スコシがソイ釣りを始めた経緯について(スコシ的ソイの釣り方 序論)


おつかれさまです、スコシです。

釣りに行きたくても行けないスコシです。

少し事情があってね…仕方がないので、初心者も初心者だった頃の昔話を思い返して整理しようと思います。

今でも初心者…いや、釣り歴はそれなりにあるへたっぴですが、初心を忘れていないので初心者だよ(´^ω^`)

釣りを始めたきっかけ

スコシは就職と同時に、北海道の海沿いの僻地に配属されました。

先輩に「アウトドア系の趣味があると楽しいぞ」「ソイが釣れるぞ」などと言われて釣りに興味を持ち始めた。

その時はソイとはなんぞや??状態でした。

そして秋、上司に連れられてチカ釣りに行ったのが釣りとの出会いでした。

釣りって、面白い。

ソイ釣りの決意

そして、そのソイとやらを釣ってみようと思うまでに、あまり時間はかかりませんでした。

「ソイが釣れるぞ」と教えてくれた先輩は異動になってしまったので、自分でネットや本で色々調べました。

  • ふむふむ、ソイとは夜行性なのか
  • ソイの他にもアブラコという魚もいるそうだ
  • ロックフィッシュと呼ぶらしい
  • 生餌の他に、ワームで釣れるらしいぞ
  • ブラーとイソメが最強らしい

…などなど。

ネットで見かける「トルクのある引き」という、わかったようでわからない表現にドキドキしながらソイを釣る準備を進めていきました。

迷走

ついにスコシは自分で選んだ釣具屋さんの店員さんと選んだロックフィッシュロッドを手に入れました。

あとは釣るだけだ!

…の筈だったのですが、教えてくれる人が誰もいなかったもんだから、迷走も迷走。

とりあえずジグヘッドにワームをつけてみて、釣れない。

ブラーにイソメをつけてみて、釣れない。

今から思えば場所もリグもメソッドも何もかも間違ってました。

結局、ソイどころかそもそもなんの魚も釣れないまま、冬が来て港は雪に閉ざされ、春が来て、夏が来て、また秋が来ました。

魚がぜんっぜん釣れないまま1年が過ぎてしまった。よく続いたなと我ながら思います。

それほどソイという魚を釣ってみたかったんだ。

初めてワームで魚を釣ったぞ

初めてワームで釣った魚、忘れもしません。場所もワームも明確に覚えています。

テトラの近い、港内の奥の方、キワに落としてちょんちょんして釣ったのが、ホッケ。

写真は、スマホの機種変更を経て、どっかに行ってしまったヾ(・ω・`;)ノ

釣ったワームは、ガルプのパルスワーム4インチ、カラーはCGBFO。

こういうカラーだよ。

なんとなく釣り方がわかってきたぞ。

そう思って日々釣りに出かけたものの、また何も釣れない日々が続きました。

ソイとの出会い

また冬が来て春が来て、ソイを狙い始めて一年半が過ぎた頃、表層のスイミングでついにソイを釣ることが出来ました。

ワームは、ホッケと同じくガルプのパルスワーム4インチ、カラーはCGBFO。

そのソイの写真がこれ。何年も経ったけど、今でも忘れないよ。

一度釣ってみると、なんとなくどうすればいいのか見えてきました。

その日はもう一匹ソイを釣って、満足感とともに帰宅したのでした。

そして時は流れ…コツを掴めば釣れるもんだね。

そして伝説へ…

何年も前、スコシも釣りブログを始めました。そこでタイトルで悩んだ結果…

「北のソイ釣りスト」

というタイトルに決めたのでした。

ふと気がつくと、スコシはソイという魚にしか、興味がなくなっていました。

だから、ロックフィッシャーというよりソイ釣りストを自称したい。

そのままソイだけを狙い続けて何年も何年も釣りをしていますが、なかなか上手くならないね。

そんな昔話でした。


こちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA