【比較】ワームの形について


おつかれさまです、スコシです。

ソイ釣り…に限らずロックフィッシュ全般を狙うときに使うワームには、どういうものがあるのか記したいと思います。

ワームのカラーについては、こちらの記事をご覧くださいね。

いろんな形があるんだよ。

スコシの私見なので、「これ違うんでね?」といったご指摘も大歓迎でございます。

ワームのおさらい

釣りに使うルアーの中で、ゴムみたいな軟質プラスチックで出来たものをワーム、別名ソフトルアーと呼ぶのでした。

ワームでの釣り方は、こちらをご覧くださいね。

柔らかい素材で、ハードルアーよりも穏やかな波動で魚にアピールします。

様々な形があって、様々な呼び方があって混乱しちゃいますが、大雑把に分類します。

小魚系は、主にテール(しっぽ)の形で分類することが多いです。

甲殻系は、甲殻系で一括り。

シャッドテール

T字型のテールを持った小魚系を、シャッドテールと言います。

こういうの。

スイミングさせたときにT字のテールが水を噛んでが左右にプルプル震えるので、小魚をイミテート出来ると言われていますね。

有名なものは、エコギアのグラスミノーやパワーシャッド。

横の動き、つまりスイミングによし。

縦の動き、つまりフォールによし。

万能選手です。

特にグラスミノーは、「これで釣れなければ何使っても釣れない」という意見もあるほど…。

スコシはさすがにそこまでは思わないけどね…ヾ(・ω・`;)ノ

カーリーテール

テールがカールしている小魚系をカーリーテールと言います。

大きな尾ヒレみたいなものがついていて、軽く螺旋を描きながらカーブしているものです。

こういうの。

エコギアのロックマックスだよ。

ワームならではの形かなと思います。

こちらも、スイミングにもフォールにも相性のいいワームだよ。

大きなテールがピロピロと動く様子はシャッドテールよりも水押しが大きく、より高いアピールを示します。

とはいえハイアピール過ぎて魚が食いつかないこともあるかも??

何事もほどほどに。

ボトムでのロングステイで甲殻系をイミテート出来るなんて話も。

スコシはこのカーリーテールが好きで、よく使いますね。

ボディの形による分類

グラブ

カーリーテールのなかでもボディが太くて短めなものを、グラブと呼びます。

ブラックバスを釣るのによく使われまして、海用として販売されているワームにはあまりラインナップがないのだけれど、海で使ってもよく釣れるよ。

ゲーリーヤマモトの4インチグラブはスコシの一軍ワームですね。

リングワーム

これはカーリーテールに限ったことではないのだけれど、カーリーテールに多い形なのでここで記します。

リブがあってデコボコしてるボディが特徴のリングワーム。

ボディが水を噛んで大きな波動を生み、魚にアピールします。

こういうの。

なんか「いかにも釣れそう」な感じがするだろう?

個人の感想だよ。

エコギアのリングマックスやバークレーのパルスワームが有名かな。

ちなみにシャッドテールのリングワームもあります。

それがカルティバのリングキックテイル。

リングキックテイルはスコシの切り札で、何度も良い思いをさせてもらっています。

リングキックテイルについては、わざわざ1記事書いていたりします。

ピンテール

カーリーテールとは真逆で、テールが細長い一本の棒みたいになってるのがピンテール。

こんなんで釣れるのかいなという気もしますが…めっちゃ釣れます。

スコシの一軍ワームのレギュラーとして何種類も揃えています。

このワームはスイミングではとてもおとなしい動きをします。

アピールが少ないので、スレた状況で効いたりします。

ところがリフト&フォールやダート&フォールを仕掛けると、激しくダートします。

あっちに跳ねたりこっちに跳ねたり、大きなアクションを示すんだ。

めっちゃ釣れるよ。

個人の感想だけど。

スコシが好んで使うピンテールは、MARSのR-32というワームです。

甲殻系

魚をイミテートするのではなく、カニやエビなどをイミテートするものを一括りに甲殻系と呼びます。

有名なのは、エコギアのバグアンツやロッククローかな。

ソイの餌となる小魚の活性が高くない春なんかは、小魚系ワームよりもよく釣れますね。

釣り方は、リフト&フォールです。フォールの後、ロングステイもよく効きます。

…とはいえ、実はスコシは甲殻系でソイを釣ったことはないんだよね。

ロックフィッシャーさん方に大人気な別の魚、アブラコ(北海道での呼び方、一般名はアイナメ)がガンガン釣れましたね…。

ごめんなさい、写真は無いんだ…手元にないもので…。

スコシの使うワーム

大まかにピンテール40%、カーリーテール30%、シャッドテール30%、といったところでしょうか。

たぶん、一般的なロックフィッシャーさんと比べてピンテールの割合が多い。

大好きなんだよ…特にヒルクライム社のMARSというブランドのR-32というピンテールワームが。

おっと。

「お、これ釣れそう」という形やカラーに食いついて、乱雑なラインナップになっていますね…。

詳しくは、こちらの記事をご覧くださいね。

まとめ

ワームの形を大雑把に分けてみました。

  • シャッドテール:T字のテール、小魚系のスタンダード
  • カーリーテール:カールしたテール、アピール大
  • ピンテール:アクションによってアピールが大きく変化する
  • 甲殻系:リフト&フォールからのロングステイが有効

「この形を極めて、いろんなカラーを揃えるんだ!」も良し。

「いろんな形を試してみるんだ!」も良し。

ワームセレクトは釣り人の個性が出るよね。

お金は飛んでいくね…。

スコシ的ソイの釣り方(ワーム編)はこちらの記事をご覧くださいね。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA