのダート&フォールは、76Tiでは柔らかすぎて出来ないことだったので、これが出来るのは大満足です。

7gジグヘッドもしっかり振り抜けますが、操作感は少しだけ、ほんの少しだけ、3.5gや5.3gよりは劣るかも。

ほんの少しだけ、ダルい感じがしました。

釣ってみた

最初に釣ったのは、10cmくらいのちびカジカ。

十分にアタリを捉えることができますし、弾くことなく掛けていけます。

ここまで小さい魚に食い込ませるという。

とにかく弾くことのない、しなやかさがあります。柔らかさ、とはまた少し違う。

次に30cm級のホッケやアブラコ、25cm級のクロソイ2匹、そして40cmオーバーのカジカ!

…おかしいな、ソイ釣りストなのに、ソイじゃない魚の写真ばかりだ。

ほれ。

どれも、ロッドはぐいんと曲がりますが、魚に負けることなく寄せることが出来ました。

パワーも十分だ!

このロッドに限らず、ヤマガブランクスのロッドはよく曲がって、魚が引いた分だけオートマチックに魚を浮かせてくれて…とネットに書いてあったりします。

さて、オートマで釣って楽しいかね?

…こほん。

スコシは、オートマで釣っているような感覚にはなりませんでした。

むしろ魚の引きをダイレクトに感じて、あたかもロッドが腕の延長であるかのような釣り味だったさ。

よく曲がってよくしなって、引きを楽しみながら釣れる。

おしまい

語彙がなくて申し訳ないですが、なんていうか、とても普通で素晴らしいロッドだなと思います。

あたりまえのことをあたりまえに出来るロッドだよ。

長さも適切、軽さは異常、感度は最高、パワーも強すぎず、弱すぎず。

完成されたバランス。

これ以外に何か必要なものがあるかい?

って感じです。

文句なしにオススメだね!

ヤマガブランクスの、ブルーカレントシリーズの比較記事は、こちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA