【インプレ】MicrosoftのArc Mouseも生えてきたぞ


おつかれさまです、スコシです。

家族に「カバン重いね」と言われて「パソ…あ、いや、色々入ってるからね、はは…」と返したスコシですヾ(・ω・`;)ノ

Surface Pro(2017)、タイプカバーに引き続き、Arc Mouse(アークマウス)のインプレを記します。

そう、スコシが選択したポインティングデバイスは、Surfaceペンではなくマウス。

Surfaceと言えばペン、と思っていたスコシは存在を知らなかったんだ、このアークマウス。

店舗で現物を見て、即バイトさ。

ますますもって、なんのためにタッチパネルに拘って選んだのか、わけがわからなくなってきた。

普通のノートPCで良かったじゃん。

薄く、軽く、携帯性に優れた Surface Arc マウスは手にしっくりとなじむデザインです。フラットに伸ばすことができるため、バッグでの持ち運びにも便利です。 Bluetooth で接続します。

公式サイトより

外箱

こんなの。

いかにもSurfaceシリーズらしい感じですね。

いやべつにSurface専用じゃないけど。

開けてみる

開封すると、こんな感じで収まっています。

まったくもって問題ないね!

機能

旧モデルのArc Touch Bluetooth Mouseから引き継いだ機能として、受信レシーバー不要の「Bluetooth 4.0 接続」、様々な素材の上で安定した操作が可能な「BlueTrack テクノロジ」、折り曲げる・折り畳むことで簡単に行える「電源のON/OFF」、そして新しく追加された機能として「 3本指 クリック」「フル スクロール プレーン」 があります。

公式ブログより

単四乾電池2本で動くこのマウス、Bluetoothです。

平べったいマウスですが…

曲がるぞ!

曲げてスイッチオン、平べったくしてスイッチオフです。

凄いぞ。

マウスホイールは付いてませんが、マウスホイールの機能はあります

スマホみたいにマウスの中央を縦になぞるのだ。

写真を見ると、跡がついてるね。

使ってみる

良いところ

このマウス、木目や光沢のある金属机では全く問題なく使えています。

さすがBlueTrackだ。

よく知らないけど。

なぞることで扱うマウスホイール機能も、すぐに慣れます。

問題ないね。

マウスとしての機能を過不足なく備えていて、持ち運びに便利でスイッチのオンオフが簡単な、良いマウスだよ。

悪いところ

このマウス、アーチ状を描くので薬指の置き場所に困ります。

持ち方の問題かね。

表面がマットで良い質感なのですが、↑の写真のように簡単にホコリやゴミが付きます。仕方ないね。

右クリックをしようとして、左クリックを誤爆する事故も稀に発生します。

おしまい

MicrosoftのArc Mouseのインプレを記してみました。

モバイル環境においてはマウスを使わずタッチパッドで操作していらっしゃる方を多数お見掛けしております。

が、平べったくして簡単に持ち運びができて、ガラス等々でもない限り(たぶん)どんな机の上でも使えるこのアークマウス、とても良いと思います。

スコシも、ノマドごっこする時に重宝しているよ。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA