【紹介】スコシが使うワームやハードルアーについて

2018年11月30日


おつかれさまです、スコシです。

スコシがどんなワームを揃えて、どんなのがお気に入りでソイ釣りをしているか、といったことをご紹介したいと思います。

これはスコシの事例なので、「こういうのが良いよ」「これはアカン」といったご指摘も大歓迎でございます。

スコシがどうやってワームでソイを釣っているかについては、こちらの記事をどうぞ。

[blogcard url="https://metalfisher.com/2018/10/02/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B7%E7%9A%84%E3%82%BD%E3%82%A4%E3%81%AE%E9%87%A3%E3%82%8A%E6%96%B9%EF%BC%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%B7%A8%EF%BC%89/"]

 

また、スコシがどうやってハードルアーでソイを釣っているかについては、こちらの記事をどうぞ。

[blogcard url="https://metalfisher.com/2018/10/03/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B7%E7%9A%84%E3%82%BD%E3%82%A4%E3%81%AE%E9%87%A3%E3%82%8A%E6%96%B9%EF%BC%88%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E7%B7%A8%EF%BC%89/"]

スコシの偏ったラインナップ、晒していくよ!

スコシのタックルボックス

スコシはVS-7055にVS-3010薄型を5枚入れていると書きました。

この5枚のうち、1枚は「半ゴミ箱」として使っています。

つまり、海で使った後のジグヘッドやフック、ハードルアーや生分解性ワームを家に持って帰るためのケース。

ジグヘッドとか元の箱に戻すと、未使用なものまで塩で錆びちゃうからね。

生分解性ワームは、戻すと全部のワームの分解が始まっちゃうからね。

残りの4枚のうち、3枚がワーム。

最後の1枚が、ハードルアーケースというわけ。

スコシのワームケース

3枚のワームケースを「ピンク」「チャート&グロー」「ナチュラル」「液もの」に分けています。

ピンクの箱は、こんな。

チャート&グローは、こう。

そしてナチュラルは、こうだ。

液ものは、持ってったり持ってかなかったりするけれど、持ってくとしたらこれ。

もっとも、こんなに持ってっても使うワームは限られてくるからね…これは集めすぎという悪い例だよ。

こんなには、いらないね。

スコシのハードルアーケース

こちらは、厳選に厳選を重ねて1枚に収めています。

55mmや70mmのシンキングミノー、55mmバイブレーション等々…。

一つの区画に2~3個放り込んでも良いのですが、フックが絡まるのが嫌なので1区画1ルアーにしています。

スコシのお気に入り

ワーム

カラーは、チャートリュースやピンク、それから黒系をよく使います。

なかでも特によく使う製品は、こういうの。

  • Deps デスアダー4インチ
  • カルティバ リングキックテイル
  • MARS R-32

Deps デスアダー

こういうの。

ダートさせると、ヌルっと動きます。

ボリュームもあるので大物が狙えるかも!?

カルティバ リングキックテイル

シャッドテールのリングワーム、スコシの抑えの切り札。

2インチと小さいながら、たくさんのソイを仕留めてきた頼れる奴さ。

内地ではどうだかわからないけど、北海道ではおそらくどこのホームセンターにも置いてあって、入手性抜群。

しかも安い。

凄いぞ。

[blogcard url="https://metalfisher.com/2018/11/01/%e3%80%90%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%80%91%e3%82%bd%e3%82%a4%e9%87%a3%e3%82%8a%e5%bf%85%e6%ae%ba%e5%85%b5%e5%99%a8%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%90-%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%ad/"]

Mars R-32

3.2インチだから32。

このピンテール、ピンテールにしては珍しくタダ巻きで釣れるというお墨付き。

スコシはタダ巻きで釣れたことないけどね…

このワーム、断面がカマボコ状になってるんですが、スイミングで狙うときは平らな方が上

ただ、ダートで狙うときは平らな方を下にすると良いです。

平らな方を下に刺してダートさせるのは、スコシのオリジナルなんだぞ。

たぶんスコシが初めてやったわけではないだろうけど。

[blogcard url="https://metalfisher.com/2018/11/04/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%80%91%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e3%82%82%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%9fr-32/"]

ハードルアー

ハードルアーは、あんまりサイズの種類をたくさん集めたりはしていないです。

  • デュエル ハードコアヘビーシンキングミノー 55
  • デュエル ハードコアミノー 70S

この二つが軸ですね。

というか実質これらしか使ってないとも言えるね…。

好きなカラーはGNCA(ナイトキャンディー)とKBIW(ケイブルーイワシ)、それからPHP(ピンクヘッド)さ。

ナイトキャンディー

こういう色。

マーブルが黒で縁取りされている感じだね。

このカラーは渋いときに良く効くよ。

ケイブルーイワシ

普通に見るとクリアな水色だけど…

UVライトを当てると、こうなる!!

凄いぞ!

実は派手系のアピールカラーなんだよね~。

ピンクヘッド

品薄?生産終了?で、市場になかなか出回らないので、買い占めました。

ヘビーシンキングミノーのピンクヘッド、スコシが初めてハードルアーで釣ったルアーなんだ。

まとめ

スコシが現場にどんなワームやハードルアーを持って行って、何がお気に入りか、ご紹介しました。

ワームセレクトは人それぞれ、最適な解はありません…というか、釣れたものが正解なんだ。

たまたま使ったときにたまたま釣れた、だから一軍に…とか、よくある話です。

スコシが二軍落ちさせているワームの中にも、きっとよく釣れるものはあるはず。

スコシが一軍に置いていても、なかなか釣れないワームもあるに違いない…。

皆様には、信頼のおけるワームやハードルアー、ありますか?